čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

感動ぎジãƒŦãƒŗマ

į§ã¯ã‚ˆãæŗŖく。

č‡ĒčēĢがäŊ•ã‹ã‚’ã•ã‚ŒãŸã‚Šč¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚Š
ではãĒく、
äŊ•ã‹ãĢ感動し
こころぎį´įˇšãĢč§Ļれた時、
į§ãŽæļ™č…ēはåˆļåžĄä¸čƒŊãĢãĒる。

į‰šãĢå‡ēį”ŖしãĻからというもぎ
やたら、子おもé–ĸé€Ŗã¯åąé™ēだ。


先æ—Ĩ、たぞたぞįĢ‹ãĄå¯„ãŖたイベãƒŗトで
子おも達がダãƒŗã‚šã‚’æŠĢéœ˛ã—ãĻいた。

大きãĒ大äŧšã§ã¯ãĒく
æ—Ĩ頃ぎæ´ģ動をäŋč­ˇč€…ã‚„æ–°čĻčĻ‹čžŧãŋåŽĸãĢ
æŠĢéœ˛ã™ã‚‹ãŸã‚ãŽã‚¤ãƒ™ãƒŗトぎようだãŖた。

ã—ã‹ã—ã€ãã“ã§č¸Šã‚‹å­ãŠã‚‚ãĢとãŖãĻ
イベãƒŗトぎ大小は意å‘ŗがãĒいことであãŖãĻ

å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒįœŸå‰ŖãĢčˆžã†å§ŋãĢは
æœĒ厌成ぎįžŽã—さとå‘ŧずるčŧããŒã‚ãŖた。

į§ã¯æŗŖいãĻいた。
名前もįŸĨらãĒいäēēæ§˜ãŽå­ãŠã‚‚ãŽč¸Šã‚Šã§ã€‚


f:id:denimm1222:20161031093521j:plain



čĻŗた映į”ģ、
čĒ­ã‚“だæœŦ、
子おもãĢčĒ­ãŋčžã‹ã›ã—ãŸįĩĩæœŦ、
äēēã‹ã‚‰čžããĄã‚‡ãŖã¨ã‚¤ã‚¤čŠąã—ã€‚

æŗŖく。

そしãĻ、やãŖかいãĒぎが
į§ã¯ã“ã‚“ãĒãĢもį§ã‚’į†ąãã•ã›ãŸå­˜åœ¨ã‚’
äēēãĢčŠąã—ãŸã„ã€‚äŧãˆãŸã„。
そんãĒé‡Žæœ›ã‚’æŠąãã€‚


だが、友äēēãĢč‡Ē分がčĻ‹čžãã—た感動を、
į›¸æ‰‹ãĢäŧãˆãã‚ŒãŸã¨ã„う手åŋœãˆã‚’
į§ã¯ãžã æ„Ÿã˜ãŸã“とがãĒい。

ãĒぜだīŧŸ

æŗŖくからだ。


映į”ģã‚’äž‹ãĢとる。

į‰ŠčĒžã¨ã„うぎは
čĩˇããŸæ™‚įŗģ列ãĢæ˛ŋãŖãĻ
čŠąã—ã‚’é€˛ã‚ãĻいくぎが
最も、į°Ąå˜ã€æˇˇäšąãŒčĩˇããĢくく
分かりやすいと思われる。

į§ã‚‚åŊ“į„ļここは
į‰ŠčĒžãŽåēį›¤ã‹ã‚‰čŠąã—ã‚’é€˛ã‚ãĻいく。

ところが、ここで
į§ã¯æŗŖく。

į›¸æ‰‹ã¯
「えīŧŸãˆīŧŸãĒんでīŧŸãĒんでīŧŸīŧŸīŧŸã€

おうした、おうしたãĒぎである。


č§ŖčĒŦしよう。

į§ãŽåŖはį‰ŠčĒžã‚’čŠąã—ãĻいるぎだが
ここはぞだį§ãŒäŧãˆãŸã„ã‚ˇãƒŧãƒŗではãĒい。

ここはæœŦåŊ“ãĢおäŧãˆã—たい、
そぎ核ãĢčĄŒããžã§ãŽãƒ•ãƒĒだ。

でも、į§ã¯ã“ぎ映į”ģぎ全厚をįŸĨãŖãĻいる。

äŧãˆãŸã„思いが先čĩ°ã‚Šã‚’始め
一į•ĒãĢäŧãˆãŸã„ã‚ˇãƒŧãƒŗはč„ŗ内再į”Ÿã‚’始める。

すると
そぎ映į”ģãĢ寞する思いぎ丈が
大きければ大きいãģお
č„ŗ内再į”Ÿã•ã‚ŒãŸã‚ˇãƒŧãƒŗがį§ãŽæļ™č…ēをåˆēæŋ€ã™ã‚‹ãŽã ã€‚

äģŽéĸナイダãƒŧé›ģįŽ‹ãŒč¨€ã†ã¨ã“ろぎ
「最初からã‚ĒãƒŦはクナイマック゚だぜīŊžīŊž!!!」
ぎ厌成である。




こうしãĻ
æļ™ã¯į›¸æ‰‹ã‚’困惑させ
į§ãĢ情įˇ’不厉厚ãĒäēēæ ŧぎįƒ™å°ã‚’æŠŧしただろう。

į›¸æ‰‹ãĢã¯čŠąã—ãŽå†…åŽšãĒお全くå…ĨãŖãĻいãĒい。
æļ™ãŒé‚Ē魔をするぎだ。

            
æļ™ã‚‚ã‚ã„ã€ã¨čžãã¨
äēēはたいがい情ãĢ厚く、
æ„Ÿæ€§ãŒčąŠã‹ãĒäēēというようãĢ、
ã„ã„ã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ã‚’æŠąãã¨æ€ã†ã€‚

だが、į§ãŽãã‚Œã¯å…¨ãåŊ“ãĻはぞらãĒい。
į§ã¯å­Ļįŋ’した。
2åēĻとあぎ惨劇をįš°ã‚Ščŋ”しãĻはãĒらãĒい。

いい映į”ģ、いいæœŦã€ã„ã„čŠąã—ã¯
80į‚šãã‚‰ã„ãŽčŠąã—ã‚’ã—ãŒãĄã§ã‚ã‚‹ã€‚

感動ぎ100į‚šãŽčŠąã—ã‚’
æœŦåŊ“ã¯čžã„ãĻãģã—ã„ã¨č¨€ã†ãŽãĢ。



ä¸ģäēēãĢはč‹Ļ労をかけãĻいる。
毎回、į§ãŽã€Œ100į‚šã‚’čžã„ãĻくれæŦ˛ã€ãŽé¤ŒéŖŸãĢãĒる。

だが、äēē間ãĢはįĨžæ§˜ã‹ã‚‰
「遊åŋœåŠ›ã€ã¨ã„う名ぎゎフトが与えられた。

äģ˜ãåˆã„たãĻぎ頃はぞだ
そこかしこでæŗŖきå‡ēすåĨŗãĢ困惑したであろうåŊŧも
そぎゎフトを最大限刊į”¨ã—ãĻ

「えīŧŸã‚‚うæŗŖきポイãƒŗトæĨたんīŧŸã€

と、ニヤニヤしãĒがら
テã‚Ŗãƒƒã‚ˇãƒĨã‚’åˇŽã—å‡ēすäŊ™čŖ•ã‚’čĻ‹ã›ãĻいる。

小æ…Ŗれた手つきで。