よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

嫌悪という感情

どんな人と付き合うかと考えたとき

“価値観の合う人“ をあげる人は多いと思う。


でも、価値観って多様で、

切り口次第でいくらでもある。

 

わたしの周りで仲のいいご夫婦を見て思うのは

好きなツボの共有より

これだけは絶対嫌、とか、

こんな人は許せない、とか

嫌いで譲れないものを共感しあえる人は

良好な関係が続いているなあということ。

 


f:id:denimm1222:20170903193632j:image

 

好みが変わったり

好きな世界が広がっていくことは

後からいくらでもある。

 

一方、何かを嫌悪するって感情は

その人をその人たらしめる動かしがたいファクターだと思う。

 

 

 

以前、飲食店で若い店員さんを

大きな声で怒鳴る人に遭遇。

なるほど、怒鳴る人は

怒りたくて怒っているのだろう。

 

でも、分からないのは隣にいる女性。

自分のお連れが公衆の面前で

自分たちより年若い、立場の弱い店員さんに

まくし立てているのを

ソファに身を預けたまま

どうしてニヤニヤしていられるのか…

情緒どうなってんのだ。

 

諌めるつもりがないのなら

俯いていてほしかった。