お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

子どもが一歳の時から続けていること

子どもが一歳ぐらいから
続けていることがあります。

それは一日一回の絵本の読み聞かせ。


f:id:denimm1222:20161102135155g:plain


主に夜、寝る前がえほんのじかん。

旅行に行ったりでもない限りは
子ども達が寝室に持ってくる絵本を
毎夜、読んできました。


「絵本がたくさんあり過ぎて選びきれない。
 どれを読んだらいいか分からない。」

時おり、こんな声を聞く時があります。

絵本には、将来の国語の読解力に有効
といった側面もあるので、その意味で

「読むなら、この1冊」

と、間違いがないものを与えたいと
思われているのかもしれません。


f:id:denimm1222:20161102141950j:plain


でも、おさな子に与える絵本の一歩は
お母さんが読んで楽しいと
思われたものでいいのではないでしょうか?

それでも決めきれないなと感じたなら
毎月一回絵本が届く
配本サービスを利用するのもひとつですね。

絵本は、
子どもとのコミュニケーションツールです。


愛しく、しかも温かい子どもに
ギュッとひっついて
おやすみ前の5分の時間を楽しむ

肌寒くなってきた秋の夜長にお勧めします。