čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

おįŦ‘いã‚ŗãƒŗビ和į‰›ãŽæ°´į”°ã•ã‚“が挙げたįĩåŠšã™ã‚‹åĨŗæ€§ãŽæĄäģļ

昨嚴æœĢから

子おもと一įˇ’ãĢ寝ã‚ĒチしãĒいかぎり

寝る前ãĢåŋ…ずしãĻしぞうことがありぞす 。

 

それは、和į‰›ã¨ã„うおįŦ‘いã‚ŗãƒŗビぎ

ネã‚ŋ動į”ģã‚’ã˛ã¨ã¤čĻ‹ã‚‹ã“とです。

 

ご存įŸĨぎ斚も多いでしょうが和į‰›ã¨ã„うã‚ŗãƒŗビは

昨嚴æœĢぎMãƒŧīŧ‘という大äŧšã‚’æē–å„Ē勝。

あぎ夊才杞æœŦäēēåŋ—がå„Ē勝ãĢ1įĨ¨ã‚’投じたã‚ŗãƒŗビです。

我がåŽļぎīŧ—æ­ŗ児をも

īŧ”分ぎネã‚ŋをã‚ŊãƒŠã§č¨€ã‚ã›ã‚‹ãģお

å¤ĸ中ãĢさせぞした。

 

そしãĻ、そぎ母もそう!!

魅äē†ã•ã‚ŒãĻおりぞすですよ。

密かãĢ(だれãĢ?)į§ã¯åŖ°ãƒ•ã‚§ãƒãĒところがあり

こぎã‚ŗãƒŗビおãĩたりともãĢ

「ええåŖ°ã€ãŽæŒãĄä¸ģãĒぎです。

 

į‰šãĢã€ããŽã†ãĄãŽãŠã˛ã¨ã‚Šã¯

įŠå’Œãã†ãĒčĻ‹ãŸį›ŽãŽé›°å›˛æ°—もあいぞãŖãĻâ€Ĩâ€Ĩ

 

えīŊžã¨â€Ĩâ€Ĩ

もうこぎäēēãŸãĄã‚’čĒžã‚ã†ã¨ã™ã‚‹ã¨

į§ãŽį†ąé‡ãŽéĢ˜ã•ã¨

ぞだそうではãĒいčĒ­ã‚“で下さる斚とぎ渊åēĻåˇŽã§

čĒ°ã‚‚垗をしそうãĢありぞせん。

 

į§ãŽæ–‡įĢ ãŒ

čĒ­č€…ぎ斚をčĒ°ã‚‚įŊŽã„ãĻきãŧりãĢしãĒã„æą‚åŋƒåŠ›ã‚’

備えた時ãĢは

åŖからおį ‚įŗ–がæēĸれるãģおãĢ

おãĩたりぎäē‹ã‚’čĒžã‚ã†ã¨æ€ã„ぞす。

 

äģŠå›žã€æ•´åŽé“ぎおį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧとしãĻ

ãœã˛ãŠäŧãˆã—たいと思ãŖたことがありぞす。

それは、おãĩたりがäģĨ前パãƒŧã‚ŊナãƒĒテã‚Ŗãƒŧを務めた

ナジã‚Ēぎあるį™ēč¨€ãŒã‚ãŖたからです。

 

あるåĨŗ性ãƒĒ゚ナãƒŧã‹ã‚‰åąŠã„ãŸãŠäžŋり。

ããŽå†…åŽšãŒã“ãĄã‚‰ã€‚

 

“į§ãĢはåĨŊきãĒ先į”ŸãŒã„た。

そぎ教į§‘を一į”Ÿæ‡¸å‘ŊãĢ勉åŧˇã—た。

å­Ļ嚴でトップīŧ“ãĢãĒãŖãĻįĩæžœã‚‚å‡ēした。

でも、įĩåą€ããŽå…ˆį”Ÿã¯å¤§ã—ãĻ勉åŧˇã‚‚しãĒい

įžŽäēēぎ子とäģ˜ãåˆãŖた。

į§ã¯ã‚‚しあぎ頃ãĢæˆģれるãĒら

勉åŧˇã—たãŖãĻ、åŠĒ力したãŖãĻ、

įžŽäēēãĢはæ•ĩわãĒいから

勉åŧˇãĒんかしãĒい斚がいいよ、

そう、昔ぎį§ãĢč¨€ã„ãŸã„â€

 

こんãĒ内厚でした。

 

それãĢ寞しãĻぎ

æ°´į”°ã•ã‚“ã¨ã„ã†ãƒœã‚ąæ‹…åŊ“ぎ斚がį­”えぞす。

 

ã€Œã“ã‚Œã¯æ‚˛ã—ã„ã­ã€‚

 įĩļ寞そんãĒことãĒい。

 äģ˜ãåˆã†ã ã‘ãĒら違うかしらんけお

 įĩåŠšãŖãĻãĒãŖたら

 čĻ‹ãŸį›Žã ã‘で選ãļãĒんãĻ

 æĩ…はかãĒことįĩļ寞せんよ。」

 

そこで、į›¸æ–šãŽåˇčĨŋさんが尋ねぞす。

 

「じゃあ、水į”°ãã‚“はおういうäēēが

 įĩåŠšã™ã‚‹ãĒらいいと思うぎīŧŸã€

 

「うīŊžã‚“、

 そりゃåĨŊãŋはそれぞれあるだろうけお

ã€€ã˛ã¨ã¤č¨€ãˆã‚‹ãŽã¯

 į‰‡äģ˜ã‘できる子がいいね。

 やãŖãąã‚ŠãĒã‚“ã ã‹ã‚“ã č¨€ãŖãĻも

 åŽļãŽã“ã¨ã€ãĄã‚ƒã‚“ã¨ã§ãã‚“ã¨ã€‚

 垌、僕ぎこと、愛しãĻくれたら。

 åĨŗはåŽļぎことだけしろãŖãĻ

ã€€č¨€ãŖãĻã‚‹ã‚“ãĄã‚ƒã†ã§ã€‚

ã€€å…ąåƒãã‚„ãŖたら、ã‚ĒãƒŦもするで、そりゃ。

 もう、åŽļãŽã“ã¨ãĄã‚ƒã‚“ã¨ã‚„ãŖãĻくれãĻ

 愛しãĻもくれるんやãŖたら、

 文åĨ言ãŖたらいかんわãĒ」

 

äģŠã€ãƒ†ã‚šãƒˆãĢå‡ēã‚‹ã¨ã“ã‚č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚

č›å…‰ãƒšãƒŗでナイãƒŗåŧ•ãã¨ã“。

 

æ°´į”°ã•ã‚“というäēēは、

元プロぎ料į†äēēで、一äēēæšŽã‚‰ã—æ­´ãŒé•ˇãã€

ナジã‚Ēぎäģ–ぎäŧščŠąãŽįĢ¯ã€…からも

åŊŧがåŽļäē‹ã‚’įŸĨらãĒいäēēでãĒいことは明į™Ŋです。

 

つぞり、おį‰‡äģ˜ã‘ができるということは

åŽļäē‹čƒŊ力があるäēē

少ãĒくとも

暎らしを大äē‹ãĢį´Ąã”うとする気ぎあるäēē

ã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚


f:id:denimm1222:20170221235708j:image

 

「和į‰›ã€ã¯æŦĄãŽMãƒŧīŧ‘å„Ē勝ãĢ

一į•Ēčŋ‘いäŊįŊŽãĢいるã‚ŗãƒŗビだそうです。

 

才čƒŊがあり、ぞたそぎ才čƒŊãĢį”˜ãˆãš

äēē一倍åŠĒ力することもいとわãĒいį”ˇæ€§ã€‚

ããŽč¨€č‘‰ãĢはčĒŦ垗力がありぞす。

įĩåŠšã™ã‚‹åĨŗæ€§ãŽæĄäģļãĢ

たãŖãŸã˛ã¨ã¤äŊ•ã‹ã¨čžã‹ã‚ŒãĻ

挙げたことはおį‰‡äģ˜ã‘でした。

 

 

恋愛はæĨŊしいもぎですね。

čĒ¤č§Ŗを恐れずãĢč¨€ãˆã°

įžŽå‘ŗしいとこおりができるからです。

 

でも、もしあãĒたがįĩåŠšã‚’望むãĒら 

遊ãŗではãĒく

įĩåŠšį›¸æ‰‹ã¨ã—ãĻ

æą‚ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã„ã¨éĄ˜ã†ãĒら

 

æē–備が大切ですよ。

暎らしはそぎäēēをäŊœã‚Šãžã™ã€‚

 

 

おį‰‡äģ˜ã‘ãƒĸニã‚ŋãƒŧさぞ、募集しãĻいぞす。

 

 

 http://denimm1222.hateblo.jp/entry/2017/02/09/184328