よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

漁港の肉子ちゃん読了

西加奈子さんの漁港の肉子ちゃんを
近所のパン屋さんで読んでたら、
これはまずい。。涙腺が勝手に。。



その時、彼女の涙の理由(わけ)を僕は知っていたんだ。


みたいなー。
そんな儚さをはらんだ風情が
この時の私には全くなかっただろう。

とっくに肩は震わせていたと思う。
だらしなくくしゃくしゃになって
眼からも鼻腔からも何かと溢れていただろう。

それでも続きの読みたさを
座席が店内の角だった事もあって
我が儘に通していたのだが
遂に、陥落。
これ以上嗚咽が堪えられそうになかった。

イートイン席から逃げるように
伏し目がちに席を立った。


我が家に戻った私はこころゆくまで
胸をいっぱいにして嗚咽し
そして最後はクスッと笑った。


西加奈子さんはずるい。

自宅に逃げ込むほど嗚咽させ
そのくせ最後は爽やかな読後感を残す。
やり口にまんまとである。


誰かを責めたり、自分を情けなく思わず、
それでいいのって思える。

「ちゃんとした大人なんて一人もいない」

言葉が沁みる。




f:id:denimm1222:20170703204917j:plain



ラジオで本を紹介してってリクエストに、
この本を挙げた
アインシュタインっていうコンビの河合さんを
私は以前より好きになった。



まーた、お笑い芸人発信なの!?

という、ある種のクレームは
受け付けておりませぬ。