お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

前のめり過ぎたファンだと思われたけど、それもいい

「の~なん!?」

これを聞いてピン!と来た人。
こんにちは。わたしたち、きっとうまくいくと思う。
お友達になってください (ペコリ)


えー、倉敷さらば青春の光というお笑いコンビが来たので行ってきた。

子どもたちがM-1という番組を見て
気に行ったフレーズのひとつが
彼らの “の~なん”だったから。

11時と14時の2回のステージだったが
午前中の回に見て、お昼を近くで済ませ
ゆっくりしようという算段だった。

9時半に現地に着いた。

私は人込みが苦手。
どこかに行くなら、なるべく人の圧から
神経をすり減らさない状況を選びたいと思っている。
ふだん頼みの綱の主人は今日は仕事だ。
マナーや感じの悪い人が目に入らない最前列で見たかった。

そう思って早めに行ったのだが
会場は一時間前から列に並べるようになっていた。
つまり10時。
後30分ある。

待つだけで計1時間半かあ。

結果、他の観覧者が誰もいない現場に一時間半も前から
私は立ち尽くしていたのだった。

こうなると、会場準備をする人に
私は相当のファンに映っただろう。

時々、目があうスタッフの人たちの目が一様に優しい。

手持ち無沙汰な私は質問ボックスなる箱に
質問や子供も好きなんですといった、
応援メッセージを書き込んだり、
文庫本を読んだりして時間が来るのを待った。


いよいよスタート時間。

ゲジャジャジャジャーン、オーオー、オーオーの
M-1の曲にのせて、おふたりは登場した。

生“の~なん“ 頂きました。

漫才とコント。
両方とも面白い。
子どもは途中あきるかもと思っていたが
終始おとなしく笑って見ていたので安心した。


では、今度は質問に答えま~す!
司会の女性が言った。

おおー、さっき書いた質問の事だな。
わたしのも読んでくれるといいなあ。

「では、お二人に選んでいただきましょう
 選ばれた人は色紙がもらえま~す!」

あー、そんなのもあるかぁ、いいねえ。

そう思っていたら、

「はい、森田さん(つっこみ)が選んでくれましたよー
 えーと、ようこさん、檀上のこちらへどうぞ~!!」

ん、ようこ?わたし?

いや、ようこって名前は他にもいっぱいいるはず。
っていうか、どうぞって何?

子どもは私を見ている。

「ようこさん、いませんか!!!!?」

恐る恐る私は手をあげる。

「あー、ようこさん、いたいた!
 どうぞ、上がってきてください!!」

え、上がるの?思てたんと違う。。。
一瞬そう思ったが

「あー、上がるのいやです?
 ちょっと嫌そうですね(笑)」

あわわ、森田さんご本人に気を使わせている。
それを打ち消すように、わたしは急いで檀上に上がった。
嫌ではないよ、断じて違うよ。

完全に私は間違えた。

ようこさんと呼ばれたら、
私が仮に、しょうこさんやゆうこさんでも
大喜びで檀上に駆けて行かなきゃ
失礼ではないか。
何をこのタイミングで
いいオカンが引っ込み思案とか取り出したんだ。


わたしが檀上に上がると、
先ほど記入した質問や
応援メッセージが読み上げられた。

丁寧に答えてくださり
一緒に来た子どもたちのことにも触れてもらい、
色紙を受け取った私は席へと戻った。

次の人の名前が呼ばれても、まだドキドキしていた。

檀上では、次の当選者が色紙に書く名前を聞かれている。
色紙を受け取るその人。

と、そこで、先ほどはなかった光景が展開されていた。

当選者が差し出した手を、今日の主役の二人が握り返す。
そう、握手~!

なんですか、握手って。おさわり有りなの?
えー、私もしたかった。
モノより思い出派ですよ。

私の中の優先順位。
サイン<記念写真<握手

でも、サインもらえただけでもいいかな。
ネタも面白かったんだしね。
うん、楽しかった。



フードコートで食事を終えて帰ろうと思ったら、
外を見ていた次男

「もうみんな並んでるよ、一番前で見れないじゃろ」

と、何やってんだ、お母さんという目で言ってきた。

「え、二回目?
 見るの?ホント?
 それならもう後ろでいいよ」

と、言ったのだが、
弱気になるなという勢いで私の手を引っ張る次男


この日、私たち母子は
2ステージを最前列で観覧した前のめりすぎるファンだった。



f:id:denimm1222:20170109212245j:plain