čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

貴重ãĒ時間をäŊŋãŖãĻでも持ãŖãĻいたいãƒĸノ

我がåŽļをč¨Ēれるäēēぎ中ãĢは
æŽēéĸ¨æ™¯ãĒéƒ¨åą‹ãŽæļ揄もčžŧめãĻ
「ミニマãƒĒ゚ト」とå‘ŧãļ友äēēもいる。

ミニマãƒĒ゚トとは
åŋ…čĻæœ€å°é™ãŽãƒĸノしか持たãĒいäēēぎこと。

ã‚šã‚ŋイãƒĒãƒƒã‚ˇãƒĨãĒéŸŋきをįēã„
「ミニマãƒĒ゚トぎおį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧです」と
名åˆēぎīŧ‘æžšã‚‚åˇŽã—å‡ēしたいところだ。

だが、それは憧れãĢį•™ã‚ã‚‹ã—かãĒい。
į§ã¯åŋ…čĻæœ€å°é™ãĒãƒĸノäģĨ外ãĢ
たくさんぎãƒĸノも持ãŖãĻいるからだ。

たしかãĢ我がåŽļãĢは
į‚ŠéŖ¯å™¨ã‚‚トãƒŧã‚šã‚ŋãƒŧもゴミįŽąã‚‚ãĒければ
ã‚Ŋãƒ•ã‚Ąãƒŧもį´„īŧ‘嚴前ãĢ撤åŽģしたし
靴や服も厚数įŽĄį†ã‚’しãĻいる。

少ãĒいãƒĸノとぎ暎らしは
圧倒įš„ãĢæ™‚é–“ã‚„æ°—æŒãĄãĢäŊ™čŖ•ã‚’もたらす。

原感を持ãŖãĻ、そぎことをįŸĨãŖãĻいるが
これäģĨ上は減らせãĒいと思ãŖãĻいるãƒĸノが
į§ãĢã¯ã‚ã‚‹ã€‚ã˛ã¨ã¤ã¯æœŦ。
ã‚ã¨ã€ã“ãĄã‚‰ã€‚

f:id:denimm1222:20161021124957j:plain

これは、我がåŽļãĢįŊŽã„ãĻあるéŖŸå™¨ãŽåŠåˆ†ã€‚

昔から器がåĨŊきで
įĩžã‚ŠãĢįĩžãŖãĻæąē勝ãĢå‹ãĄä¸ŠãŒãŖた
æ„›ã—ã„å™¨ãŸãĄã€‚

äģŠæ—Ĩぎ午前中ãĢ全å‡ēししãĻ
éŖŸå™¨æŖšã‚’掃除したã‚ĸフã‚ŋãƒŧ写įœŸã€‚


ãƒĸノを持つとæąēめるということは
ãƒĸノぎįŽĄį†ã‚’するčĻšæ‚Ÿã‚’æąēめるということ。

多くぎ器を持つと、
į›Žæ­ĸめå‡Ļį†ã‚„掃除という
手間がもれãĒくäģ˜ã„ãĻくる。

æ‰‹é–“ã‚„æ™‚é–“ã¨ã‚’č¨ˆã‚ŠãĢかけãĻも
こぎ器を持ãŖãĻいたいと思えば
持ãŖãĻいればいい。

それが、į§ãŽåŋ…čĻé‡ã€‚


あãĒãŸãŽéƒ¨åą‹ãŽãƒĸノ。
あãĒたぎ大äē‹ãĒæ™‚é–“ã‚„æ‰‹é–“ã‚’č¨ˆã‚ŠãĢかけãĻも
それでも全部、持ãŖãĻいたいãƒĸノですかīŧŸ