čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

æ­ŖčĢ–ãĒんãĻãĒんぎåŊšãĢもįĢ‹ãŸãĒいよ

さãĻさãĻã€é•ˇį”ˇã•ã‚“。

そう、ぎãŗå¤ĒさんäŧŧãŽé•ˇį”ˇã§ã‚る。

 

įžåœ¨ã€ä¸­īŧ‘ぎ我がåŽļãŽé•ˇį”ˇã•ã‚“は

ãĒかãĒかåĨŗčĻĒぎį§ãĢとãŖãĻé›Ŗã—ã„æĄˆäģļである。

 

ときおき、あれīŧŸį§ã¯äģŠåŽ‡åŽ™äēēとäŧščŠąã‚’しãĻんぎかãĒīŧŸ

という思いãĢとらわれることもある。

 

「あんãĒãĢå¯æ„›ã„ã€å¯æ„›ã„ã§č‚˛ãĻãĻきたぎãĢさãƒŧ」と、

母はやさぐれる。


f:id:denimm1222:20161121171954j:plain



そしãĻ、įƒˆįĢぎごとく怒る母とãĒり

ぎãŗå¤Ēくんとぎãŗå¤Ēãã‚“ãƒžãƒžãŽã„ã¤ã‚‚ãŽã‚ˇãƒŧãƒŗぎ再į”Ÿã ã€‚




åąã‚‰ã‚ŒãĻいるときはįĨžåĻ™ãĒéĄ”ã‚’ã—ãĻいるåŊŧだが

ぞたしばらくすると、äŧŧたようãĒことをしでかす。

 

一äŊ“、į”ˇãŽå­ãŖãĻおうãĒãŖãĻいるぎだīŧŸ

åŊŧは厇厙äēēãĒぎではãĒã„ã‹å•éĄŒãŽå†į‡ƒã§ã‚る。

 

ãŸã ã€ã˛ã¨ã¤æ°—ãĨいたことがある。

おčĒŦæ•™ãŽé•ˇã•ã¨ããŽåŠšæžœã¯åæ¯”äž‹ã™ã‚‹ã€‚



ぎãŗå¤Ēãã‚“ãŽãƒžãƒžãŽčĄ¨æƒ…ã‚’æ€ã„čŋ”しãĻしãĻãģしい。

ありがたいおčĒŦ教をしãĻいる内ãĢ

č‡Ēåˆ†ãŽč¨€č‘‰ãĢ酔ãŖãĻしぞãŖãĻいる。


そしãĻã€č‚åŋƒãŽãŽãŗå¤ĒくんはおうだīŧŸ

こぎč‹Ļį—›ãĒ時間が旊くįĩ‚ã‚ã‚‹ã“ã¨ã—ã‹éĄ˜ãŖãĻいãĒい。

æ¯ãŽč¨€č‘‰ãŒå…¨ãåŊŧãĢはåˆēさãŖãĻいãĒいぎだ。



では、わたし。

母であるわたしãĢできることはäŊ•ã‹īŧŸ


もうせいぜい「éŖŸã€ã§é‡ŖるしかãĒい。


さんざんいろいろしãĻきたところ、įĩåą€ãŽįĩčĢ–は

éŖŸæŦ˛ã§äģŠãŽé•ˇį”ˇã•ã‚“を封じčžŧめるしかãĒい。

 

母はäģŠå¤œã€å›ãŽåĨŊきãĒ豚ã‚Ģツを夜ごéŖ¯ãĢã™ã‚‹č¨ˆį”ģだ。

あれを前ãĢしãĻ

君はこぎ母ãĢįĢ‹ãĄå‘かうことができるかãĒ。

ヌハハハハãƒŧ。