お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

お笑いコンビ和牛の水田さんが挙げた結婚する女性の条件

昨年末から

子どもと一緒に寝オチしないかぎり

寝る前に必ずしてしまうことがあります 。

 

それは、和牛というお笑いコンビの

ネタ動画をひとつ見ることです。

 

ご存知の方も多いでしょうが和牛というコンビは

昨年末のMー1という大会を準優勝。

あの天才松本人志が優勝に1票を投じたコンビです。

我が家の7歳児をも

4分のネタをソラで言わせるほど

夢中にさせました。

 

そして、その母もそう!!

魅了されておりますですよ。

密かに(だれに?)私は声フェチなところがあり

このコンビおふたりともに

「ええ声」の持ち主なのです。

 

特に、そのうちのおひとりは

穏和そうな見た目の雰囲気もあいまって‥‥

 

え~と‥‥

もうこの人たちを語ろうとすると

私の熱量の高さと

まだそうではない読んで下さる方との温度差で

誰も得をしそうにありません。

 

私の文章が

読者の方を誰も置いてきぼりにしない求心力を

備えた時には

口からお砂糖が溢れるほどに

おふたりの事を語ろうと思います。

 

今回、整収道のお片付けアドバイザーとして

ぜひお伝えしたいと思ったことがあります。

それは、おふたりが以前パーソナリティーを務めた

ラジオのある発言があったからです。

 

ある女性リスナーから届いたお便り。

その内容がこちら。

 

“私には好きな先生がいた。

その教科を一生懸命に勉強した。

学年でトップ3になって結果も出した。

でも、結局その先生は大して勉強もしない

美人の子と付き合った。

私はもしあの頃に戻れるなら

勉強したって、努力したって、

美人には敵わないから

勉強なんかしない方がいいよ、

そう、昔の私に言いたい”

 

こんな内容でした。

 

それに対しての

水田さんというボケ担当の方が答えます。

 

「これは悲しいね。

 絶対そんなことない。

 付き合うだけなら違うかしらんけど

 結婚ってなったら

 見た目だけで選ぶなんて

 浅はかなこと絶対せんよ。」

 

そこで、相方の川西さんが尋ねます。

 

「じゃあ、水田くんはどういう人が

 結婚するならいいと思うの?」

 

「う~ん、

 そりゃ好みはそれぞれあるだろうけど

 ひとつ言えるのは

 片付けできる子がいいね。

 やっぱりなんだかんだ言っても

 家のこと、ちゃんとできんと。

 後、僕のこと、愛してくれたら。

 女は家のことだけしろって

 言ってるんちゃうで。

 共働きやったら、オレもするで、そりゃ。

 もう、家のことちゃんとやってくれて

 愛してもくれるんやったら、

 文句言ったらいかんわな」

 

今、テストに出るところ言いました。

蛍光ペンでライン引くとこ。

 

水田さんという人は、

元プロの料理人で、一人暮らし歴が長く、

ラジオの他の会話の端々からも

彼が家事を知らない人でないことは明白です。

 

つまり、お片付けができるということは

家事能力がある人

少なくとも

暮らしを大事に紡ごうとする気のある人

と言えるでしょう。


f:id:denimm1222:20170221235708j:image

 

「和牛」は次のMー1優勝に

一番近い位置にいるコンビだそうです。

 

才能があり、またその才能に甘えず

人一倍努力することもいとわない男性。

その言葉には説得力があります。

結婚する女性の条件に

たったひとつ何かと聞かれて

挙げたことはお片付けでした。

 

 

恋愛は楽しいものですね。

誤解を恐れずに言えば

美味しいとこどりができるからです。

 

でも、もしあなたが結婚を望むなら 

遊びではなく

慕う人に結婚相手として

求められたいと願うなら

 

準備が大切ですよ。

暮らしはその人を作ります。