čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

すきぞ時間はäŊ•ã‚’しãĻいぞすかīŧŸ

å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒå†Ŧäŧ‘ãŋãĢå…Ĩると

ぞとぞãŖた時間をとることがé›Ŗしいですが

すきぞ時間をäŊŋãŖãĻ、æœŦをæĨŊしんでいぞす。

 

最čŋ‘čĒ­ã‚“でいるぎは

å°åˇæ´‹å­ã•ã‚“

重杞清さん

åąąį”°ã‚ēãƒŧニãƒŧさんãĒおです。

 

たぞたぞãĒぎですが

æˆ‘ãŒéƒˇåœŸãŒį”Ÿã‚“ã å˛Ąåąąå‡ēčēĢぎäŊœč€…ぎ斚が多いことãĢ

先æ—Ĩãĩと気ãĨいãĻã€ã˛ã¨ã‚ŠåŦ‰ã—くãĒりぞした。

 

į§ã¯ã€æ™ŽæŽĩバッグãĢ文åēĢを一冊å…ĨれãĻいぞす。

å‡ēかけた先や垅合厤ãĒおぎ場所では

すきぞ時間をäŊŋãŖãĻ、それをčĒ­ãŋぞす。

 

äģĨ前は、もãŖとおäģ˛é–“がいたぎですが

最čŋ‘ぱマホãĢ取ãŖãĻäģŖわられた感をåŧˇãã—ぞす。

 

でも、そんãĒäģŠã ã‹ã‚‰ã“そ

同じようãĢæœŦをčĒ­ã‚“でいるäēēをčĻ‹ã¤ã‘ると

勝手ãĢäģ˛é–“æ„č­˜ã‚’æŒãŖãĻいるč‡Ē分がいぞす。

 

å°åˇæ´‹å­ã•ã‚“ãŽæœŦぎ中ãĢ、æŦĄãŽč¨€č‘‰ãŒã‚りぞす。

「同じæœŦã§č‚˛ãŖたäēēãŸãĄã¯å…ąé€šãŽæ€ã„ã‚’åˆ†ã‹ãĄåˆã†ã€

 

わざわざčĻ‹įŸĨらãŦäēēãĢ

čžããĢ行ãŖたりはしãĒいけれお

įŸĨることができるãĒら、

そぎäēēがäŊ•ã‚’čĒ­ã‚“でいるか

į§ã¯å°‘ã—čˆˆå‘ŗがありぞす。

 

äģĨå‰ã€éŠ€čĄŒã§é †į•Ēã‚’åž…ãŖãĻいる間

į§ã¯ããŽæ™‚ã‚‚åŽļから持ãŖãĻきた文åēĢをčĒ­ã‚“でいぞした。

ãĩã¨ã€ã˛ã¨ã¤é–‹ã‘ãŸéšŖãŽã‚ˇãƒŧトãĢåē§ãŖãĻいるīŧ“īŧäģŖぐらいぎåĨŗ性が

æœŦをčĒ­ã‚“でいることãĢ気ãĨきぞした。

 

į•Ēåˇå‘ŧãŗå‡ēしぎ折ãĢ

そぎäēēã¯ã‚ˇãƒŧトãĢæœŦをįŊŽã„ãĻįĒ“åŖãĢčĄŒã‹ã‚ŒãŸãŽã§ã™ã€‚

とãŖさãĢãĄã‚‰čĻ‹ã—ãŸčĄ¨į´™ã¯

į§ãŒã€åŊ“時čĒ­ãŋįĩ‚えたばかりぎčĻ‹čĻšãˆãŽã‚ã‚‹æœŦでした。

 

そぎäēēが席ãĢæˆģãŖãĻくる頃ãĢは

äŊ•äē‹ã‚‚ãĒかãŖたようãĢ、

æ‰‹æŒãĄãŽæœŦãĢぞたį›Žã‚’ã‚„ãŖãĻいぞした。

 

ですが、åŋƒãŽå†…は

 “そぎæœŦ、いいよね、いいよねâ™Ē” と

数あるæœŦぎ中から、それを選んだそぎäēēãĢ

äģŠã™ãé§†ã‘å¯„ã‚ŠãŸã„čĄå‹•ãĢかられぞした。

 

į§ãŒįŠæĨĩįš„ãĒ性æ ŧãĒら

čŠąã—ã‹ã‘ã‚‰ã‚ŒãŸã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚

もしくは、

卓čļŠã—たã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗčƒŊ力を持ãŖãĻいたãĒら

違和感ãĒくそぎäēēと

そぎæœŦãĢついãĻãŽæ€ã„ã‚’å…ąæœ‰ã§ããŸã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚

ããŽãŠãĄã‚‰ã‚‚æŒãĄåˆã‚ã›ãĻいãĒいį§ã¯ã€

ã‚ĸプロãƒŧチを間違えた時ぎ

そこそこ変äēēãĢãĒるãƒĒ゚クをéŋけぞした。

 

äēēčĻ‹įŸĨりīŧŸãĒ性æ ŧでよかãŖたぎでしょう。

į§ãŽåĨŊきãĒæœŦが、

さãŖきぎäēēもåĨŊきãĒæœŦãĢãĒるといいãĒあと思ãŖãĻ

éŠ€čĄŒã‚’åžŒãĢしぞした。

 

į›´čŋ‘でč‡Ē分がčĒ­äē†ã—たæœŦを、

すぐそばで、įžåœ¨čĒ­ã‚“でいるäēēãĢ遭遇したぎは

こぎ時が初めãĻãĒぎですが

å‰˛åˆã€å…ĨãŖたおåē—ãĒおで

į†ąåŋƒãĢæœŦãĢčĻ‹ã„ãŖãĻいるäēēをčĻ‹ã¤ã‘ると

į§ã¯å‹æ‰‹ãĢいいäēēčĒåŽšã—ãĻしぞうとこがありぞす。

 

ã‚ĸãƒĄãƒˆãƒŧãƒŧクでčĒ­æ›¸čŠ¸äēēぎ回が

å‡ēãĻã„ãŸčŠ¸äēēぎ斚がãŋんãĒåĨŊきだãŖたことで

そぎ思いをåŧˇãã—ぞしたね。

 

一įžŦぎį‰‡æ€ã„も、æĨŊしいもぎですよ。

花åĢäŋŽæĨ­ä¸­ãŽæ–šãĢは

気が向いた時だけでも

ã‚Ģフェぎお䞛ãĢ一冊いかがでしょうīŧŸ

おこãĢ、å‡ēäŧšã„ぎį¨ŽãŒãžã‹ã‚ŒãĻいるかは

分からãĒいぎですから。

 

 

ãĄãĒãŋãĢ、そぎ時ぎæœŦã¯ã“ãĄã‚‰ã§ã™ã€‚


f:id:denimm1222:20161228081857j:image

 

こぎæœŦãĢついãĻ、į§ã¨čĒžã‚ŠãŸã„という斚やおį‰‡äģ˜ã‘ぎごį›¸čĢ‡ã¯ã“ãĄã‚‰ãĢ。

simple.38623☆gmail.com

(☆を@ãĢ変えãĻくださいね)