🌸整収道のお片付け🌸

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザー嘉陽洋子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

反抗期ど真ん中の彼の瞳に映る母は

先日、長男とふたりで、自転車で出かける用事があった。

ふたり、と今書いたが、反抗期ど真ん中の長男は

朝から母との自転車デート(母認識)を誰かに見られまいと

私より、かなり後ろからついてきている。

車や人影のない早朝の狭い路地裏を、

わたしは時々後ろを振り返りながら、ペダルを踏む。


f:id:denimm1222:20170114105556j:image

 

予定していた時間より、少し家をでるのが遅くなった。

ところが、行く信号、行く信号、全部ひっかかる。

その度に、待つ。

風が少し出てきて、自転車の進みが遅くなってきた。

喧騒のない裏路地の交差点はまたもや赤信号だ。

 

左右を、目視する。

私は赤信号を自転車で渡り、先を急ぐ。

 

行った先の用事を済ませ、長男と自宅に戻る。

お昼ご飯を作っていると、長男がキッチンに入ってきて、牛乳パックを手に、

 

「お母さんでも、赤信号で行くんじゃなあ」

 

と、私に言ったのか、ひとりごとのようにも聞こえるトーンで呟いた。

その時、なんと私は言葉を返したのか忘れた。

ただ、長男が、母親である私をそう捉えていたのだなあと思って、妙に印象に残っている。

 

私は彼に対して、口うるさい母親であろうことは自覚がある。

また、私なりに彼に愛情を注いできた自負もある。

 

渡す側の意図と、受け取る側の印象がいつも一緒とは限らない。

親と子の関係性では特にそれが顕著だろう。

 

生真面目だが

いい加減な所もいっぱいで、親しい人には甘えっぱなし。

 

そんな私を、子どもにも晒してきたつもりだった。

 

けれど

人影も車もない早朝の路地裏の赤信号を

母が渡ったことが意外だったと漏らす息子。

 

規範意識が高いと思われた母に彼は失望したのか

それとも

誰しもいい加減な所があるんだと、

彼は人というものを

少し俯瞰で捉えることができるようになった現れだったのか

 

息子の一言を思いながら、

少し丈の短くなった彼のジーンズを

夕暮れの中、私は畳む。