🌸整収道のお片付け🌸

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザー嘉陽洋子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

加速度を上げていく君の時計

当日、仕事に出ていく父親に

優勝宣言して将棋大会に臨んだ次男。

7歳のビッグマウスを

私は微笑ましく見ていた。

 

14歳の藤井棋士の影響もあってか

最近の将棋教室は参加者の増加が著しい。

 

その中を大会に参加した子ども達は

皆よく訓練された強い子が多かった。

 

次男は苦戦しながらも

四局目を勝ち

二勝二敗で勝ち越しに望みを繋いだ。

 

将棋は

勝った者が勝ちどきの声をあげるのではなく

負けた者が “負けました” と

頭を下げ自らの負けを声に出して

試合の幕を閉じる競技である。

 

そして、今大会では

一人づつに配られた対局カードを

勝った者が審判の所に

二枚のカードを持っていくことになっている。

勝者にカードを渡した負者は

席にそのまま残り

駒を初期配置に戻すのである。

 

五局目が終わった。

次男は席を立てなかった。

駒を戻す作業があるからである。

 

盤から離さない視線が

次男の負けた悔しさを語っていた。

父親に放った言葉は

真剣なものだったのだと知る。

 

駒を握る手が

どこで指し間違えたのかと

確かめるように

ひとつひとつゆっくり盤に戻していく。

 

f:id:denimm1222:20170612082521j:image

 

駆け寄って声をかけようかと一瞬思ったが

わたしは席に座り直した。

子どもの勝負の結果に

親は出来るだけ無関心でいる方がいい。

 

子どもがこちらを見た時に

笑って手を振ってやるだけでいい。

 

現実にひとり向き合おうとする君に

すんでのところで

私は傲慢で無神経な母親にならずにすんだ。

 


大きくなったね、君は。

 

お母さんが思うよりも

ずっとずっと早く。

 

 

 

 

関連記事 

 

denimm1222.hateblo.jp