čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

葉ãŖãąīŧ“å…„åŧŸ

ごčŋ‘所さんから わさãŗčœã‚’å¤§é‡ãĢもらãŖた。 éœ˛åœ°æ ŊåŸšã§æŽĄã‚Œã‚‹ã‚ã•ãŗčœã¯ īŧ“月ぐらいぞでが時期ãĒぎだそう。とãŖãĻも鎎やかãĒįˇ‘ã‚’įœēめãĻ思う。 おうしようかãĒãã€‚ã€‚ã€‚č‘‰ã‚‚ãŽé‡Žčœã¯čļŗが旊いから ãĩã ã‚“č˛ˇã„įŊŽãã¯ã‚ぞりしãĒã„é‡Žčœã€‚ã‘ã‚ŒãŠã€ããŽæ—ĨįĢ‹ãĄå¯„ãŖたâ€Ļ

į‰‡äģ˜ã‘きることは暎らしぎäģ•įĩ„ãŋを変えること

おį‰‡äģ˜ã‘ぎごį›¸čĢ‡ã‚’äŧēãŖãĻいると ãƒĒバã‚Ļãƒŗドで悊ぞれãĻいる斚がいらãŖしゃいぞす。 中ãĢは、äģĨ前おį‰‡äģ˜ã‘ぎプロãĢæĨãĻもらãŖたけれお ぞたãƒĒバã‚ĻãƒŗドしãĻしぞãŖãŸã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹æ–šã‚‚ã€‚ そぎ斚々ãĢå…ąé€šã™ã‚‹ãŽã¯ į‰‡ãĨけられãĒã„ãŽã¯ãƒ€ãƒĄãĒč‡Ē分ぎせいだ、 そう思ãŖâ€Ļ

おįŦ‘いčĻ‹ã‚‹ãĒら、やãŖãąã‚ŠãƒŠã‚¤ãƒ–

æŧĢ才ナイブをčĻ‹ãĢ大é˜ĒãĒã‚“ã°ã¸čĄŒãŖãĻきぞしたよ。 ナイブ前ãĢ、初めãĻぎ「新世į•Œã€ã§éŖŸã„å€’ã‚Œã€‚ãŠã§ã‚“åą‹ã•ã‚“ 串ã‚Ģãƒ„åą‹ã•ã‚“ おå¯ŋå¸åą‹ã•ã‚“éŖŸã„しん坊ãĒ中嚴ãĩたり。 éŖŸãšãĻばãŖかり、æĨŊしいãĒぁ。そんãĒこんãĒで æŧĢ才ナイブ開æŧ”!!初めãĻčĻ‹ã‚‹æŧĢ才ã‚ŗãƒŗビもいぞしâ€Ļ

įĩĩæœŦ選ãŗでčŋˇãŖたら “゚ロã‚ĻãĒæœŦåą‹â€ãĢ

å˛Ąåąąå¸‚ãĢある “゚ロã‚ĻãĒæœŦåą‹â€ãšãŖã¨čĄŒããŸã„ã¨æ€ã„ãĒがら、 čĄŒã‘ãšãĢいた場所でした。į´°ã„čˇ¯åœ°ã‚’å…ĨãŖãĻ、ありぞした、ありぞした。į´ æ•ĩīŊžã€ã“ぎåē—構え、 民åŽļを攚čŖ…しãĻ、 おåē—ãĢäēēぎ手がå…ĨãŖた、 渊かいčŗĒ感を感じさせãĻãã‚Œãžã™ã€‚é´ã‚’č„ąã„ã§ã€ä¸ŠãŒã‚‹ã¨ 和â€Ļ

月į¯ã‚ŠãĢčĻ‹åŽˆã‚‰ã‚ŒãĻ

「夜æŗŖãã™ã‚‹ãŠå‰ã‚’æŠąã‘ã°į§ã—かいãĒいんだよと月ãĢč¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€ これは äŋĩ万æ™ē著 ãã ãĄãƒŽãƒŧト ぎ中ãĢå‡ēãĻæĨるįŸ­æ­ŒãŽä¸€åĨ。 ãã ãĄãƒŽãƒŧト äŊœč€…: äŋĩ万æ™ē,įļ˛ä¸­ã„ãĨる å‡ēį‰ˆį¤ž/ãƒĄãƒŧã‚Ģãƒŧ: ã‚ĸãƒĒ゚館 į™ēåŖ˛æ—Ĩ: 2014/12 ãƒĄãƒ‡ã‚Ŗã‚ĸ: å˜čĄŒæœŦ こぎ商品をåĢむブログ (1äģļ) â€Ļ

į†æƒŗぎ暎らしâ€ĻãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãĻも、äģŠã˛ã¨ã¤ãƒ”ãƒŗとæĨãĒいãĒぁãŖãĻ思われたら

おį‰‡äģ˜ã‘を最垌ぞでやりきるãĢは、 ぞずは「į†æƒŗとする暎らし」を å…ˇäŊ“įš„ãĢ思い描くことが大äē‹ã€‚けれお おį‰‡äģ˜ã‘でお悊ãŋぎ斚ぎ中ãĢは äģŠã€į›ŽãŽå‰ãŽæˇˇæ˛Œã¨ã—ãŸéƒ¨åą‹ãĢ圧倒され ãã“ãžã§ã‚¤ãƒĄãƒŧジすることがé›Ŗしい斚も いらãŖしゃるかもしれぞせん。そんãĒ時はâ€Ļ

äēēはį”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ã‚‹ãŖãĻã€ãĄã‚‡ãŖã¨æ€ãˆã‚‹ãŠčŠą

äŊ•åš´ã‹å‰ãĢ ダã‚Ļãƒŗã‚ŋã‚Ļãƒŗぎ杞æœŦäēēåŋ—とåŗļį”°į´ŗ劊ぎおãĩたりがトãƒŧクする 「杞į´ŗã€ã¨ã„ã†æˇąå¤œį•Ēįĩ„があãŖた。 そぎ中で、į´ŗ劊氏が「äēēぎį”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ã‚Šã€ãĢついãĻčŠąã—ãĻいた。 åŊŧãŽčŠąãĢよると、 「äēēはåžŗをįŠã‚“でäēēãĢį”Ÿãžã‚Œã‚‹ã€‚ æ­ģんでぞたåžŗをįŠã‚“だäēēだけが ぞたâ€Ļ

ニãƒŧチェじゃãĒいぎ、上į”°ã‚’å‘ŧんで。

おきãĢいりブログがある。 http://diary.uedakeita.net/entry/2016/02/29/222733 これを初めãĻčĒ­ã‚“だ時 į§ã¯ã‚šãƒžãƒ›ã‚’į‰‡æ‰‹ãĢ åŖ°ã‚’å‡ēしãĻįŦ‘ãŖãĻしぞãŖた。 įœŸéĄ”æ—Ĩč¨˜ã¨ã„ã†ãƒ–ãƒ­ã‚°ã‚’ 書いãĻいらãŖしゃるぎは「上į”°å•“å¤Ē」氏。 こぎ感性、たぞんãĒいです。 į‚ēãĢãĒâ€Ļ

å‡ēį™ēį‚šã¯ã€äēēはäēēをį†č§ŖできãĒいというå‡Ļから

「äēēぎåŋƒã¯ãŠã“ぞでわかるか」 臨åēŠåŋƒį†å­Ļ者 æ˛ŗ合éšŧ雄氏ぎ書いたæœŦを 数嚴前ãĢčĒ­ã‚“だことがある。 冒頭、 äēēぎåŋƒã¯åˆ†ã‹ã‚‰ãĒいもぎだということを よく分かãŖãĻいるぎがåŋƒãŽå°‚é–€åŽļである、 ということが書かれãĻあãŖãĻ čĒ­ã‚“でãŋたいという気ãĢãĒãŖた。 分からâ€Ļ

įŋ’æ…Ŗがくれる力

įŋ’æ…ŖãŖãĻすごいãĒぁと思う。 朝īŧ•æ™‚半ãĢčĩˇããĻ、ä¸ģäēēãĢおåŧåŊ“ã‚’æ¸Ąã— å­ãŠã‚‚ãŸãĄãĢ朝éŖŸã‚’摂らせ、å­Ļæ Ąã¸é€ã‚Šå‡ēすこと。拭き掃除ぞではįĩ‚わらせãĻ、朝、åŽļをå‡ēること。č‡Ē分ãĒりぎįžŽå‘ŗしい夜ごはんをį”¨æ„ã™ã‚‹ã“と。寝る前ぎえãģんをčĒ­ã‚“で īŧ™æ™‚ãĢは子おもと一įˇ’â€Ļ

キナキナåĨŗ子ぎåŊąã§éœ‡ãˆãĻいるあãĒたへ

äģĨå‰ã€ãƒ¯ã‚¤ãƒ‰ã‚ˇãƒ§ãƒŧかäŊ•ã‹ã§ “į”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ãŖãĻもäģŠãŽäŧ´äžļとå¤ĢåŠĻãĢãĒりたいか” というテãƒŧマを取り上げãĻいた。 傍でčĻ‹ãĻいたä¸ģäēēが 「į”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ãŖãĻも僕は æ´‹ãĄã‚ƒã‚“ã¨įĩåŠšã—たいわ」 ã¨ã€č¨€ãŖãĻいた。 ãĒかãĒか可愛らしいことを č¨€ã†ã§ã¯ãĒいか。 į§ã¯æ°—ã‚’â€Ļ

おįŦ‘いã‚ŗãƒŗビ和į‰›ãŽæ°´į”°ã•ã‚“が挙げたįĩåŠšã™ã‚‹åĨŗæ€§ãŽæĄäģļ

昨嚴æœĢから 子おもと一įˇ’ãĢ寝ã‚ĒチしãĒいかぎり 寝る前ãĢåŋ…ずしãĻしぞうことがありぞす 。 それは、和į‰›ã¨ã„うおįŦ‘いã‚ŗãƒŗビぎ ネã‚ŋ動į”ģã‚’ã˛ã¨ã¤čĻ‹ã‚‹ã“とです。 ご存įŸĨぎ斚も多いでしょうが和į‰›ã¨ã„うã‚ŗãƒŗビは 昨嚴æœĢぎMãƒŧīŧ‘という大äŧšã‚’æē–å„Ē勝。 あぎ夊才杞æœŦâ€Ļ

嚸せãĒさãŋしさ

原際ãĢäŧšãŖたäēēã‚‚ã€čŠ¸čƒŊäēēでも、äģĨ前ãĒら į´ æ•ĩãĒäēēだãĒあ、 ときめくãŖãĻ思うäēēが、 äģŠã¯ “こぎäēēぎお母さんãŖãĻ、おんãĒäēēかãĒぁ、 おんãĒéĸ¨ãĢ育ãĻられたぎかãĒぁ” ãŖãĻ æ°—ãŒã¤ãã¨č€ƒãˆãĻいるč‡Ē分がいる。 åŊ“たり前ãĢあãŖた感čĻšãŒ もうäģŠãŽį§ãĢはとãĻã‚‚č–„ã„â€Ļ

į„Ļげäģ˜ããĒんãĻこわくãĒいぎ、゚テãƒŗãƒŦ゚フナイパãƒŗはやればできる子

我がåŽļãŽæšŽã‚‰ã—ãŽé“å…ˇã‚’ã˛ã¨ã¤ã”į´šäģ‹ã—ぞす。 26ã‚ģãƒŗチぎ゚テãƒŗãƒŦ゚フナイパãƒŗです。 (ナゴ゚テã‚Ŗãƒŧナ) ゚テãƒŗãƒŦ゚ぎフナイパãƒŗをäŊŋãŖãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ã†ã¨ 「į„Ļげäģ˜ã‹ãĒいぎīŧŸã€ 「åŧ•ãŖäģ˜ã‹ãĒいぎīŧŸã€ ã¨ã€ã‚ˆãčžã‹ã‚Œãžã™ã€‚ į­”えは、全くį„Ļげäģ˜ããžã›ã‚“。 こんãĒâ€Ļ

åĨŗぎ子からもらうチョã‚ŗぎ威力

あãƒŧ、æ—Ĩäģ˜ãŒå¤‰ã‚ãŖたãƒŧ。 昨æ—Ĩ(と書かねばãĒるぞい)は、 バãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗデãƒŧでしたね。 ã‚ŋイトãƒĢãĢもあるようãĢ æˆ‘ãŒé•ˇį”ˇã•ã‚“は、 昨æ—Ĩ、į„Ąäē‹ãĢ、 åĨŗぎ子から手äŊœã‚Šãƒãƒ§ã‚ŗを頂いたようです。 ã¨ã¯č¨€ãŖãĻも 「äŋē、部æ´ģãĢå…ĨãŖãĻよかãŖたわīŊžã€ ã¨ã€ã˛ã¨ã‚Šå™›ãŋしâ€Ļ

愛ぎčĒžã‚‰ã„

「ã‚ĒãƒŦは、お前がいãĒいとį”ŸããĻいけãĒいんだ」 「ã‚ĒãƒŦだãŖãĻ、お前がいãĒいとį”ŸããĻいけãĒいんだ」 éŖŸå™¨ã‚’洗うį§ãŽč€ŗãĢåąŠãã€īŧ—æ­ŗį”ˇå…ãĩたりぎčĒžã‚‰ã„。 ã˛ã¨ã‚Šã¯æˆ‘ãŒæŦĄį”ˇã€‚ ã˛ã¨ã‚Šã¯æˆ‘ãŒæŦĄį”ˇãŽãŠå‹é”。 おæŗŠãžã‚Šäŧšã¯æĨŊしいね。 愛を駄々æŧã‚Œã•ã›ãĻ、 ãĩたりâ€Ļ

募集 おį‰‡äģ˜ã‘ãƒĸニã‚ŋãƒŧ様

おį‰‡äģ˜ã‘は一åēĻčēĢãĢつけさえすれば そぎ劚果はį”Ÿæļ¯ãĢわたりぞす。 いつからだãŖãĻ、始められることです。 でも、įĩåŠšã—ãĻ15åš´į›ŽãŽä¸ģåŠĻぎį§ãŒæ€ã†ã“とは これがåŽļ族という存在 äŧ´äžļや子おもを持つ前ãĒら おんãĒãĢæĨŊだãŖたでしょう。 äŊ•äē‹ã‚‚ã€æœ€åˆãŒč‚åŋƒãĒぎでâ€Ļ

į™ŊåŖãŽį”ēでデãƒŧト

先æ—Ĩ å­Ļį”Ÿæ™‚äģŖぎ友äēēと į™ŊåŖãŽį”ēとしãĻįŸĨã‚‰ã‚Œã‚‹å€‰æ•ˇã§ デãƒŧトしãĻきぞした。 晎通ãĢåĨŗ友達とごéŖ¯ã‚’éŖŸãšãĢ行ãŖãĻきたãŖãĻことを “デãƒŧト” ãŖãĻ言ãŖãĄã‚ƒã†ã“ãŽæ„Ÿã˜ã€ãŠã†īŧŸ おうīŧŸãŖãĻ、įŸĨらんがãĒ ãŖãĻ、思いãĒがらも č‹ĻįŦ‘いでį”Ÿæš–かく、čĒ­ãŋé€˛ã‚ãĻくれãĻいるâ€Ļ

č‹Ĩきæ—Ĩ、あぎæ—ĨãŽč¨˜æ†ļ

毎æ—Ĩ、毎æ—Ĩ、įš°ã‚Ščŋ”す。毎æ—Ĩ、毎æ—Ĩ、įŠãŋ重ねる。そんãĒことより、上手ãĢįĢ‹ãĄå›žã‚‹ã‚šã‚­ãƒĢを上げãĻいく。それをå‡ēæĨるäēēがįž¨ãžã—いãĒと思ãŖãĻいた。 いいえ、æœŦåŊ“は そんãĒäēēがã‚ēãƒĢいãĒあとį§ã¯æ€ãŖãĻいたぎだãŖた。 æŗŖかれãĻすがられたあãĒたは すがるそぎäēēâ€Ļ

į‰‡äģ˜ã‘ãĒいåŽļ族ぎãƒĸノが気ãĢãĒるあãĒたへ

åŽļ族ぎãƒĸノãŖãĻ気ãĢãĒりぞすね。 “これさえ手攞しãĻくれたら、我がåŽļはもう少しį‰‡äģ˜ããŽãĢãĒãƒŧ” ため息ぞじりãĢ、åŽļ族ぎãƒĸノを恨めしくįœēめãĻしぞう。 ã‚ˆãčžããŠæ‚Šãŋです。 įĩčĢ–ã‹ã‚‰č¨€ã†ã¨ åŽļ族ぎãƒĸノは手をäģ˜ã‘ãĒいことです。 数嚴前、åŽļぎおį‰‡äģ˜ã‘で悊んâ€Ļ

ミニマãƒĒã‚šãƒˆãŽå­ãŠã‚‚éƒ¨åą‹

おį‰‡äģ˜ã‘ãĢ悊んでいるäēēぎ中ãĢは ごč‡ĒčēĢがį™ē達障åŽŗぎ斚、 ぞた、ごåŽļ族ãĢį™ē達障åŽŗぎ斚が いらãŖしゃることがありぞす。 そぎ斚ãĢãœã˛čĻ‹ãĻé ‚ããŸã„ãƒ–ãƒ­ã‚°ãŽč¨˜äē‹ãŒã‚りぞす。 į§ãŒãŠį‰‡äģ˜ã‘ãĢ興å‘ŗã‚’æŒãĄã ã—ãŸé ƒã‹ã‚‰ é•ˇãčĻ‹ãĻいるブログでもありぞす。 「少ãĒいâ€Ļ

ãĒんとãĒく、気分がčŊãĄãĻいる時ãĢ開くæœŦ

äŊ•ã‹ãŒæąē厚įš„ãĒわけじゃãĒい įĢ‹ãĄį›´ã‚ŒãĒいãģãŠãŽæ‚˛åŠ‡įš„įŠļæŗã§ã‚‚ãĒい でも、こぎうつうつした晴れãĒã„æ°—æŒãĄãŒ ã˛ãŖかかãŖたぞぞ いつぞでもäģ˜ãįēã†ã‚ぎ感じ。 čĒ°ã—も思いåŊ“たる感čĻšã§ã¯ãĒいでしょうか。 äŊ•åš´ã‚‚前ãĢ、äŊ•æ°—ãĒく手ãĢとãŖたæœŦ「すãƒŧãĄã‚ƒã‚“ã€ 我â€Ļ

å­Ļæ Ąã‹ã‚‰ãŽé›ģ芹

朝10時ごろ、å‡ē先ãĢいたį§ãŽæē帯がéŗ´ãŖた。 息子ぎ通う中å­Ļからだ。 æē帯ãĢå­Ļæ ĄãŽčĄ¨į¤ēがå‡ēるとき いいįŸĨらせだãŖたčŠĻしがãĒい。 į”ˇå­ãŽæ¯ã‚るある ãŽã˛ã¨ã¤ã ã€‚ 我が子がäŊ•ã‹ã‚’やらかしたか 我が子ぎčēĢãĢ時間をäē‰ã†äē‹æ…‹ãŒčĩˇããŸã‹ãŽ ãŠãĄã‚‰ã‹ã§ã‚ã‚‹ã€‚ ドキドâ€Ļ

é‹ãŽéŠé‡æ•°ã‚’č€ƒãˆã‚‹

先æ—Ĩ、友äēēから “鍋ãŖãĻåŽļãĢäŊ•å€‹ã‚ればいいぎīŧŸâ€ ã¨čžã‹ã‚ŒãŸã€‚æ–™į†ã‚’よくするäēēか キッチãƒŗ゚ペãƒŧã‚š åŽļ族数、į”Ÿæ´ģã‚šã‚ŋイãƒĢãĒおで違ãŖãĻくるしざãŖãã‚Šč¨€ãˆã°ã€ äēēãã‚Œãžã‚Œã¨ã—ã‹č¨€ãˆãĒいãĒあと思ãŖたぎだけお åŊŧåĨŗは、į§ãŒãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚’äģ•äē‹ãĢしãĻいることをįŸĨâ€Ļ

過äŋĄ

やãŖãĻしぞãŖた。 気をäģ˜ã‘ãĻいたつもりだãŖたけれお。 慌ただしいæ—Ĩ常ぎ中ãĢ į§ã¯ä¸Šæ‰‹ãĢ ãĄã„ã•ãĒ違和感をį´›ã‚Œã•ã›ãŸã¤ã‚‚りでいた。 åš´äģ¤ã‚’重ねãĒがら č‡Ē分をčĒ¤é­”化すことをčĻšãˆã‚‹ã€‚ äŊ•ãŽã“とはãĒい。 そぎäģŖ償は ãĄã‚ƒã‚“ã¨åˆŠå­ã‚’ã¤ã‘ãĻæˆģãŖãĻくるãŖãĻいうぎâ€Ļ

é–ĸäŋ‚性をį™Ŋį´™ãĢする

おį‰‡äģ˜ã‘ãĢはæŽĩ階があãŖãĻ 最初は明らかãĢいらãĒいãƒĸノ もうäŊŋえãĒいãƒĸノを手攞すぎだけお é€˛ã‚€ãĢつれãĻ äģŠįžåŊšã§äŊŋãŖãĻいãĻも ã‚ˆãã‚ˆãč€ƒãˆãŸã‚‰ į§ãŽã‚ĒトãƒĸはæœŦåŊ“ãĢã‚ŗノã‚ŗでいいぎīŧŸ ãŖãĻ思いはじめることがある。 一æ—Ļ、īŧ(ã‚ŧロ)ã§č€ƒãˆãŸã¨ã—ãĻも į§ã¯ãŠé‡‘â€Ļ

įĩĩæœŦは子おもだけぎもぎじゃãĒい

キãƒŗグã‚ŗãƒŗグčĨŋ野氏が ごč‡ĒčēĢが描かれたįĩĩæœŦを ネットで全ペãƒŧジį„Ąæ–™ã§å…Ŧé–‹ã—ãŸã“ã¨ãŒčŠąéĄŒãĢãĒãŖãĻいぞすね。 ところで įĩĩæœŦは子おも専į”¨ãŽčĒ­ãŋį‰Šã¨æ€ã‚ã‚Œãžã™ã‹īŧŸ もし、äģŠ “専į”¨ã˜ã‚ƒãĒいんだろうけお、 そういえばäŊ•åš´ã‚‚įĩĩæœŦãĒんãĻčĒ­ã‚“でãĒいãĒあ” ãĩとそâ€Ļ

å…Ŧ園はæ­ŖįžŠ!! ぎ旗を下ろす時

一月įžåœ¨ã€ 我がåŽļぎ七æ­ŗぎ子おもãĢäŧãˆãĻいる門限はīŧ•æ™‚15分である。 æœŦåŊ“は5時としたかãŖたぎだが å…Ŧ園を愛しãĻやぞãĒいåŊŧぎåŋ…æ­ģãŽãƒã‚´ã‚ˇã‚¨ãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗãĢ母は15åˆ†åąˆã—ãŸã€‚ åŊŧぎå…Ŧ園愛、外遊ãŗ愛は、イãƒŗドã‚ĸ洞ぎ母ぎæĻ‚åŋĩではį†č§ŖできãĒい。 先ぎ夏äŧ‘ãŋ、æŗŠã‚Šâ€Ļ

一ãƒĩ所をį‰‡äģ˜ã‘たら、æŦĄã‚‚į‰‡äģ˜ã‘たくãĒる

äēĄããĒãŖたお母様ぎãƒĸノをį‰‡äģ˜ã‘たTさぞ。 ããŽæ™‚ãŽč¨˜äē‹ã¯ã“ãĄã‚‰ã€‚ denimm1222.hateblo.jp 丸々゚ペãƒŧ゚がå‡ēæĨたį´æˆ¸ã€‚ äģŖわりãĢįŊŽããŸã„もぎはあるぎですかīŧŸã¨čžã„ãŸã¨ã“ã‚ã“ã“ãŽéƒ¨åą‹ãĢįŊŽã„ãĻあるもぎをこぎį´æˆ¸ãĢį§ģã—ãŸã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œé€šã•ã‚ŒãŸãŠéƒ¨åą‹ãŒã“ãĄã‚‰â€Ļ

反抗期おįœŸã‚“中ぎåŊŧぎįžŗãĢ映る母は

先æ—Ĩã€é•ˇį”ˇã¨ãĩたりで、č‡ĒčģĸčģŠã§å‡ēかけるį”¨äē‹ãŒã‚ãŖた。 ãĩたり、とäģŠæ›¸ã„たが、反抗期おįœŸã‚“ä¸­ãŽé•ˇį”ˇã¯ 朝から母とぎč‡ĒčģĸčģŠãƒ‡ãƒŧト(母čĒč­˜)をčĒ°ã‹ãĢčĻ‹ã‚‰ã‚Œãžã„と į§ã‚ˆã‚Šã€ã‹ãĒり垌ろからついãĻきãĻいる。 čģŠã‚„äēēåŊąãŽãĒい旊朝ぎį‹­ã„čˇ¯åœ°čŖã‚’、 わたしは時々垌â€Ļ

おį‰‡äģ˜ã‘は最大ぎご䞛養

「äēĄããĒãŖたお母さんぎãƒĸノをį‰‡äģ˜ã‘たい」Tさぞ(äģŽå)からぎご䞝é ŧは 数嚴前ãĢäēĄããĒãŖたお母様ぎéē品がå…ĨãŖたį´æˆ¸ã‚’ 一įˇ’ãĢį‰‡ãĨけãĻãģしいというご䞝é ŧでした。 äģĨ前より一äēē暎らしをされãĻいたお母様が į”Ÿå‰ãĢįĩĩį”ģや書をæĨŊしぞれãĻいたそうで そぎäŊœå“ãŸâ€Ļ

å‰ãŽã‚ã‚ŠéŽãŽãŸãƒ•ã‚Ąãƒŗだと思われたけお、それもいい

「ぎīŊžãĒんīŧīŧŸã€ã“ã‚Œã‚’čžã„ãĻピãƒŗīŧã¨æĨたäēē。 こんãĢãĄã¯ã€‚ã‚ãŸã—ãŸãĄã€ããŖとうぞくいくと思う。 お友達ãĢãĒãŖãĻください (ペã‚ŗãƒĒ) えãƒŧã€å€‰æ•ˇãĢさらば青æ˜Ĩぎ光というおįŦ‘いã‚ŗãƒŗビがæĨãŸãŽã§čĄŒãŖãĻããŸã€‚å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒM-1というį•Ēįĩ„ã‚’čĻ‹ãĻ 気ãĢ行ãŖたフãƒŦâ€Ļ

こぎ世į•Œã‚’įŠã‚„かãĢį”ŸããŸã„

äŊ•åš´ã‹å‰ã€â€œåžŽåĻ™â€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŒã‚„ãŸã‚‰ã¨ã‚ˆãäŊŋわれた時があãŖãŸã€‚ã“ãŽč¨€č‘‰ã¯ããŽåžŒã€ä¸€æ™‚ãŽæĩčĄŒčĒžã§ã¯ãĒく、 いぞや、æ—Ĩ常įš„ãĢäŊŋわれるようãĢãĒãŖた。äēŒäēēでæ—Ĩį¨‹ã‚’čĒŋ整する時ãĒお「こぎæ—Ĩ、おう?」「うīŊžã‚“ã€ãĄã‚‡ãŖとそぎæ—Ĩは垎åĻ™ã‹ãĒīŊžã€ã¨ã€ã„ãŖたようãĢ、â€Ļ

不厉厚ãĒå†ŦãŽč‚ŒãŽãŠæ‰‹å…ĨれãĢ

äģŠæ—ĨãŽã“ã“å˛Ąåąąã¯ã€å†ŦãĢしãĻはįŠã‚„かãĒæ—ĨåˇŽã—ãŒįœŠã—いãģお。 そうかと思えば、先æ—Ĩå‡ēã‹ã‘ãŸæ™‚ãŽå¯’ã•ã¯ã€č‚Œã‚’įĒãåˆēすãģおãĢåŽŗしかãŖた。 į§ã¯č‚ŒãŒæ•æ„Ÿč‚Œã¨ã„うã‚ŋイプで å¸‚č˛ŠãŽåŒ–į˛§å“ã‚‚合う合わãĒいがはãŖきりå‡ēる。 化į˛§å“ãĢåĢぞれるæˇģ加į‰Šã¨ã„うヤツぎäģ•æĨ­â€Ļ

募集 おį‰‡äģ˜ã‘ãƒĸニã‚ŋãƒŧ様 

こんばんは。 おį‰‡äģ˜ã‘ã¯čŠąåĢäŋŽæĨ­ãŽįŦŦ一歊 整収道ぎ嘉é™Ŋ洋子です。 おį‰‡äģ˜ã‘は一åēĻčēĢãĢつけさえすれば そぎ劚果はį”Ÿæļ¯ãĢわたりぞす。 いつからだãŖãĻ、始められることです。 でも、įĩåŠšã—ãĻ15åš´į›ŽãŽä¸ģåŠĻぎį§ãŒæ€ã†ã“とは これがåŽļ族という存在 äŧ´äžļや子おもâ€Ļ

お雑į…ŽãĒらおäģģせください

お雑į…Žã¯åœ°åŸŸæ€§ãŒå‡ēるお料į†ãŽã˛ã¨ã¤ã§ã™ã­ã€‚å˛ĄåąąįœŒã¯įˇį¤žå¸‚というところぎå‡ēčēĢぎį§ã¯ ãŠé†¤æ˛šãƒ™ãƒŧã‚šãŽãŠæąãĢ、鰤がå…ĨãŖたお雑į…ŽãŒåŽšį•Ēでした。åĢãĢå…ĨãŖたåŽļã‚‚å˛Ąåąąã§ã—ãŸãŒã€ 鰤ではãĒく、į”˜čž›ãį„ŧいたį‰›č‚‰ãŒå˜‰é™Ŋぎお雑į…Žã§ã—た。įĩåŠšåŊ“初、同じįœŒå†…でも、åŽļâ€Ļ

2017嚴 į˛›ã€…と歊む一嚴ãĢしたい

新嚴あけぞしãĻおめでとうございぞす。 おį‰‡äģ˜ã‘ã¯čŠąåĢäŋŽæĨ­ãŽįŦŦ一歊。 整収道ぎ嘉é™Ŋ洋子です。 2017åš´ãĢãĒりぞした。 åš´čļŠã—はäģŠåš´ã‚‚ 「įŦ‘ãŖãĻはいけãĒい」をåŽļ族でčĻ‹ãžã—た。 いやあ、あぎマ゚クはįŦ‘ãŖãĄã‚ƒã„ãžã—ãŸã€‚ 元æ—Ļはä¸ģäēēぎ原åŽļãĢãŠã›ãĄã‚’æŒãŖãĻ 晎â€Ļ

一嚴ありがとうございぞした

こぎ一嚴はわすれられãĒい一嚴ãĢãĒりぞした。 振りčŋ”ãŖãĻいろいろありぞしたが、 一į•Ē大きかãŖたことは おį‰‡äģ˜ã‘ã‚’äģ•äē‹ã¨ã—ãĻã‚šã‚ŋãƒŧトさせ 原名をå‡ēしãĻブログを始めたことです。 č‡Ēåˇąé–‹į¤ēはį§ãĢとãŖãĻハãƒŧドãƒĢぎéĢ˜ã„čĄŒį‚ēです。 äģŠã‚‚そぎ思いを持ãŖãĻいぞすâ€Ļ

åš´æœĢ大掃除をäŧščŠąãŽãƒ„ãƒŧãƒĢãĢ

äģŠåš´ã‚‚あとīŧ’æ—Ĩですね。 åš´æœĢ大掃除をされãĻいるごåŽļåē­ã‚‚多いと思いぞす。 åŽļåē­ãĢあるãƒĸノぎčĻ‹į›´ã—をするいい抟äŧšã€‚ į‰‡ãĨけをしたいと思いãĒがらも ãĒかãĒかできãĒã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹æ–šãĢåŋ…čĻãĒぎは きãŖかけや動抟だと感じぞす。 įĩ„ãŋčžŧぞれたéĸ¨įŋ’ãŽã˛ã¨ã¤ã‚’ įŠæĨĩâ€Ļ

å’Œæ´‹æŠ˜čĄˇãĒãŠã›ãĄãŽã™ã™ã‚

おæ­ŖæœˆãŽãŠã›ãĄãŽæē–備はもうお済ãŋですかīŧŸäģĨ前は昔ãĒãŒã‚‰ãŽãŠã›ãĄæ–™į†ã‚’į”¨æ„ã—ãĻいたぎですが、 一åēĻ、洋éĸ¨ãŽãŠã›ãĄã‚’財ãŖãĻãŋたら、 手間暇かけãĻäŊœãŖた和éĸ¨ãŽãŠã›ãĄã‚’å°ģį›ŽãĢ ãŋんãĒが洋éĸ¨ãŠã›ãĄãĢばかりįŽ¸ã‚’äŧ¸ã°ã™ãŽã§ æŦĄãŽåš´ã‹ã‚‰ã€æ´‹éĸ¨ãŽãƒĄãƒ‹ãƒĨãƒŧをåŋ…ずâ€Ļ

すきぞ時間はäŊ•ã‚’しãĻいぞすかīŧŸ

å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒå†Ŧäŧ‘ãŋãĢå…Ĩると ぞとぞãŖた時間をとることがé›Ŗしいですが すきぞ時間をäŊŋãŖãĻ、æœŦをæĨŊしんでいぞす。 最čŋ‘čĒ­ã‚“でいるぎは å°åˇæ´‹å­ã•ã‚“ 重杞清さん åąąį”°ã‚ēãƒŧニãƒŧさんãĒおです。 たぞたぞãĒぎですが æˆ‘ãŒéƒˇåœŸãŒį”Ÿã‚“ã å˛Ąåąąå‡ēčēĢぎäŊœč€…ぎ斚が多いこâ€Ļ

クロãƒŧã‚ŧットをすãŖきりしたいäēēãĢã‚Ēã‚šã‚šãƒĄãŽæœŦ

įĩąč¨ˆã§ã¯ いつかį€ã‚‹ã‹ã‚‚と思ãŖた服をäēŒåš´åžŒãĢį€ãŸįĸēįŽ‡ã¯ãƒģãƒģ īŧ“īŧ…æœĒæē€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす。 æĨ嚴ぞで垌īŧ•æ—Ĩ 洋服ãĢįĩžãŖãĻ、手攞すポイãƒŗトをčĻ‹ã¤ã‘たいãĒら ã“ãĄã‚‰ãŽæœŦをã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã—ãŸã„ã§ã™ã€‚ 地æ›ŗいくこ äŊœ æœã‚’č˛ˇã†ãĒら捨ãĻãĒさい æœã‚’č˛ˇã†ãĒら、捨ãĻãĒさいâ€Ļ

整収道 äģŠæ—ĨãŽä¸€č¨€

掃除はåĢŒã„ įļēéē—はåĨŊきãĩãŸã¤ã‚’ä¸ĄįĢ‹ã•ã›ã‚‹ãĢは äŊ•ã‚‚įŊŽã‹ãĒいぎ一択

ãƒĸノを減らしたåŽļぎåŧąį‚šãŒčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹

おį‰‡äģ˜ã‘ã‚’äģ•äē‹ãĢしたいãĒら、 ぞずはč‡Ē分ぎåŽļをį´åž—いくぞでį‰‡äģ˜ã‘きること。į‰‡äģ˜ã‘ぎプロ中ぎプロとį§ãŒæ…•ã†äēēãĢãã†č¨€ã‚ã‚Œã€æˆ‘ãŒåŽļãĢåŋ…čĻãĒãƒĸノと į§ãŒã“れからもこれは大äē‹ãĢできるč‡ĒäŋĄãŒã‚ã‚‹ãƒĸノそれäģĨ外は手攞した。įĩæžœã€ä¸€į•Ēぎ収į´åŠ›ãŒã‚ã‚‹æŠŧしå…Ĩれâ€Ļ

ã‚ˇãƒŗプãƒĢãĒãƒĢãƒŧãƒĢ

我がåŽļはį”ˇãŽå­ãĩたり、しかも嚴éŊĸåˇŽãŒå…­å­Ļ嚴開いãĻいぞす。 ãĩたりäģ˛ã‚ˆãåŒã˜éŠãŗをするというぎは、ãĒかãĒかãĢハãƒŧドãƒĢがéĢ˜ã„ãĒあと思わされぞす。 æˆĻいごãŖこで手をåŊ“ãĻãĻきた。 ã‚Ģãƒŧãƒ‰ã‚˛ãƒŧムでずるをされた。 一回čĻ‹é€ƒã—ãĻあげたぎãĢ、ボクぎ時ãĢã¯ãƒ€ãƒĄâ€Ļ

ジãƒŖãƒŗãƒģãƒŦノãĢ感čŦãŽčŠąæŸã‚’

į§ãŒčŠąæŸã‚’æ¸Ąã™ãĒら ã‚ĸãƒĢジãƒŖãƒŧノãƒŗではãĒくジãƒŖãƒŗãƒģãƒŦノãĢ。 äŋŗå„ĒジãƒŖãƒŗãƒģãƒŦãƒŽã¨č¨€ãˆã° äŊ•ã¨č¨€ãŖãĻも映į”ģ “ãƒŦã‚Ēãƒŗ” がæĩŽã‹ãļäēēが多いと思いぞす。 最čŋ‘はドナえもんかãĒ。。 ぞだ、į§ãŒį‹ŦčēĢだãŖた頃 åŊ“時å…Ŧ開された映į”ģ “ãƒŦã‚Ēãƒŗ” をčĻ‹ãĻ、 とãĻもいい映į”ģだâ€Ļ

クãƒĒ゚マ゚前ãĢ、ä¸ģäēēがäŊ•ã‚„らé›Ŗã—ã„ã“ã¨ã‚’č¨€ã„å‡ēした

æœŦæ—Ĩ、12月20æ—Ĩ。 äģŠåš´ã‚‚čĄ—ã¯ã‚¤ãƒĢミネãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗãĢåŊŠã‚‰ã‚Œ おåē—ぎåē—å“Ąã•ã‚“ã‚‚ã€čĩ¤ã„å¸Ŋ子をかãļãŖãĻãƒŦジを打つ。 ã‚ãŸã—ãŸãĄã¯ã€æ¯Žåš´ã“ãŽå…‰æ™¯ã‚’į›ŽãĢする。 24æ—ĨãĢãĒれば、恋äēēãŸãĄã¯æ„›ã‚’å›ãã‚ã„ ツãƒĒãƒŧぎéŖžã‚‰ã‚ŒãŸåŽļã§ã¯ã€ã”ãĄãã†ã¨ã‚ąãƒŧキがä¸ĻずられãĻ 子おもたâ€Ļ

č‡Ē厅ぎ収į´å…Ŧ開čŦ›åē§ã‚’受けãĻ下さãŖたAさぞ

īŧ‘īŧ”æ—ĨãĢ行ãŖたč‡Ē厅å…Ŧ開čŦ›åē§ãŽã”æ„Ÿæƒŗã‚’ãƒĄãƒŧãƒĢで頂いたぎで、ごį´šäģ‹ã—ぞす。 (一回で済むもぎをäēŒå›žãĢわたãŖãĻごį´šäģ‹ã™ã‚‹ãŽã¯ã€ æ™‚é–“åˇŽã§ãƒĄãƒŧãƒĢもらãŖたãŖãĻだけãĒんだからâ€Ļ æąēしãĻブログ更新を一回ナクしようとかâ€Ļ そ、そんãĒんじゃãĒいんだかんねãƒŧãƒŧãƒŧ) ãƒĄâ€Ļ

č‡Ē厅おį‰‡äģ˜ã‘čŦ›åē§ãŽæ„Ÿæƒŗを頂きぞした

先æ—Ĩ、我がåŽļã§čĄŒãŖた収į´å…Ŧ開äģ˜ããŽãŠį‰‡äģ˜ã‘čŦ›åē§ãŽæ„Ÿæƒŗをいただきぞした。 感čŦãŽæ°—æŒãĄã‚’æˇģえãĻã€ã“ãĄã‚‰ã§į´šäģ‹ã•ã›ãĻください。 ごč‡ĒčēĢぎブログãĢ書いãĻ下さãŖたぎは、 整į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧぎ先čŧŠã§ã‚り、 ãƒĢãƒŧム゚ã‚ŋイãƒĒ゚トãƒģプロとしãĻもごæ´ģčēãŽå‰é–‹â€Ļ

äēēį”ŸåˆãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘čŦ›åē§ã¯ã€å„ĒしいäēēãŸãĄãĢ支えられãĻ嚕を閉じるぎåˇģ

ただäģŠã€įˇŠåŧĩからįˇŠå’Œã¸ã¨ã€æ„Ÿæƒ…がįžŦ速で駆け抜けãĻいぞす。暑č‹Ļしい書きだしãĢäģ˜ãåˆãŖãĻ下さãŖãĻ、ありがとうございぞす。 äģŠæ—Ĩは、äēēį”ŸåˆãŽč‡Ē厅収į´å…Ŧ開äģ˜ããŠį‰‡äģ˜ã‘čŦ›åē§ã‚’é–‹å‚Ŧしぞした。č‡Ē厅で、おåŽĸ様をお招きしãĻ わたくし、おį‰‡äģ˜ã‘ãĢついãĻ、čĒžã‚‰ã›â€Ļ