čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

į™ŊåŖãŽį”ēでデãƒŧト

先æ—Ĩ

å­Ļį”Ÿæ™‚äģŖぎ友äēēと

į™ŊåŖãŽį”ēとしãĻįŸĨã‚‰ã‚Œã‚‹å€‰æ•ˇã§

デãƒŧトしãĻきぞした。

 

晎通ãĢåĨŗ友達とごéŖ¯ã‚’éŖŸãšãĢ行ãŖãĻきたãŖãĻことを

“デãƒŧト” ãŖãĻ言ãŖãĄã‚ƒã†ã“ãŽæ„Ÿã˜ã€ãŠã†īŧŸ

 

おうīŧŸãŖãĻ、įŸĨらんがãĒ

ãŖãĻ、思いãĒがらも

č‹ĻįŦ‘いでį”Ÿæš–かく、čĒ­ãŋé€˛ã‚ãĻくれãĻいる、あãĒた。

 

「大åĨŊきです」

 

もうね、å„Ēしいäēēはæ­ŖįžŠã ã­ã€‚

 

 

さãĻ、さãĻ、

デãƒŧãƒˆãŽå ´æ‰€ã¯ã“ãĄã‚‰ã€‚

 

「木åēĩ」

f:id:denimm1222:20170209103824j:plain


å€‰æ•ˇįžŽčĻŗ地åŒēãĢãģおčŋ‘い一į”ģãĢ

į¯‰īŧ˜īŧåš´ãŽå•†åŽļとč”ĩを攚į¯‰ã—ãŸã“ãĄã‚‰ãŽãŠåē—

 

ナãƒŗチは和éŖŸã€æ´‹éŖŸã¨é¸ãšãžã™ã€‚


f:id:denimm1222:20170209104003j:plain


f:id:denimm1222:20170209104137j:plain


 

éŖŸåžŒãŽãƒ‡ã‚ļãƒŧトは、写įœŸã‚’æ’Žã‚Šåŋ˜ã‚Œãžã—たが

ã‚ąãƒŧキとフãƒĢãƒŧツぎį››ã‚Šåˆã‚ã›ãƒ‡ã‚ļãƒŧトでした。

 

į›ŽãĢã‚‚čˆŒãĢも、įžŽå‘ŗしいéŖŸäē‹ã€‚

å„Ēã—ãčĄæ˜ŽãĒäēēとぎ、つきãĒいお喋り。

こころぞで栄養でæē€ãŸã•ã‚Œãžã™ã­ã€‚

 

新しいå‡ēäŧšã„ãĢは

äģŠãžã§ãĢ垗られãĒかãŖたåˆēæŋ€ã‚„į™ēčĻ‹ãŒã‚ãŖãĻ

とãĻもæĨŊしいもぎ。

 

ぞた

å¤ãã‹ã‚‰é•ˇãį§ã‚’įŸĨãŖãĻくれãĻいるäēēとぎ時間ãĢも

とãĻã‚‚äžĄå€¤ã‚’æ„Ÿã˜ãžã™ã€‚

あうんぎå‘ŧ吸だãŖたり

æ˛ˆéģ™ãŒæ€–くãĒかãŖたり

äŊ•ã‚’言ãŖãĻã‚‚č¨ąã•ã‚Œã‚‹ã¨ã„ã†åŽ‰åŋƒæ„Ÿã¯

一朝一夕では垗られãĒいもぎ。

 

ãŠãĄã‚‰ãŽæ™‚é–“ã‚‚

わたしãĢは大切ãĒもぎ。

 

čĒ°ã‹ãĢとãŖãĻ

わたしもそんãĒæ™‚é–“ãŒæ‰‹æ¸Ąã›ã‚‹å­˜åœ¨ãĢãĒれたら

うれしいãĒあと思いぞす。

 

 
f:id:denimm1222:20170209100102j:image