お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

焦げ付きなんてこわくないの、ステンレスフライパンはやればできる子

我が家の暮らしの道具をひとつご紹介します。

26センチのステンレスフライパンです。

(ラゴスティーナ)

 

ステンレスのフライパンを使っていると言うと

 

「焦げ付かないの?」

「引っ付かないの?」

 

と、よく聞かれます。

 

答えは、全く焦げ付きません。

こんな物言いは

ステンレス協会(そんなのあるのかな?)からの

回し者のようですが

本当に引っ付きません。

 

ただ、コツはいくつかあります。

 

・適切な加熱

  中火弱(IHなら火力4で5分)で、

  濡らした手でフライパン上に水を散らすと

  3ミリぐらいの玉状の水が転がるぐらい

 

・油をなじませる

  フライパンに油を広げたら1分待つ

 

・素材(肉や魚)をすぐに触らない

  裏返そうと焦って素材を触らない

  素材から油が出るのを待てば引っ付かない

 

ひとり暮らしを始めた時からすると

20年ほどテフロン加工のフライパンを使い続けた私が

もう2度とテフロンさんには戻らない

ステンレスくんだけを愛すると決めた理由を

今から熱っ苦しく語ります。

離脱する自由は読む人にありますよ。

 

ステンレスで焼くと美味しいんです。

シンプルすぎる理由ですが

食べるためのお道具なので

まずは舌を唸らせてくれなきゃ始まらないですよね。

 

その点、ステンレスくんは優秀。

初めて彼で焼いたポークソテーを

食卓に出した時、

主人は、今日いいお肉にしたの?と

ブランド肉でも手に入れたのかと言い出しました。

 

また、お手入れも簡単です。

テフロンを洗う時って

コーティングを傷つけるんじゃないかって

少し気を使いますよね。

その点、ステンレスくんは強靭なボデイの持ち主。

たとえ焦げ付いたとしても

ゴシゴシ洗えます。

 

コーティングがないので

高温で熱しても有毒なガスを

発生させることもないですし

調理した食材に

少しづつコーティング物質が

入り込むリスクがないのです。

 

テフロンのコーティング剤の安全性については

問題視する機関もあれば

全く安全だという見方をする所もあります。

 

ただ、安全だと主張する機関の多くが

テフロンの製造元やメーカーなど

作り手からのものだということは

気になるところではあります。

 

そもそもフライパンって毎日使いますよね。

毎日、目で見て

毎日、触る。

オールステンレスのシルバー一色って

やっぱりイケメンなのです。

ルックスのいいできる子って

使うこちらの気持ちを上げてくれます。

お手入れもしがいがあるんですよね。

 

オススメをためらうとしたら

テフロンに比べて高価なこと。

そして、重いことです。


高価なことは、

長い目で見ていただくしかない。

高価ではありますが、一生使えます。

ラゴスティーナは保証だけでも25年です。

我が家の場合なら10年目ぐらいで

買い換えを続けるテフロンの

損益分岐点を超えていきます。

 

重いことはどうしようもない。

重さのデメリットと他のメリットを

文字通り、計りにかけて頂くしかない。

(奇跡的にうまいこと言えた?)

 

重さも含めて

もし、これを読んで

ステンレスに興味を持たれても

ネットでいきなり購入などはしないで

ぜひ、目で見て

実物に触れて

あなたの暮らしのおともになるか

考えてくださいね。

 

たまに、ステンレス製と表記があっても

ニッケルを多く含んだ粗悪品も紛れています。

それは磁石が引っ付きませんので

判断材料のひとつにして頂ければ。

 

いずれにしても

誰かの最適が

あなたの最適ではないかもしれません。

 

毎日使うモノは

ただなんとなく使うモノより

あなたが選んだお気に入りの一品を使うと

暮らしの満足度を上げてくれます。

 

 

テレビでブルゾンちえみさんが言ってました。

『恋愛はモテじゃなくてマッチング』

 

これって、モノにも言えると思います。

 

f:id:denimm1222:20170216235926j:image