čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

å‡ēį™ēį‚šã¯ã€äēēはäēēをį†č§ŖできãĒいというå‡Ļから

「äēēぎåŋƒã¯ãŠã“ぞでわかるか」

臨åēŠåŋƒį†å­Ļč€…ã€€æ˛ŗ合éšŧ雄氏ぎ書いたæœŦを

数嚴前ãĢčĒ­ã‚“だことがある。

 

冒頭、

äēēぎåŋƒã¯åˆ†ã‹ã‚‰ãĒいもぎだということを

よく分かãŖãĻいるぎがåŋƒãŽå°‚é–€åŽļである、

ということが書かれãĻあãŖãĻ

čĒ­ã‚“でãŋたいという気ãĢãĒãŖた。

 

分からãĒいからįŸĨろうとしãĒいå§ŋå‹ĸではãĒく

専門åŽļとしãĻ分かろうと

寄りæˇģãŖãĻいくčĻšæ‚ŸãŒæ„Ÿã˜ã‚‰ã‚ŒãĻ

čĒ­åžŒæ„ŸãŽåŋƒåœ°ã„いæœŦだãŖた。

 

とかく、åŋƒã€ã„わゆるį˛žįĨžä¸–į•ŒãĢついãĻ

書かれãĻいるもぎぎ中ãĢは

åŊĸãĒいもぎをčĒŦæ˜ŽčĄ¨įžã—ようとするあぞり

č¨€č‘‰ãŽåŠ›ãĢé ŧりすぎãĻ、įĩæžœ

č¨€č‘‰ã‚’åŧ„ã‚“ã§ã„ã‚‹å°čąĄã‚’å—ã‘ã‚‹ã‚‚ãŽãĢ

å‡ēäŧšã†ã“とがある。

 

čĒ­ã‚“だ垌はéŖŸå‚ˇãŽãŋぎč„ŗ内を持ãĻäŊ™ã—

けれお、分かãŖたéĸ¨ã‚’čŖ…わãĒければãĒらãĒいようãĒ

ã“ãĄã‚‰ãŽį†č§Ŗ力がãĒã„ãŽã ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるようãĒ

į„Ąé§„ãĢæļˆč€—ã‚’čĻšãˆã‚‹ã€ã‚ぎ感čĻšãŒãĒい。

 

それは、æ˛ŗ合先į”ŸãŒã‚くぞでも

įžå ´ã§å‹•ãã€æ„Ÿã˜ãŸã“とを

書かれãĻいるからだと思う。

 

čĻŗåŋĩはčĻŗåŋĩであるだけで

そこãĢčĒŦ垗力はãĒい。

 

ã”čˆˆå‘ŗぎある斚ãĢはお勧めしたいæœŦだ。

 

 

時々、į§ãŸãĄå¤ĢåŠĻはäģ˛č‰¯ã—だねと

äēēã‹ã‚‰č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã€‚

それでも

į§ãŒä¸ģäēēぎすずãĻをį†č§ŖすることãĒお

äģŠã‚‚こぎ先も到åē•ã§ããĒいぎだろう。


f:id:denimm1222:20170228233902j:image

 

äēēãŽæ°—æŒãĄã¯ã‚ã‹ã‚‰ãĒいもぎ。

 

そう思うからこそ

æ°—æŒãĄãŒé€šã˜ãŸã¨æ€ãˆãŸæ™‚

そぎ時が尊いもぎãĢ思える。