čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

整į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧãŖãĻãĒãĢīŧŸ

ブログぎč‡Ēåˇąį´šäģ‹ãĢã€Œå˛ĄåąąãŽæ•´į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ ようこ」

ãĒんãĻã‚ˇãƒŦãŖと書いãĻいぞすが

そもそも整į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧãŖãĻäŊ•īŧŸ

ãŖãĻ斚もいると思いぞす。

 

整į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧとは、整į†ã‚„収į´ãĢついãĻぎã‚ģミナãƒŧをしたり、

原際ãĢäēēぎお厅ãĢäŧēã„ã€ãŠéƒ¨åą‹ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘をお手äŧã„をするčŗ‡æ ŧです。

 

間違われやすいおäģ•äē‹ãŒåŽļäē‹äģŖčĄŒã§ã™ã€‚

åŽļäē‹äģŖčĄŒã¯ä¸€äģģされるもぎですが、

整į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧぎおäģ•äē‹ã§ã¯

おåŽĸ様ごč‡ĒčēĢも一įˇ’ãĢおį‰‡äģ˜ã‘をしãĻいただきぞす。

 

そぎため、おį‰‡äģ˜ã‘前ぎã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグはæŦ ãã“とぎできãĒい大切ãĒ過į¨‹ã€‚

 

昨äģŠãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ブãƒŧムで

書åē—ãĢおį‰‡äģ˜ã‘ãĢé–ĸするæœŦはéŖŊ和įŠļ態

ネットãĢã‚‚æƒ…å ąã¯æēĸれãĻいぞす。

おぎやり斚がč‡Ē分ãĢ合うぎかâ€Ļ

分からãĒくãĒるぎもごくč‡Ēį„ļãĒことだと思いぞす。

 

おåŽĸ様ぎį†æƒŗとする暎らしãĢ

į„Ąį†ãĒく最速でたおりį€ã„ãĻいただけるようãĢ

そしãĻ、åŋĢ遊ãĒ暎らしがおåŽĸさぞごč‡ĒčēĢでキãƒŧプできるようãĢ

ã˛ã¨ã‚Šã˛ã¨ã‚ŠãĢã‚ĒãƒŧダãƒŧãƒĄã‚¤ãƒ‰ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚’ã”ææĄˆã™ã‚‹ãŠäģ•äē‹ã€‚

 

もともと整į†åŽį´ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧぎčŗ‡æ ŧをとるつもりも

ぞしãĻ、それをおäģ•äē‹ãĢするつもりもありぞせんでした。

 

į§ãŽå ´åˆã¯ã€ãƒĸノぎįŽĄį†ãŒč‹Ļ手ãĒわが子ãĢ

母čĻĒとしãĻできることãŖãĻäŊ•ã ã‚ã†â€Ļ

という思いからこぎčŗ‡æ ŧをとりぞした。

 

ã˛ã¨ã¤ã˛ã¨ã¤ãŽãƒĸノãĢ向き合う中で

čĻĒぎį§ãŒįŦ‘ãŖãĻæĨŊできる暎らしが

įĩåą€ã¯å­ãŠã‚‚ã¨åš¸ã›ã‚’å…ąæœ‰ã™ã‚‹ã“ã¨ã ã¨įŸĨりぞした。

f:id:denimm1222:20160707102845j:plain

 

わたしぎįĩŒé¨“が、同じ悊ãŋã‚’ãŠæŒãĄãŽãŠæ¯ã•ã‚“ãŽ

「それãĒら、į§ãĢだãŖãĻできるīŧã€

ãĢãĒã‚ŒãŸã‚‰ã€ã¨æ€ã„ä¸€æ­Šč¸ãŋå‡ēしãĻãŋようと思えぞした。

 

ã‚šã‚ŋãƒŧトナイãƒŗãĢぞだįĢ‹ãŖたばかりですが

多くぎ斚ぎå‡ēäŧšã„を通しãĻ

å­Ļãŗã‚’æˇąã‚ãŸã„ã¨æ€ãŖãĻいぞす。

 

あらためぞしãĻ

ãŠã†ãžã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚