čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

月į¯ã‚ŠãĢčĻ‹åŽˆã‚‰ã‚ŒãĻ

「夜æŗŖãã™ã‚‹ãŠå‰ã‚’æŠąã‘ã°į§ã—かいãĒいんだよと月ãĢč¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã€

 

これは 

 äŋĩ万æ™ēč‘—ã€€ãã ãĄãƒŽãƒŧト ぎ中ãĢå‡ēãĻæĨるįŸ­æ­ŒãŽä¸€åĨ。

 

ãã ãĄãƒŽãƒŧト

ãã ãĄãƒŽãƒŧト

 

 

先æ—Ĩ、æœŦåą‹ã•ã‚“ã§ãŸãžãŸãžæ‰‹ãĢ取ãŖたæœŦãĢ

å‡ēãĻいたįŸ­æ­ŒãĢį›Žã‚’æ­ĸめãĻいた。

 

あãƒŧ、こんãĒ時あãŖたãĒあと。

 

æŗŖきæ­ĸぞãĒã„æˆ‘ãŒå­ã‚’æŠąã

įĢ‹ãĄæ­ŠããĢはもうį–˛ã‚Œã™ãŽãĻ

ã‚Ŋãƒ•ã‚ĄãĢæˇąãčēĢäŊ“ã‚’æ˛ˆã‚ã‚‹ã€‚

 

そんãĒ時、įĒ“からはよく月がčĻ‹ãˆãŸã€‚

 

ã‚ĸロマナãƒŗプだけぎį…§æ˜ŽãŽä¸­ã§

 æŗŖきæ­ĸぞãĒい我が子ぎé Ŧが

月明りãĢį…§ã‚‰ã•ã‚Œã€į™Ŋくčŧã„ãĻいるãĒあ。

 

おうしãĻいいか分からず

į§ã¯ãŧんやりそんãĒã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĒがら

å­ãŠã‚‚ã‚’æŠąã„ãĻã€ãžãŸéƒ¨åą‹ä¸­ã‚’

ã‚Ļロã‚Ļロ歊きぞわる。

æœ€åžŒã¯ã€ãŠč…šãŽä¸Šã§æŠąã„ãŸãžãž

į§ã‚‚ã‚Ŋãƒ•ã‚Ąã§å¯čŊãĄã—ãĻいたぎだãŖた。

 

äģŠãĒら分かる。

äšŗåšŧ児ぎころぎ悊ãŋは一時ぎもぎ。

一嚴垌も全く同じ悊ãŋがあることぎ斚が少ãĒい。

 

もうじきそぎ子は、æˇģいäšŗīŧ‘īŧåˆ†ã§

寝ãĻくれるようãĢãĒる。

あãĒたも、そぎぞぞ寝られるようãĢãĒるよ

あぎ頃ぎわたしãĢ言ãŖãĻあげたい。

 

æ¸Ļ中ãĢいる時は分からãĒい。

毎æ—Ĩ、åŦ‰ã—いį™ēčĻ‹ãŒã‚る反éĸ

不厉やįœ ã‚ŒãĒã„čž›ã•ã‹ã‚‰

čŋ‘いæœĒæĨãĢį§ãŽã“ころは

į›Žã‚’向けãĻあげられãĒかãŖた。

 

 

ã˛ã¨ã¤ãŽįŸ­æ­ŒãĢ

ã‚ãŽé ƒãŽæ°—æŒãĄã‚’

ä¸æ„æ‰“ãĄãĢåŧ•ãŖåŧĩりå‡ēされãĻ

æœŦåą‹ã§æ€ã‚ãšæŗŖきそうãĢãĒãŖた。

 

一į”ŸãŽä¸­ã§

あれãģお、čĒ°ã‹ãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹æ™‚ãŖãĻãĒいだろう。

わたしじゃãĒãã‚ƒãƒ€ãƒĄã ã¨

全čēĢã§č¨´ãˆã‹ã‘ãĻくる圧倒įš„ãĒ存在。

 

 

小さãĒå­ãŠã‚‚ã‚’æŠąãã€åŒã˜ãƒžãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗぎäēēから

䚗り合わせたエãƒŦベãƒŧã‚ŋãƒŧで

「いつも夜、うるさくãĻすいぞせん」

と、čŦã‚‰ã‚ŒãŸã€‚

「いえいえ、ぜんぜん大丈å¤Ģです」

 

数į§’ぎことで、

そぎ時ぎč‹Ĩいお母さんãĢは

å…¨ãæ°—ãŽåŠšã„ãŸč¨€č‘‰ãŒčŋ”せãĒかãŖたけれお

 

子おもぎæŗŖきåŖ°ã¯

äģŠãŽã‚ãŸã—ãĢは不åŋĢãĒもぎではãĒく

とãĻもåŋƒåœ°ã„いéŸŗãĒぎだと

äģŠåēĻおäŧšã„した時ãĢはäŧãˆãŸã„と思う。