よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

揺れる曼珠沙華

連休中に仕事のある夫のお役目を仰せつかり

嫁である私は子どもふたりを連れて

義実家のお墓まいりに行ってきた。

ひとりで行くのは気乗りはしないものだが

 

義母の眠る墓園は

彼女の穏やかな人柄を表すかのように

静謐で整備された変わらぬ美しさで

いつも私たちを出迎えてくれる。

 

墓園までの道すがら

風に揺れる彼岸花が視界に入ってくる。

別名に曼珠沙華という名を持つ真紅の花。

 


f:id:denimm1222:20180925222100j:image

 

 

川端康成が書いた短編小説がある。

 

“ここへ来る汽車の窓に、曼珠沙華が一ぱい咲いていたわ。

 あら曼珠沙華をご存じないの?あすこのあの花よ。

茎がかれてから、花茎が生えるのよ。

別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。

 花は毎年必ず咲きます。”

 

「掌の小説  化粧の天使たち 花」より

 

 

ずいぶん昔に読んだ たった五行が全ての小説。

 

余計な装飾のないぎゅっと濃縮された言の葉が

当時の私には まだ手の届かない未知な大人の世界に

触れたような気がして

それがこの本をより印象深いものにした。

 

この五行を“詩”ではなく

“小説” と位置づけているのもいい。

 

 

 

「あそこに見える赤いお花は彼岸花って言うんよ。

    曼珠沙華ってお名前がもう一つあるんよ。」

 


f:id:denimm1222:20180925222941j:image

 

先日、道端を真紅に染める花の名前を

初めて教えた。

 

私が生んだふたりの男の子は

飴を舐めながらふーんと気のない返事を返してきた。