čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

おįŦ‘いčĻ‹ã‚‹ãĒら、やãŖãąã‚ŠãƒŠã‚¤ãƒ–

æŧĢ才ナイブをčĻ‹ãĢ大é˜ĒãĒã‚“ã°ã¸čĄŒãŖãĻきぞしたよ。
ナイブ前ãĢ、初めãĻぎ「新世į•Œã€ã§éŖŸã„倒れ。

ãŠã§ã‚“åą‹ã•ã‚“
串ã‚Ģãƒ„åą‹ã•ã‚“
おå¯ŋå¸åą‹ã•ã‚“

éŖŸã„しん坊ãĒ中嚴ãĩたり。
éŖŸãšãĻばãŖかり、æĨŊしいãĒぁ。

f:id:denimm1222:20170316075756j:plain

そんãĒこんãĒで
æŧĢ才ナイブ開æŧ”!!

初めãĻčĻ‹ã‚‹æŧĢ才ã‚ŗãƒŗビもいぞしたが、
ãŋんãĒéĸį™Ŋい。

éšŖりãĢåē§ãŖたおč‹ĨいäēēãŒâ€œã‚˛ãƒŠâ€ã€€ãŽäēēで
čļŗバã‚ŋバã‚ŋさせãĻįŦ‘ãŖãĻたから
中嚴ãĩたりも厉åŋƒã—ãĻ
“ã‚ĸホぎéĢ˜įŦ‘い” しãĻきぞした。

もう嚸せすぎるīŊž

ãŖãĻ、劇場å‡ēたら、ã‚ĸキナãŖãĻã‚ŗãƒŗビぎäēē、
“和į‰›ãŽæ°´į”°ã•ã‚“â€ã€€ãŒãƒ•ã‚Ąãƒŗã‚ĩãƒŧビ゚ぎ
写įœŸæ’ŽåŊąã‚’しãĻいるではありぞせんか。

ä¸Ļんだよね。
č‹ĨいピチピチぎおåŦĸさんãĢæˇˇã˜ãŖãĻ。
ä¸ĻんだīŊžã€‚

大äēēãĒåĨŗ感ã‚ŧロ。

いやãƒŧ、もうね、䚙åĨŗå‡ēãĻããĄã‚ƒãŖたね。
ドキドキ感もãĻäŊ™ã—た。

æĨずかしくãĻæ°´į”°ãã‚“ãŽéĄ”ã•ãˆ
ãĄã‚ƒã‚“ã¨čĻ‹ã‚ŒãĒいぎ。
もう、ãĒんãĻいうかâ€Ļæ°—æŒãĄãŽãƒ¯ãƒĢい、
ごめんãĒさいですよ、はい。



ãŖãĻã€čŠąã‚’æ˜¨å¤œãŽčˆˆåĨŽå†ˇã‚ã‚„らãŦぞぞ
思いぎ丈を、我がåŽļぎä¸ģäēēãĢčŠąã—ãŸã‚‰
喜怒哀æĨŊぎおれでもãĒã„éĄ”ã§
ã“ãĄã‚‰ã‚’čĻ‹ãĻいぞした。

â€Ĩâ€Ĩ

äģŠåēĻは一įˇ’ãĢčĄŒã“ã†ã­!!