čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

ã‚ˇãƒŗプãƒĢナイフぎ゚ã‚ŋãƒŧトはãģんぎ小さãĒ成功äŊ“験

č‡Ē厅ãĢäēēã‚’æ‹›ãã¨ã€č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã“ã¨ã€‚

すãŖきりしãĻるねīŊžã€€ã¨ã€‚

f:id:denimm1222:20160527115137j:plain

 

ありがたい。

äģŠã§ã“ãã€ãã†č¨€ãŖãĻもらえるようãĢãĒりぞしたが(åŋƒãŽåŖ°ã¯ã€æŽēéĸ¨æ™¯īŊžã ãŖたとしãĻもįŦ‘)

 

įĩåŠšåžŒãŽæ–°åą…が、10嚴一äēē暎らしをしたį§ãŽã‚ŗãƒŧポãĢä¸ģäēēとそぎぞぞ暎らすという、おåŧ•čļŠã—ãĒしぎ゚ã‚ŋãƒŧトだãŖたぎで、とãĻもãƒĸノぎ多いåŽļでした。

 

そもそもį‹ŦčēĢ時äģŖは、čļŖå‘ŗã¯é›‘č˛¨åą‹ã•ã‚“ã‚ãã‚Šã§ã™ãŖ (キãƒĒãŖ)ã¨čƒ¸ã‚’åŧĩãŖãĻいうãģお、こぞごぞしたãƒĸノがåĨŊきでしたし、

éŖŸå™¨ãĢč‡ŗãŖãĻは、ãĩたつįŊŽã„たéŖŸå™¨æŖšã‚’パãƒŗパãƒŗãĢしãĻ、それでもæŠŧしå…ĨれãĢぞだ、ダãƒŗボãƒŧãƒĢãĢčŠ°ã‚ã“ã‚“ã éŖŸå™¨ãŒå‡ēį•Ēã‚’åž…ãŖãĻいるįŠļ態。

一äēē暎らしãĢはäŧŧつかわしくãĒい量を持ãŖãĻいぞした。

 

åŖŠã‚ŒãĻãĒい限りäŊŋえるãƒĸノは捨ãĻる選択はありぞせん。

é›‘č˛¨ã ã‘ã§ãĒく、洋服、æœŦ、ä¸ģäēēぎčļŖå‘ŗé“å…ˇã€

子おもがå‡ēæĨãĻからは、ãƒĸノぎåĸ—加は加速åēĻを上げãĻ、お古ぎこおも服も頂けるãƒĸノはぜんãļ受けå…Ĩれぞした。選ãļ、ãĒんãĻ選択はīŧ

įĩæžœã€åŽļぎãƒĸノはæēĸれかえãŖãĻいきぞした。

 

わがåŽļãĢčģĸ抟がおとずれたぎは、äģŠã‹ã‚‰į´„3嚴前、あるママ友さんぎお厅ãĢおじゃぞする抟äŧšãŒã‚りぞした。

そぎ斚は、控えめãĒį‰Šé™ã‹ãĒ斚で、あぞりč‡Ēåˇąä¸ģåŧĩもãĒさらãĒã„ã€ãŠãĄã‚‰ã‹ã¨ã„ã†ã¨ãƒžãƒžå‹ãŽä¸­ã§ã‚‚į›ŽįĢ‹ãŸãĒã„å°čąĄãŽæ–šã§ã—ãŸã€‚

 

扉を開けãĻãŗãŖくり。

すãŖきり、ただただすãŖきり。

įŽ„é–ĸからãƒĒビãƒŗグãĢįļšãåģŠä¸‹ã¯čĻ–į•Œã‚’過るもぎがãĒんãĢもãĒい。きれいãĢ手å…ĨれされたįœŸãŖį™ŊãĒ下駄įŽąãŽä¸ŠãĢ、一čŧĒã•ã—ãŽãŠčŠąãŒã‚­ãƒŠã‚­ãƒŠã—ãĻčĻ‹ãˆãžã—た。

įŖ¨ãä¸Šã’られた洗éĸ台ぎ清æŊ”æ„ŸãĢは、昨夜つくろãŖたかぎようãĒそぎ場しぎぎではãĒい、įĸēかãĒæ—Ĩ常がäŧēえぞした。

おãĒじ専æĨ­ä¸ģåŠĻで、晎æŽĩおãĒじようãĢå­č‚˛ãĻトãƒŧクをし、時ãĢã¯ã‚°ãƒã‚‚č¨€ã„åˆã†ãƒžãƒžãŒã€ä¸€æ­ŠåŽļãĢå…Ĩれば我がåŽļとは全く違う毎æ—Ĩを過ごしãĻいることが、わたしãĢã¯čĄæ’ƒã§ã—ãŸã€‚

「åŧ•ãå‡ēã—ã˛ã¨ã¤ã‹ã‚‰ã§ã‚‚ã€ã‚„ã‚‹ã¨æ°—æŒãĄã„ã„ã‚ˆã€

įŠã‚„かãĢãã†č¨€ãŖたåŊŧåĨŗぎことば通りãĢ、夜ごéŖ¯ãŽį…Žčžŧãŋ料į†ãŒã§ãã‚‹ãžã§ãŽé–“、éŖŸå™¨æŖšãŽã˛ã¨ã¤ãŽåŧ•ãå‡ēしから、一嚴間一åēĻもäŊŋãŖãĻいãĒいキッチãƒŗ小į‰ŠãŸãĄã‚’取りå‡ēしãĻãŋぞした。

å‡ēしãĻãŋれば、7å‰˛ãŒã“ãŽ1嚴つかãŖãĻいãĒいãƒĸãƒŽãŸãĄã€‚

掋された3å‰˛ãŽãƒĸãƒŽãŸãĄã¯ã€ã•ãŖきぞでäŊŋãŖãĻもいãĒいãƒĸãƒŽãŸãĄã¨ä¸€įˇ’ãĢ、小さãĒåŧ•ãå‡ēしぎ中ãĢæŠŧしčžŧめられãĻいたぎでした。

åŧ•ãå‡ēã—ãŽå››éš…ãŽãĄã‚Šã‚’æ‰•ã„ã€åŽŗ選したãƒĸãƒŽãŸãĄã ã‘ã‚’æ•´į„ļとä¸Ļずたときぎ、あぎすãŖきりとした静かãĒ達成感をいぞでもčĻšãˆãĻいぞす。

 

そこからも、ãƒĸノを減らす抟äŧšã€į†į”ąã¯ã„くつもありぞしたが、すずãĻはあぎæ—ĨわたしãĢčĩˇããŸå°ã•ãĒ成功äŊ“é¨“ãŒã€ã‚ˇãƒŗプãƒĢãŖãĻãã‚‚ãĄã„ã„ã€ã¨č„ŗãĢこころãĢį„ŧきつけãĻくれたと思ãŖãĻいぞす。

 

f:id:denimm1222:20160527114009j:plain