よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

忘れ物その後

人間って、意外と「確かめるのが怖くて放置して、いつの間にか時間が経ってしまい、それがそのまま深いところに沈んでしまうこと」ってある。


昨年の手帳を見ていたら
上の言葉がページの端にメモしてあった。

ネットで見かけた言葉だった。

こころに持っていたある小さな引っかかりを
そのメモは当時の記憶とともに
生々しく蘇らせてみせた。


f:id:denimm1222:20170822212558j:plain


言い出せないまま時間が解決したように錯覚して
今となっては思い出すことさえできないもの。

そんな忘れものはきっと胸の奥深くあるはず。

せめて癒せないほどの傷は
誰にも付けていませんようにと願う。