よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

シンプルなルール

我が家は男の子ふたり、

しかも年齢差が六学年開いています。


ふたり仲よく同じ遊びをするというのは、

なかなかにハードルが高いなあと思わされます。

 

戦いごっこで手を当ててきた。

カードゲームでずるをされた。

一回見逃してあげたのに、

ボクの時にはダメって言う。

 

母に言わせたら、知らんがな。。。なことを

ふたりそれぞれが訴えてきます。

 同じ思いを抱くおかあさんは多いのではと想像します。

 

そんな憂いを持つお母さんに、

おすすめしたいのは将棋です。

 

なにが、おすすめかって、ルールのシンプルさ。

長い歴史から積み上げられたルールは、解釈のいれようがないのです。

 

一回見逃したげたから、

見返りに一回自分の時もこうやってよ、

なんて一時しのぎのマイルールが存在する余地を与えません。

シンプルだからこそ深い。

 

ふだん賑やかなふたりも、

将棋を差すときは穏やかなもの。

ウルトラマン将棋を始めて1年。

本将棋を始めて1年。

お父さんが七歳の子どもに負かされています。

子どもの吸収力はすごいですね。

 

f:id:denimm1222:20161223215223j:image