čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

小さãĒč‡ĒäŋĄã‚’明æ—Ĩへぎ一歊ãĢする

おį‰‡äģ˜ã‘ãĢ行ãŖた帰り。

ãģとんおぎおåŽĸ様が晴れやかãĒčĄ¨æƒ…ã‚’čĻ‹ã›ãĻ下さるから

č‡Ē分ぎåŋƒãžã§åŧžã‚“でいるぎが分かる。

 

č‡Ē分ぎ存在がčĒ°ã‹ãŽãŠåŊšãĢįĢ‹ãĻãĻいるという原感。

į´ į›´ãĢæœŦåŊ“ãĢうれしい。

 

でも、䞝é ŧしãĻくださãŖたおåŽĸ様ぎ中ãĢは

おåŽĸ様ãĢおį‰‡äģ˜ã‘したい思いはあるもぎぎ

おį‰‡äģ˜ã‘より前ぎæŽĩ階で

寞åŗ™ã™ã‚‹åŋ…čĻãŽã‚ã‚‹å•éĄŒã‚’æŠąãˆãĻらãŖã—ã‚ƒã‚‹ã‚ąãƒŧ゚もある。

 

それは、おåŽĸ様ぎåŋƒãŽå•éĄŒã ãŖたり

ごåŽļ族とぎé–ĸäŋ‚性だãŖたり

įŠŦやįŒĢãĒおãƒĸãƒŽã¨åŒåˆ—ã§æ‰ąãˆãĒいå‘Ŋあるį”Ÿãį‰ŠãŽå•éĄŒãĒお

 

おį‰‡äģ˜ã‘ã‚’äģ•äē‹ã¨ã™ã‚‹ã‚‚ぎぎ領域をčļ…えãĻいると判断しãĻ

č‘›č—¤ã‚„č‡Ē分ぎį„ĄåŠ›æ„ŸãĢčĨ˛ã‚ã‚Œã‚‹ã‚ąãƒŧ゚もある。

åŋƒãŽä¸­ã§įš°ã‚Ščŋ”ã•ã‚Œã‚‹ã€ŒãŸã‚‰Âˇã‚Œã°ã€

 

ãã‚Œã§ã‚‚ã€é™ã‚‰ã‚ŒãŸæĄäģļぎ中で

č‡Ē分ぎできることをæŽĸし

į›ŽãŽå‰ãŽãŠåŽĸ様ãĢčĒ åŽŸãĢ向き合うことでしか

į­”えもãĒいぎだとč‡Ē分ãĢč¨€ã„čžã‹ã›ãĻいた。

 

先æ—Ĩã€ä¸€é€šãŽãƒĄãƒŧãƒĢがį§ãĢåąŠã„ãŸã€‚

äģĨ前、おį‰‡äģ˜ã‘ãĢ行ãŖたことぎあるおåŽĸ様だãŖた。

 

怒らせたり、明らかãĢčŊčƒ†ã•ã›ãĻはいãĒいもぎぎ

おäģ•äē‹ãŽäžé ŧ時ãĢおåŽĸ様が期垅したであろうことを

į§ãŒčļ…えられたかと問われれば

ぞãŖたくč‡ĒäŋĄãŒãĒかãŖた。

 

少しįˇŠåŧĩしãĻé–‹ã„ãŸãƒĄãƒŧãƒĢ。


そこãĢは

į§ã¸ãŽæ„ŸčŦã¨

おį‰‡äģ˜ã‘ãĢæļˆæĨĩįš„だãŖたごåŽļ族がį‰‡ãĨけ始めたこと、

ぞた、į§ãĢäŧšã„たいという内厚がįļ´ã‚‰ã‚ŒãĻいた。



ごåŽļ族が動きだしたことがうれしかãŖた。

おåŽĸ様がごåŽļ族を動かすãģおãĢ変わられたことãĢ

ãĒãĢよりも感動した。

 

こぎäŊ“験はį§ãĢとãŖãĻ大きいもぎãĢãĒãŖた。

 

わたしãĢとãŖãĻは、

č‡Ē分ぎį„ĄåŠ›ã•ãŽãŋをįŸĨる抟äŧšã ãŖたと思ãŖãĻいたけれお

そぎ先ãĢは、光がčĻ‹ãˆãĻくることもあるぎだ。

 

そしãĻ、これからぎč‡Ē分ãĢč¨€ã„ãã‹ã›ã‚‹ã€‚

一回一回ぎチãƒŖãƒŗ゚をを大äē‹ãĢしãĻこそ

čĻ‹ãˆã‚‹å…‰ãĒんだということを。




f:id:denimm1222:20161128150709j:plain

 


 į„Ąæ–™ãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĩポãƒŧトぎãƒĸニã‚ŋãƒŧさぞ募集中です。

 

 http://denimm1222.hateblo.jp/entry/2016/11/22/235810