čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

反抗期おįœŸã‚“中ぎåŊŧぎįžŗãĢ映る母は

先æ—Ĩã€é•ˇį”ˇã¨ãĩたりで、č‡ĒčģĸčģŠã§å‡ēかけるį”¨äē‹ãŒã‚ãŖた。

ãĩたり、とäģŠæ›¸ã„たが、反抗期おįœŸã‚“ä¸­ãŽé•ˇį”ˇã¯

朝から母とぎč‡ĒčģĸčģŠãƒ‡ãƒŧト(母čĒč­˜)をčĒ°ã‹ãĢčĻ‹ã‚‰ã‚Œãžã„と

į§ã‚ˆã‚Šã€ã‹ãĒり垌ろからついãĻきãĻいる。

čģŠã‚„äēēåŊąãŽãĒい旊朝ぎį‹­ã„čˇ¯åœ°čŖã‚’、

わたしは時々垌ろを振りčŋ”ã‚ŠãĒがら、ペダãƒĢã‚’č¸ã‚€ã€‚


f:id:denimm1222:20170114105556j:image

 

äēˆåŽšã—ãĻいた時間より、少しåŽļをでるぎが遅くãĒãŖた。

ã¨ã“ã‚ãŒã€čĄŒãäŋĄåˇã€čĄŒãäŋĄåˇã€å…¨éƒ¨ã˛ãŖかかる。

そぎåēĻãĢ、垅つ。

éĸ¨ãŒå°‘しå‡ēãĻきãĻ、č‡ĒčģĸčģŠãŽé€˛ãŋが遅くãĒãŖãĻきた。

喧騒ぎãĒいčŖčˇ¯åœ°ãŽäē¤åˇŽį‚šã¯ãžãŸã‚‚ã‚„čĩ¤äŋĄåˇã ã€‚

 

åˇĻåŗを、į›ŽčĻ–する。

į§ã¯čĩ¤äŋĄåˇã‚’č‡ĒčģĸčģŠã§æ¸Ąã‚Šã€å…ˆã‚’æ€Ĩぐ。

 

行ãŖた先ぎį”¨äē‹ã‚’æ¸ˆãžã›ã€é•ˇį”ˇã¨č‡Ē厅ãĢæˆģる。

おæ˜ŧごéŖ¯ã‚’äŊœãŖãĻã„ã‚‹ã¨ã€é•ˇį”ˇãŒã‚­ãƒƒãƒãƒŗãĢå…ĨãŖãĻきãĻ、į‰›äšŗパックを手ãĢ、

 

「お母さんでも、čĩ¤äŋĄåˇã§čĄŒãã‚“じゃãĒあ」

 

と、į§ãĢ言ãŖãŸãŽã‹ã€ã˛ã¨ã‚Šã”ã¨ãŽã‚ˆã†ãĢã‚‚čžã“ãˆã‚‹ãƒˆãƒŧãƒŗで呟いた。

そぎ時、ãĒんとį§ã¯č¨€č‘‰ã‚’čŋ”したぎかåŋ˜ã‚ŒãŸã€‚

ãŸã ã€é•ˇį”ˇãŒã€æ¯čĻĒであるį§ã‚’そう捉えãĻいたぎだãĒあと思ãŖãĻ、åĻ™ãĢå°čąĄãĢ掋ãŖãĻいる。

 

į§ã¯åŊŧãĢ寞しãĻ、åŖうるさい母čĻĒであろうことはč‡ĒčĻšãŒã‚る。

ぞた、į§ãĒりãĢåŊŧãĢ愛情をæŗ¨ã„できたč‡Ēč˛ ã‚‚ã‚ã‚‹ã€‚

 

æ¸Ąã™å´ãŽæ„å›ŗã¨ã€å—ã‘å–ã‚‹å´ãŽå°čąĄãŒã„ã¤ã‚‚ä¸€įˇ’とは限らãĒい。

čĻĒと子ぎé–ĸäŋ‚性ではį‰šãĢãã‚ŒãŒéĄ•č‘—ã ã‚ã†ã€‚

 

į”ŸįœŸéĸį›Žã ãŒ

いい加減ãĒ所もいãŖãąã„ã§ã€čĻĒしいäēēãĢはį”˜ãˆãŖãąãĒし。

 

そんãĒį§ã‚’、子おもãĢも晒しãĻきたつもりだãŖた。

 

けれお

äēēåŊąã‚‚čģŠã‚‚ãĒã„æ—ŠæœãŽčˇ¯åœ°čŖãŽčĩ¤äŋĄåˇã‚’

æ¯ãŒæ¸ĄãŖたことが意外だãŖたとæŧã‚‰ã™æ¯å­ã€‚

 

čĻį¯„æ„č­˜ãŒéĢ˜ã„と思われた母ãĢåŊŧã¯å¤ąæœ›ã—ãŸãŽã‹

それとも

čĒ°ã—もいい加減ãĒ所があるんだと、

åŊŧはäēēというもぎを

少しäŋ¯įž°ã§æ‰ãˆã‚‹ã“とができるようãĢãĒãŖたįžã‚Œã ãŖたぎか

 

æ¯å­ãŽä¸€č¨€ã‚’æ€ã„ãĒがら、

少し丈ぎįŸ­ããĒãŖたåŊŧぎジãƒŧãƒŗã‚ēを

夕暎れぎ中、į§ã¯į•ŗむ。