お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

わたしたちには一択しかない

どうして、片付けるんだろう。

ふと思う。

モノには足がないから、
家にあるモノは全て誰かの手によって
招き入れたモノ

こんまりさんのお片付け本では
“思い出のモノ”は最後に片付けるモノとある。
それだけ片付けることが難しいモノと
位置づけられているからだ。

それぞれのモノには
ここにあるなりのストーリーが存在する。
となると、家にあるモノは
かなりの割合で“思い出のモノ”とも言える。
濃度の差はあれど。


f:id:denimm1222:20161026103526j:plain

お店で手にとった瞬間から
あなたとモノとのストーリーは始まっている。

いくらでもモノは増やそうと思えば増える。
モノは無限。

でも、
増えるたびに入れる箱の家を
大きくするわけにはいかない。
家や収納は、有限。

そうなると、
暮らしを快適に過ごしたいなら
減らすの一択しか
私たちには残されていないのだ。



ゴミ屋敷を取り上げた番組を見ての感想でした。









ブログの感想やお片付けのご相談など
メール、お気軽にどうぞ。

simple.38623☆gmail.com ←☆を@に変えて下さい