čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

į‰‡ãĨけでå‡ēæĨるママīŧ“å‰˛åĸ—しをį‹™ã†â€Ļã†ã˛ã‚ƒã˛ã‚ƒ

äģŠæ—Ĩ、担äģģぎ先į”ŸãŒæˆ‘がåŽļãĢおčļŠã—ãĢãĒり
これで我がåŽļぎ子おもãĩたりぎ
åŽļåē­č¨Ē問がįĩ‚わりぞした。

前æ—Ĩ、īŧ°īŧ´īŧĄãŽäŧšč­°ãŒã‚り、
それãĢ参加したぎですが
ãŋんãĒåŽļåē­č¨Ē問ぎäē‹ã‚’
ãŸã‚æ¯æˇˇã˜ã‚ŠãĢåŖããĄãĢčŠąã—ãžã™ã€‚

やãŖとįĩ‚わãŖたとか
これから帰ãŖãĻ掃除しãĒããĄã‚ƒã¨ã‹

äģĨ前ぎわたしもそうでした。
こぎ時期大変よねãƒŧãŖãĻ

もうåŖč§’ã‚ã‚éŖ›ã°ã—ãĻいたと思う。



一åēĻį‰‡ãĨけきるとæĨŊãĒぎは
ã‚‚ã†ã€č¨€ã‚ãšã‚‚ãŒãĒ。

äģŠå›žãŽåŽļåē­č¨Ē問ぎためãĢ
į‰‡ãĨけãĢäŊŋãŖた時間はīŧ‘īŧ•åˆ†ã€‚

掃除ãĢäŊŋãŖた時間はīŧ”īŧ•åˆ†
45分ぎ内
キッチãƒŗぎæĩã—ã‚„
åŖãĢäģ˜ã„た小さãĒæąšã‚ŒãĢ
ãģとんおぎ時間をč˛ģやしぞした。
気ãĢãĒãŖたら、æ­ĸぞらãĒくãĒãŖãĻ、ついâ€Ļ

おこぎ先į”ŸãŒ
æ•™ãˆå­ãŽč›‡åŖぎピã‚ĢãƒĒ、気ãĢãĒるぎīŧŸ

č„ŗ内ぎ全わたしがつãŖこんでぞした。


åŽļåē­č¨Ē問はドナマãĢå‡ēãĻくる小姑ぎようãĢ
いかãĢį‰‡äģ˜ã„ãĻいるか、
æŽƒé™¤ãŒčĄŒãåąŠã„ãĻいるかを
čĻ‹ãĢいらしãĻいるわけではありぞせん。

けれお、母čĻĒã‚‚č¤’ã‚ã‚‰ã‚Œã‚Œã°ã†ã‚Œã—ã„ãŽã§ã™ã€‚

「ここでéŖ˛ã‚€ãƒ“ãƒŧãƒĢはįžŽå‘ŗしそうですね」
「成į¸žãŒä¸‹ãŒãŖたらå­Ļæ ĄãŽã›ã„ã§ã™ã­ã€
「こんãĒãĢį‰‡äģ˜ã„たåŽļãĒいですよ」

とかねâ€Ļ

とんでもãĒいことです。
ãĒんãĻ、すぞしãĻį­”えãĻいãĻも
キãƒŖãƒŧ(♡)ãĒぎですよ、
こãŖそりと。



ãƒĒã‚ĸãƒĢãĢおäģ˜ãåˆã„があるお友達ãĢは
とãŖくãĢバãƒŦãĻいることですがâ€Ļ

わたしはäēēä¸ĻãŋãĢできること、
垗意ãĒことも少しはありぞす。
そうäŋĄã˜ã‚‹ã‹ã‚‰ã“そ、
おį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧãŽč‚Šæ›¸ãã‚’åäš—ã‚Šãžã™ã€‚

けれお

できãĒいことはįĩļ望įš„ãĢå‡ēæĨãĒいぎです。

ãƒŦãƒŧダãƒŧチãƒŖãƒŧトでしたãŖけīŧŸ
čƒŊåŠ›ã‚’čĄ¨ã™å…­č§’åŊĸãŋたいãĒ、ありぞすよねīŧŸ

ã‚ã‚Œã§ã€čĄ¨ã™ã¨
そこそこæ­Ē(いãŗつ)ãĒåŊĸãĢãĒると思いぞす。

そんãĒ母čĻĒぎわたしでも
åŽļがį‰‡äģ˜ã„ãĻいる。
たãŖたそれだけぎことが
å°čąĄã‚’ã‚ˆãã—ãĻくれるぎです。

äēēは成į†Ÿã™ã‚‹é€”中ですから
ãĄã‚‡ãŖã¨ã—ãŸčĄŒãé•ã„ã‚„č¨€č‘‰ãŽã‚ĸヤが
é–ĸäŋ‚性ãĢįļģãŗをäŊœã‚‹ã“とがありぞす。

でも、č‡Ē分ぎことをよく思ãŖãĻくれるį›¸æ‰‹ãĢ
äēēはåŊ“たりが柔らかくãĒるもぎですね。
そこãĢ不感į—‡ã§ã¯ã„られãĒい。

そうすると
į›¸æ‰‹ã‚‚įŦ‘éĄ”ã§čŋ”したくãĒる。

垎įŦ‘ãŋぎäē¤æ›ãŒã‚るぎです。

äģŽãĢ垌々、先į”Ÿã¨äē†čĻ‹ãŒé•ã†ã“とがあãŖãĻも
それは、そぎ時ãĢč€ƒãˆã‚Œã°ã„ã„ã¨æ€ãŖãĻいぞす。


ともあれ、新å­ĻæœŸæœ€åˆãŽčĄŒäē‹ãŒįĩ‚わãŖãĻ
やãŖã¨ã“ã‚Œã§ã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã‚‚
é•ˇãå­Ļæ ĄãĢいãĻくれると
ホッとしãĻいぞす。


f:id:denimm1222:20170429004723j:plain

そうそう、
中å­ĻãŖãĻ、小å­Ļæ Ąã¨é•ãŖãĻ
一気ãĢ教į§‘書、副教材、プãƒĒãƒŗトと
å­Ļæ ĄãŽæŒãĄį‰ŠãŖãĻåĸ—えぞすよね。

おぞけãĢ、母čĻĒじゃ重čĻåēĻが判断できãĒい。
子おもãĢもよく分かãŖãĻãĒい。

å—é¨“ã‚’č€ƒãˆãŸã‚‰å…¨éƒ¨ã„ã‚Šãã†ã ã‘ãŠ
全部は子おもがįŽĄį†ã§ããĒさそう。

そう思ãŖãĻいたぎで
そぎ判断åŸēæē–ã‚’äŧēãŖたら
先į”ŸãŒå­äž›éƒ¨åą‹ã§åŽŸéš›ãĢ整į†ã—ãĻ下さると。

で、å‡Ļ分īŧ¯īŧĢがå‡ēãŸã‚‚ãŽãŒã“ãĄã‚‰ã€‚

f:id:denimm1222:20170429025207j:plain

およそ、半分でした。
ãŠã‹ã’ã§ã€é•ˇį”ˇãŽæœē周りはすãŖきり。

äģĨ前ãĒらå‡ēæĨãĒかãŖたãĒ。
さすがãĢãƒĸノがミãƒĢフã‚ŖãƒŧãƒĻįŠļ態ãĒéƒ¨åą‹ãĢは
お通しできãĒいもぎ。









おį‰‡äģ˜ã‘ぎご䞝é ŧ、ブログぎ感æƒŗã¯ã“ãĄã‚‰ãžã§ã€‚
お手数ですが☆を@ãĢご変更ください。

simple.38623☆gmail.com