čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

キナキナåĨŗ子ぎåŊąã§éœ‡ãˆãĻいるあãĒたへ

 

äģĨå‰ã€ãƒ¯ã‚¤ãƒ‰ã‚ˇãƒ§ãƒŧかäŊ•ã‹ã§

“į”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ãŖãĻもäģŠãŽäŧ´äžļとå¤ĢåŠĻãĢãĒりたいか”

というテãƒŧマを取り上げãĻいた。

 

傍でčĻ‹ãĻいたä¸ģäēēが

 

「į”Ÿãžã‚Œå¤‰ã‚ãŖãĻも僕は

ã€€æ´‹ãĄã‚ƒã‚“ã¨įĩåŠšã—たいわ」

 

ã¨ã€č¨€ãŖãĻいた。

 

ãĒかãĒか可愛らしいことを

č¨€ã†ã§ã¯ãĒいか。

į§ã¯æ°—ã‚’č‰¯ãã—ãŸã€‚

äģŠå¤œãŽãŠã‹ãšã‚’一品ぐらいは

åĸ—やしãĻもいいãĒと思う。

 

 
f:id:denimm1222:20170303153954j:image

 

そんãĒį§ã¯æ˜”から地å‘ŗãĒåĨŗだãŖた。

 

あぎåŊ“時ぎįŠē気感は

わたしãĢは凄ぞじいもぎがあãŖた。


大å­Ļį”ŸãŽæ™‚ãĢ初めãĻ参加したéŖ˛ãŋäŧšãŽå¸­ã§

お酒ぎéŖ˛ã‚ãĒいį§ã¯

æ…ŖれãĒã„ã‚¤ã‚ąã‚¤ã‚ąãŽãƒŽãƒĒãĢついãĻいけず

隅ãŖã“ãŽå¸­ã§ã˛ãŸã™ã‚‰æ™‚é–“ãŒéŽãŽã‚‹ãŽã‚’

åž…ãŖãĻいるようãĒåĨŗ子だãŖた。


震えたよねīŊžã€‚

äŧšã„たいぎãĢ、äŧšãˆãĒいčĨŋ野かãĒバãƒĒãĢ

震えたぎ。

 

ぞãƒŧ、いぞだãĢ内向įš„で

“きらきらåĨŗ子” とは寞æĨĩãĒįĢ‹ãĄäŊįŊŽã§

į”Ÿæ¯ã—ãĻいるが、į§ã¯åš¸ã›ã§ã‚る。

 

地å‘ŗでも内向įš„でも

嚸せãĢãĒる道はある。

もãĻはやされるキナキナåĨŗ子ぎåŊąã§

震えãĻいる我が同åŋ—よ。

厉åŋƒã—ãĻãģしい。

 

かつãĻ、

“éŖ˛ã‚ãĒいぎãĢãĒんでäģŠæ—ĨここæĨたんīŧŸâ€

とį”ˇãŽå­ãĢč¨€ã‚ã‚ŒãĻ

č¨€č‘‰ã‚‚čŋ”せず

震えることしかできãĒかãŖたåĨŗ子は、

数十嚴垌

åŽļ族ãĢ大äē‹ãĢしãĻもらい

å„Ēしい友äēēãĢæĩぞれãĻ

æĨŊしく暎らしãĻいる。

 

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€äēēや取りåˇģくį’°åĸƒã¯

ãĒãĢã˛ã¨ã¤æ°¸é ã‚’į´„束しãĻはくれãĒい。

 

けれお

ã˛ã¨ã¤ã˛ã¨ã¤æ¯Žæ—Ĩを丁寧ãĢį´Ąã„でいくこと

čĒ åŽŸã§ã‚ろうとすること

 

æœĒæĨがæœĒįĸē厚ぎもぎである限り

į§ãŸãĄãĢできることは

それくらいしか掋されãĻいãĒいぎではãĒいか。

 

äģĨ前よりも、゚マホやSNSãĒおから

į°Ąå˜ãĢæƒ…å ąãŒå–ã‚Œã‚„ã™ããĒãŖた分

į§ãŸãĄã¯æƒ…å ąãĢåŋƒãŒæƒ‘わせられるį’°åĸƒãĢいる。

 

だからこそ

おういう“わたし”でいたいか

おんãĒįŠļ態が一į•Ēåŋƒåœ°ã„いぎか

č‡Ē分ãĢ「問い」を持つことは大äē‹ãĒこと。


いやでもãƒĸノと向き合わせるおį‰‡äģ˜ã‘は

大きく捉えおころがãĒいかãĢ思える「問い」を

「おれがいいかãĒīŊžã€ã¨

“選ãļâ€ã€€ã¨ã„ã†čĄŒį‚ēãĢしãĻ

å•éĄŒã‚’å°ã•ãæ‰ąã„ã‚„ã™ã„ã‚‚ãŽãĢしãĻくれるツãƒŧãƒĢだと思う。



もう、震えãĒいよ。