čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

愛čģŠã‚’æŒã¤æ‚˛å–œã“ã‚‚ã”ã‚‚

į§ãŽãŠæ°—ãĢå…Ĩりぎ愛čģŠã‚’ごį´šäģ‹ã—ぞす。
じゃãƒŧん。


f:id:denimm1222:20161109145050j:plain


これを持つぞでãĢ、数々ぎčŠĻįˇ´ãŒã‚りぞした。
å°‘ã—é•ˇããĒるかもしれぞせん。
ã”čˆˆå‘ŗぎある斚ぎãŋ、čĒ­ãŋ進ãŋくださいぞせ。


į§ã¯éĢ˜æ ĄãŽį™ģä¸‹æ ĄãĢč‡ĒčģĸčģŠãĢ乗ãŖたきり
○十嚴という単äŊã§
č‡ĒčģĸčģŠãĢ䚗ることがありぞせんでした。

ところが、įĩåŠšã—たä¸ģäēēはč‡ĒčģĸčģŠãĢはぞり
č‡ĒčģĸčģŠãƒŦãƒŧ゚ぞで
åšŧį¨šåœ’ぎパパ友と参加するãģおです。

ãƒŦãƒŧã‚šã‚’åŋœæ´ãĢã¯čĄŒããžã™ãŒ
内åŋƒã€€â€œã“ãŖãĄčĻ‹ã‚“ãĒよãƒŧ” でした。

ところがã‚ĸã‚Ļトドã‚ĸåĨŊきもäŊĩį™ēしãĻいるä¸ģäēēは
“åŽļ族でã‚ĩイクãƒĒãƒŗグ=æĨŊしい” ぎå›ŗåŧã‚’
持ãŖたようで、
しきりãĢåĢãŽį§ãĢč‡ĒčģĸčģŠã‚’勧めぞす。

ä¸ģäēēぎčĒŦåž—ã¯é•ˇããĢæ¸Ąã‚Šãžã—ãŸã€‚

č‡ĒčģĸčģŠã‚’æŒã¤č‰¯ã•ã‚’
įĄŦčģŸãŠã‚ŠæˇˇãœãĻプãƒŦã‚ŧãƒŗしãĻくることãĢ
čžŸæ˜“ã—ãŸį§ã¯ã€ã¤ã„ãĢé™ĨčŊ

“čĻ‹ãĢčĄŒãã ã‘čĄŒãŖãĻãŋるか”

そうäŧãˆãŸã¨ããŽã€ä¸ģäēēぎワクテã‚Ģ感ãĢは
į›Žã‚’čĻ‹åŧĩるもぎがありぞした。

ぞずはčŋ‘所ぎč‡ĒčģĸčģŠåą‹ã•ã‚“ãĢ行ãŖãĻ
čŠĻäš—ãŽã˛ã¨ã¤ã§ã‚‚ã—ã‚ˆã†ã§ã¯ãĒいか
ä¸ģäēēぎäģ•äē‹ãŒãŠäŧ‘ãŋぎæ—ĨãĢ
į§ãŸãĄã¯ã„そいそとå‡ē掛けぞした。

おåē—ぎ斚ぎãĢこやかãĒ垎įŦ‘ãŋãĢå‡ēčŋŽãˆã‚‰ã‚Œ
æģ‘らかãĢã‚Ēã‚šã‚šãƒĄč‡ĒčģĸčģŠãĢついãĻぎ
čĒŦ明を受けぞした。

čŠĻ䚗したい、というį”ŗしå‡ēãĢãĢややかãļせぎãŋãĢ

ã€ŒãŠã†ãžã€ã“ãĄã‚‰ã¸!!」

と、先ãģおより更ãĢ゚マイãƒĢåēĻぎåĸ—したおåē—ぎ斚は

元気よく、
čŠĻ䚗゚ペãƒŧã‚šãĢæĄˆå†…ã—ãĻ下さいぞした。

ドキドキしたことはäē‹åŽŸã§ã™ãŒ
čģŊくぞたがり、
éĸ¯įˆŊとéĸ¨ã‚’感じるį”¨æ„ã¯ã§ããĻいぞした。

そう、éĸ¯įˆŊと。

į§ãŒãƒšãƒ€ãƒĢã‚’č¸ãŋčžŧむと、様į›¸ãŒå¤‰ã‚ã‚Šãžã—た。
ぞず、さãŖきぞであんãĒãĢ和やかで
čģŊåŋĢãĒトãƒŧクをäē¤ã‚ã—ãĻいた
おåē—ぎ斚からįŦ‘éĄ”ãŒæļˆãˆ
「うã‚Ĩã€ã¨č¨€ãŖたきり
č¨€č‘‰ã‚’į™ēãŖさãĒくãĒりぞした。

åŖ˛ã‚‹ã“とをおäģ•äē‹ãĢしãĻいる斚が
čŗŧč˛ˇæ„æŦ˛ãŽã‚ã‚‹åŽĸ、
しかもčŠĻ䚗ぞでしたåŽĸãĢ

「すぐæ…Ŗれるから大丈å¤Ģですよ」

ãĒおぎå–ļæĨ­ãƒˆãƒŧクさえも封じčžŧめるãģお
č‡Ē分はč‡ĒčģĸčģŠãĢäš—ã‚‹čƒŊ力がãĒいと分かり
ãã“ãã“ãŽã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ã‚’å—ã‘ãžã—ãŸã€‚


垌æ—Ĩ、ä¸ģäēēはこぎ時ぎことを

「į”Ÿãžã‚ŒãŸãĻぎ小éĻŦぎようだãŖた」

と、čŋ°æ‡ã—ãĻいぞす。


あぎæ—Ĩから、数嚴間
ä¸ģäēēは一åēĻもį§ãĢč‡ĒčģĸčģŠãĢ䚗ろうと
čĒ˜ã‚ãĒくãĒりぞした。

逆ãĢ、
äēēãĢは、
čĒ°ã§ã‚‚できãĻč‡Ē分だけはできãĒいことが
それぞれãĢãĢあるんだâ€Ļ
と、įŠã‚„かãĢ少し哀れãŋãŽæˇˇã–ãŖãŸčĄ¨æƒ…ã‚’
į§ãĢæĩŽã‹ãšã‚‹ãŽã§ã—た。


そこから、数嚴垌、
å˛Ąåąąå¸‚ãĢは全å›Ŋ一ぎåē—čˆ—æ•°ã‚’čĒ‡ã‚‹
å˛Ąåąąã‚¤ã‚Ēãƒŗができぞした。

駐čģŠå ´ã¯ãŠã“もいãŖãąã„ã€‚
åēƒã„åē—内も駐čģŠæ™‚間が気ãĢãĒãŖãĻ
ゆãŖくりは回りきることはできぞせん。

į§ã¯č‡ĒčģĸčģŠã§čĄŒããŸã„。
わずか10分ぎところãĢあるぎだから。
全å›Ŋ一ぎおåē—を時間を気ãĢせず
åē—内を歊き倒したい。
そぎようãĒ思いãĢ駈られぞした。

そぎ頃、原åŽļãĢ行ãŖた際、
äŊŋわれãĻいãĒいč‡ĒčģĸčģŠãŒ
あることãĢ気ãĨきぞした。

īŧ•åˆ†åžŒãĢは、
į§ã¯čŋ‘くぎå…Ŧ園でįˇ´įŋ’をしãĻいぞした。

周りãĢ小さãĒ子おもがいãĒく
おåŊšį›ŽãŽįĩ‚わãŖたかぎようãĒå…Ŧ園ãĢは
äēēãŖã“ã˛ã¨ã‚ŠãŠã‚‰ãš
そこはį§ã ã‘ぎプナイベãƒŧトパãƒŧクでした。

20分ãģおįĩŒéŽã—たでしょうか。

čģŊやかãĢペダãƒĢを力いãŖãąã„č¸ãŋãĒがら
į¸Ļæ¨Ēį„Ąå°ŊãĢå…Ŧ園内を駆け回るį§ãŒã„ぞした。
į§ã¯įŦ‘ãŖãĻいたでしょう。

䞋え、äģ–äēē様からčĻ‹ã‚Œã°
ä¸å¯Šč€…ãŽčŦ—りを受けようとも構わãĒい。
äģŠã€į§ã¯éĸ¨ã‚’感じãĻいる。
そう思いぞした。


数æ—Ĩ垌、手ãĢå…Ĩれたぎが、
最初ãĢごčĻ§ã„ただいた写įœŸãŽč‡ĒčģĸčģŠã§ã™ã€‚

ビã‚ĸãƒŗキといいぞす。
愛しき我が愛čģŠã§ã™ã€‚



こんãĒクッダナナイことを
だらだら書くからブログãĢ時間がかかるんだよâ€ŧ
ãŖãĻ呆れられるかãĒぁ。。。