お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

“好き” は聖域。だから強い

“好き“ という気持ちは 他人が触れない聖域にいるなあと思う。 例えば あのミュージシャンかっこいいよね と、誰かに言ったとして 相手がそうでもないなあと思えば 「そうかなー?」 という否定のニュアンスを含んだ返事が来るかもしれない。 けれど あのミュ…

反抗期な彼のトリセツ

いつかのお夕飯はハンバーグ。 ハンバーグは 長男13歳@ただ今·絶賛リアル中2病羅漢者であられる 彼の大好物。 最近のわたしへの態度があんまりだから お母さんの好きなところ10個言わなきゃ、 今夜のハンバーグは食べさせなーい!! と 高らかに宣言しまして …

ひとりごと

夏の終わりというだけで泣けると言うあなたのその感受性がわたしにはまぶしい。

読む体力

山田ズーニーさんのこちらのコラム。http://www.1101.com/essay/2017-08-02.html この中で心に響いた言葉は「読む前と後で自分が1ミリも変わらない読書でいいの?」。その通りだと思った。 夏休み中だから…と都合いい言い訳もあるが この頃のわたしは夏休み…

寄り添う

答えのないこと、結論の出ないことを尊重できる人って、いいな。 分からない事だと分かった上で、なお分かろう、寄り添おうとする姿勢に惹かれるのだと思う。 答えのないことのほうが、ずっと多いのだから。 河合隼雄先生は著書の中で、それを葛藤保持力と呼…

あなたがいたから

いい大人があまり大きな声では言えないけれど 人見知りがわざわいして 知らない人が大勢いる場所に行くのは いつだって少し緊張する。 不安な気持ちを抱えて その場所に行った時 手を振ってそちらに招いてくれたり 柔らかな笑顔で話しかけてくれる人がいると…

やらかす女

やらかした。 恥ずかしさに心臓がはわわわする。 人はすぐ忘れる生き物。 ほら、人の噂も七十五日って言うじゃない。 大丈夫、大丈夫。 必死で自分にそう言い聞かせてたのに 気づけば、自分が先に忘れている。 年を重ねるのも悪くない。 厚かましさはお手の…

かすがい

実母と子どもと、母方のお墓参りに。母とここを訪れるのは、何年ぶりだったか。昔から、子はかすがいと言うが、繋ぎ合わせるのは夫婦ばかりではないだろう。

書くことも筋トレ

しばらく、ブログを更新しなかった。書くことも筋力だなと実感する。筋トレを怠れば たちまち筆は重くなる。 ブログを書くのがわたしは遅い。思いをのせたものには それがたとえわたしの我がままでも 誰かに共感を願う。そうすると、 そこに説得力を持たせる…

ままならぬ

夕方、公園から帰ってきた次男@8歳がため息まじりに「はあ、思うようにならんこと多いわ」と、愚痴をこぼす。中間管理職になったらしい。は?

夏の癒し

いろんな人 いろんな媒体が 夏のいいところや 夏の楽しみ方を提唱されています。 涼やかな風鈴の音色にこころを奪われ 夏祭りの賑わいに家族と戯れたり このまま去り行く夏を惜しむのでしょう。 ……んな風流な気持ちは 朝起きたとたんに 静寂をつんざく蝉の合…

優先順位の時価 子育てVer.

出かける時間の10分前になって、 グズグズ言い出す息子。 強引に連れ出すには、 大きくなりすぎた彼の頑なさの前に、 今日もため息が止まらない。 子育ては せっかく手間隙かけて決めた優先順位が 呆気なくひっくり返されることの連続だ。 …お茶でも飲もう。…

今のウチだよ、今のウチ…

夏休み前だというのに蝉の鳴き声が 我がマンション中を駆けめぐる。 車に乗っていたら 梅雨明けを伝えるラジオDJが、 (多分九州だったと思うけれど) みんなのお待ちかねナーツー!!♪♪♪を皮切りに 結構な時間を使って夏讃歌を謳っていたが、 一ミリも共感でき…

深夜に叫ぶ、ありがとねー

アクセス解析を見たら、 おとといのものが ブログを始めて過去最高の数値だった。 嬉しい。 なんの捻りもない感想だけど 正直な気持ちだから それ以外の言葉が浮かばない。 直前に書いたものも 誰かにシェアをされたわけでもない… ごく少数な誰かが ブログを…

漁港の肉子ちゃん読了

西加奈子さんの漁港の肉子ちゃんを 近所のパン屋さんで読んでたら、 これはまずい。。涙腺が勝手に。。 その時、彼女の涙の理由(わけ)を僕は知っていたんだ。 みたいなー。 そんな儚さをはらんだ風情が この時の私には全くなかっただろう。とっくに肩は震わ…

ちゃんとする

今日FMのカーラジオで、 味噌汁の具に、ブロッコリー、トマト、落とし卵が夏に最強 と、言ってたので、やってみた。 メインはゴマだれ冷しゃぶで 今夜は野菜たっぷりのお夕飯。 明日もこの献立にしようかと思うほど 味もベストマッチ。 トマトのほどよい酸…

ちび彼氏

次男がお父さんよりお母さんの方が好きと 無邪気に言うので 傷心を隠しながら夫が理由を聞いたら お母さんはいい匂いがするからだって。 香水が苦手で付けてないから シャンプーや柔軟剤の香りのことを言ってんだろうけど なんかたまらん。 女の子欲しかった…

健気な実

スーパーに山椒の実が売られていた。 珍しさに買ってみた。 初めての下ごしらえ。 と言っても、 綺麗に洗って、沸騰した湯で四、五分。 冷水にとって、一時間。 たったこれだけのことを 今までやったことがなかったなんて。 手間に反して 部屋いっぱいに爽や…

hina×roco ふたりのハンドメイド作家が紡ぐ大人可愛いピンクッション

ずっとお嫁に来るのを待っていた可愛い子が今日、我が家にやってきました。 可愛い子はこちら。 ね、可愛いらしい子でしょう。 ハンドメイド作家の友人に お願いしていたピンクッション。 雑誌やTVで大人女子と聞くと 正直、納得できてないワードだったのだ…

加速度を上げていく君の時計

当日、仕事に出ていく父親に 優勝宣言して将棋大会に臨んだ次男。 7歳のビッグマウスを 私は微笑ましく見ていた。 14歳の藤井棋士の影響もあってか 最近の将棋教室は参加者の増加が著しい。 その中を大会に参加した子ども達は 皆よく勉強してきた強い子が多…

コンビニ異文化交流

出先で家の牛乳を切らしたことを思い出し コンビニに立ち寄った。 1リットルの紙パック牛乳をレジに持っていき お金を出していたら レジの店員さんが 「長いストロー、お付けしましょうか?」って。 不意をつかれて、吹きだしそうになったじゃない。 ビック…

今村夏子さんの「あひる」はもう読まれました?

先日、本が好きと言ったばかりなので 最近読んだ一冊を紹介したい。 今村夏子さんの「あひる」を読む。柔らかく易しい文体は、 読者を入口の間口広く迎えてくれる。ページ数も決して多くなく 遅読の私でも1時間かからなかった。普段あまり本を読む習慣がない…

“好き“ に会いに行こう

家中のお片付けをやりきると 何がいいって 今までモノにかけていた時間を あなたの自由な時間にできること。 視界に あなたを嫌な気分にさせるものがないから 自由な時間を手に入れたあなたは 本当に好きなことや 本当にしたいことに 手を伸ばしやすい環境に…

真っ直ぐに書く

何をそんなに怖くなったのだろう。 何をそんなに躊躇ったのだろう。気付けば、ひとり迷いこむ、 悪い癖と再会。 怖い場所には 行かない、近づかない。そうやって 自分を守ってきたんだね。でも、分からないでしょう 行ってみないと。そう、あの日も ほんの少…

大人数な食事マナーの憂鬱を抱えるあなたが取り入れるべき最初の一歩

先日、 会社員で未婚の知人と話していると 大人数の食事のマナーが分からない、 そんな場が苦手だと言う話が出た。 かつての私もそうだった。 今もその要素を多く残すが 幾分ましになった私が 思うところを記す。 まず、 そういう人は、 とにかく場数!! とか…

そして、生かし、生かされ

能力をどう生かすか、 って言われると いえ、能力なんて‥‥ と、つい尻込みしてしまう。 性格を生かすって言われると、 前向きに聞いている自分がいる。 性格はみんなにあるものだから。 同じ中身でも 受けとりやすい言葉って、ある。 そうして “わたしの性格…

大人の着物帯って手結びだけだと思っていたけれど

ある日のランチどき 岡山に寄ってくれた 着物の作り帯クリエイターの古都先生に 作り帯のご相談。 上品なお着物をお召しの古都先生を 暑い中、岡山駅をムダに歩かせてしまったのに、 ちっとも怒らず優しいの。 若干、手前にニクニクシイ何かが見えてるような…

好きになりたい

好きな作家さんお勧めの本が、 わたしには響かなかった。少し悲しい。 好きという気持ちと同じ温度で 好きになりたいという気持ちだって大切にしたい。本のいいところは再読が許されること。一回目の衝撃はなくとも二回目の発見には期待が持てる。 時間を置…

例外にしてきたものと向き合う

春先ごろから、着付けのお稽古に通っています。 着物が自分で着られるようになって 暮らしの中に当たり前に着物がある暮らしに憧れています。 きっかけがありました。 我が家を片付けきれたと思ってから 家にある私のものは 全て3つに分けられます。 ・現在…

何といっしょに生きていく?

実際のところ 家族とお笑い見て 好きな本を読んで ほんの少しの甘いモノがあれば わたしにとって そこは生きるに値する素晴らしい世界。 きっと、 だれもが本当は知っているはず。 それぞれ “わたし” の幸せな世界を構成するものが何かを。 だから ちゃんと…

ふりかえる

過去をふり返ることは負け。 ふり返らない。 未来を見るの。 だれかが言っていた。 それなら 惚れ惚れしたできごとや 泣きたいほどの感動。 それらを再生させてくれる 記憶という名の機能を 創造主は何故わたしたちに与え給うたのだろう。 この素晴らしいギ…

UNIQLOと洋子の最終章

記事タイトルがなんのこっちゃ?な人は 下記をクリックしてください。 一人称の違和感には先に謝ります。 http://denimm1222.hateblo.jp/entry/2017/05/04/015705 さてさて、 UNIQLOで2枚まとめ買いしたブラトップ白Tシャツ。 タグを切ってしまった1枚は…

子ども♂との日々

息子の友達が私の側に来て、 可愛い笑顔でずっと話しかけてくれる。 最初は拙い仕草だと思っていたけれど もう無視はできないと悟る。 さっきから、彼は指の爪先を使って、 鼻の穴の入り口周辺の異物(ハナ○○)を いろんな角度ではじき飛ばしている。 躍動感あ…

UNIQLOが返品を受け付けてくれた件

昨日、試着をしなかったことで お買い物に失敗したことをブログに書きました。 考えた末、返品をお願いすることに。 お店も受けて下さいました。 これから、子どもを寝かせるのですが 寝オチする自信があります!! ひとまず、UNIQLOのお店の方の対応が とても…

ブラトップ白Tシャツにご用心

お片付けをやりきると自分の好みや必要なモノがはっきりします。買い物にも慎重になります。そんな私が、UNIQLOのブラトップシャツを買いました。 汗ばむ季節に向け 1枚で着られるTシャツはありがたい。 1枚1990円 2枚だと2990円。 ちょうど下着を買い替…

言葉にならない秘密

自分にとって本当に切実なことは、言葉では言えないのだということにも気づく。言葉にしないのではなく、言葉にならない秘密が私を生かしている。 谷川俊太郎著 「ひとり暮らし」から 素敵な本との出会い。 胸を打つ言葉、オモローな言葉でわたしをお腹いっ…

片づけで出来るママ3割増しを狙う…うひゃひゃ

今日、担任の先生が我が家にお越しになり これで我が家の子どもふたりの 家庭訪問が終わりました。前日、PTAの会議があり、 それに参加したのですが みんな家庭訪問の事を ため息混じりに口ぐちに話します。やっと終わったとか これから帰って掃除しなく…

差し出された諭吉

近所の人気パン屋さんに寄る。 パンをふたつ選んで、レジに並ぶ。ふと見ると、わたし以外、列の前ふたり、うしろの人も、トレイには溢れんばかりの大量のパンが乗せられていた。 「480円です。」 レジの店員さんに告げられたわたしは、咄嗟に諭吉さんを渡し…

親ばかの時間

数え方クイズを子ども(7才)とする。 車は? 1だい!! これは簡単すぎると言う。 じゃあ、家は? いっけん!! もっともっと難しいの出して、と注文が入る。 ならばと、 「涙はなんと数えるでしょう?」 と出題した。 「ひとしずく!!」 即座に答えが返ってきた。…

爆上げ高感度

褒められたら、 まっすぐ受け入れて受け取り上手になろう! という声をよく耳にする。 ひとつの考え方だし すんなりそれができる人は それは、もう才能だと思う。なにより手渡した人、受け取った人どちらも嬉しい。世界が幸せに回っているのだ。 先日、ある…

わたしのピース

気まぐれに入ったご飯やさんのランチが、 びっくりするほど美味しかったり、 たまたま手に取った本が、 今の気持ちにドンぴしゃ寄り添ってくれる物語だったり、 天気予報を裏切る通り雨に弱っていたら、 載せてないはずの傘が車に置いてたり、 初めて挑戦し…

愛情という下敷き

人はオモシロイ生き物だと思う。 ひとりの人間を人が判断したり まして評価したりすることは難しいことだと思う。 素晴らしい人だと思っていたけれど 思いもよらない言葉から その人の性根が透けて見えて がっかりしたり ダメな人だなあと思っていた人が 誰…

もう一日だけ‥‥と思った話

一週間ほど前から 珍しく風邪をひいてしまった。 すぐに治るかと思ったら 昨日は咳がひどくなり ついに肺やお腹が痛くなる始末。 ちょうど仕事が休みの主人に子どもを任せ、布団の中で一日過ごす。 処方薬が効いて、今日はもうすっかり元気になった。 夕方近…

ご飯を食べてたら、大声で店の人を怒鳴る人に遭遇!! あなたはどうする?

おうどん屋さんにて。 横の席の人が注文を間違えた店の人にめちゃくちゃキレてる。 凍りつく店内に、その人の声だけ響きわたる。 嫌なのよね、こういうの。 子どもに見せたくない。 何で今日、この店に、この時間に、 わたしたちは居合わせたかなーって、不…

春だし新しいこと始めたいな♪でも、たくさんあって絞り切れないわーん(*'ω'*)と思っているあなたへ

春だし、精いっぱいのポップを意識したタイトルを付けてみました。 いつもは使わない顔モジや♪を使っているのが証拠だよ♪ 暖かくなってきたねー。 今日、岡山イオン言ったらね、 コートを着て歩いているのは 私たち親子ぐらいだったのー。 風邪ひかせちゃダ…

葉っぱ3兄弟

ご近所さんから わさび菜を大量にもらった。 露地栽培で採れるわさび菜は 3月ぐらいまでが時期なのだそう。とっても鮮やかな緑を眺めて思う。 どうしようかなぁ。。。葉もの野菜は足が早いから ふだん買い置きはあまりしない野菜。けれど、その日立ち寄った…

片付けきることは暮らしの仕組みを変えること

お片付けのご相談を伺っていると リバウンドで悩まれている方がいらっしゃいます。 中には、以前お片付けのプロに来てもらったけれど またリバウンドしてしまったと言われる方も。 その方々に共通するのは 片づけられないのはダメな自分のせいだ、 そう思っ…

お笑い見るなら、やっぱりライブ

漫才ライブを見に大阪なんばへ行ってきましたよ。 ライブ前に、初めての「新世界」で食い倒れ。おでん屋さん 串カツ屋さん お寿司屋さん食いしん坊な中年ふたり。 食べてばっかり、楽しいなぁ。そんなこんなで 漫才ライブ開演!!初めて見る漫才コンビもいまし…

絵本選びで迷ったら “スロウな本屋”に

岡山市にある “スロウな本屋”ずっと行きたいと思いながら、 行けずにいた場所でした。細い路地を入って、ありました、ありました。素敵~、この店構え、 民家を改装して、 お店に人の手が入った、 温かい質感を感じさせてくれます。靴を脱いで、上がると 和…

月灯りに見守られて

「夜泣きするお前を抱けば私しかいないんだよと月に言われる」 これは 俵万智著 そだちノート の中に出て来る短歌の一句。 そだちノート 作者: 俵万智,網中いづる 出版社/メーカー: アリス館 発売日: 2014/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) …