よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

いたずら盛りのお子さんがいるママに…オススメ絵本

我が家にはいたずら盛りの7歳の男の子がいます。

 

参考記事

denimm1222.hateblo.jp

 

 

今日は、小さかった頃の長男も

次男、母親の私も

大好きな絵本をご紹介します。

 

あくたれラルフ 童話館

ジャックガントスさく ニコールルーベルえ


f:id:denimm1222:20161106012834j:plain

 

子供の絵本にはあまりないサイケデリックな色使い。

これから始まる物語の波乱を予感させます。

 

このラルフが“あくたれ”と呼ぶにふさわしい

数々の悪事を働きます。

そのたびに、飼い主のセイラは嘆き悲しみます。

そして、ラルフにもついに試練が訪れるのですが・・・

 

次男はラルフが悪さをする度に嬉しそうです。

きっと、ラルフに自分を重ねてしまうのかなと思います。

 

物語の最後のあたりで

セイラがラルフを抱きしめるシーンがあります。

そこでも、次男は嬉しそうにしています。

 

悪さをしても、いたずらしても

ラルフはラルフのままで愛される。

そこに、子どもたちは幸せな安心感を覚えるのかなと感じています。

 

小学校の読み聞かせボランティアでも

この絵本は読みましたが

多くの子どもたちに好評でした。

 

4歳ぐらいから小学校の低学年ぐらいまでは

楽しめると思います。