čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

おį‰‡äģ˜ã‘は最大ぎご䞛養

「äēĄããĒãŖたお母さんぎãƒĸノをį‰‡äģ˜ã‘たい」

Tさぞ(äģŽå)からぎご䞝é ŧは
数嚴前ãĢäēĄããĒãŖたお母様ぎéē品がå…ĨãŖたį´æˆ¸ã‚’
一įˇ’ãĢį‰‡ãĨけãĻãģしいというご䞝é ŧでした。



f:id:denimm1222:20170112194852j:plain




äģĨ前より一äēē暎らしをされãĻいたお母様が
į”Ÿå‰ãĢįĩĩį”ģや書をæĨŊしぞれãĻいたそうで
そぎäŊœå“ãŸãĄãŒį´æˆ¸ã‚’占領したįŠļ態。

f:id:denimm1222:20170112000058p:plain

こぎåŽļãĢäŊã‚€T さぞごå¤ĢåŠĻとお子さん、
į”ŸããĻいるäēēぎためãĢ
こぎ゚ペãƒŧã‚šã‚’äŊŋいたいとäģ°ã‚Š

おんãĒ場所ãĢしたいかという
希望もしãŖかり持ãŖãĻおいででした。

æœŦæĨは思いå‡ēぎ品からおį‰‡äģ˜ã‘ãĢ手をつけると
čĻä¸čĻãŽåˆ¤æ–­ãĢ時間がかかるぎで
初動゚ピãƒŧドが上がらず
į˛žįĨžįš„ãĒæļˆč€—ぎわりãĢ
äŊœæĨ­ãŽé€˛ãŋå…ˇåˆãŒã„ãžã˛ã¨ã¤ãĢãĒるäē‹ãŒå¤šã„。

 “わたし、やãŖãąã‚ŠãŠį‰‡äģ˜ã‘はč‹Ļ手だわ”

こういãŖãŸæ€ã„ã‚’æŠąã‹ã›ã‚‹ãƒĒ゚クがあるぎですが、
TさぞãĢはそれはåŊ“ãĻはぞりぞせんでした。

お母さぞぎį”Ÿå‰ãŽæĨŊã—ã„čŠąã‚’äŧēいãĒがら、äŊœæĨ­ã¯é€˛ãŋ
į´æˆ¸ãŽä¸­ã¯ã€ä¸€æ—ĻįŠēãŖãŊãĢãĒりぞした。


数をįĩžãŖãĻ掋すもぎをæąēめられたTさぞ。
掋すとæąēめたお母様ぎäŊœå“ãŸãĄã‚’įŊŽãå ´æ‰€ã¯
もうį´æˆ¸ã§ã¯ã‚りぞせん。

f:id:denimm1222:20170112011817j:plain


こぎåŽļぎįŽ„é–ĸ、一į•Ēį›ŽįĢ‹ã¤æ˜Žã‚‹ã„場所ãĢ
Tさぞはお母様ぎäŊœå“ã‚’éŖžã‚‹ã“とãĢãĒさいぞした。

å­Ŗį¯€ã”とãĢéŖžã‚‹äŊœå“ã¯å¤‰ãˆãĻいき
娘さんごå¤ĢåŠĻぎ暎らしぎ中ãĢåą…å ´æ‰€ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ぞした。

Tさぞは、į´æˆ¸ãĢあãŖた多くぎお母様ぎäŊœå“ã‚’手攞しぞした。
でも、おį‰‡äģ˜ã‘前よりもお母様をčŋ‘くãĢ感じるとäģ°ãŖãŸã“ã¨ãŒå°čąĄįš„でした。



所有しãĻいることãĢ多くぎ意å‘ŗはãĒいようãĢ思いぞす。
思いå‡ēã‚’čƒ¸ãĢ、äģŠã‚’į”Ÿãã‚‹äēēãŸãĄãŒåŋƒåœ°ã‚ˆãæšŽã‚‰ã™ã“とが
一į•Ē大äē‹ãĒことではãĒいでしょうか。


思いå‡ēぎ品々
ã˛ã¨ã‚Šã§ã¯ã€ã¨ãĻも手をäģ˜ã‘られそうãĢãĒい。
もし、そう思われたãĒã‚‰ã€ãœã˛ã”é€ŖįĩĄãã ã•ã„ね。

äģŠãĒら、キãƒŖãƒŗペãƒŧãƒŗ中です。

denimm1222.hateblo.jp