よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

貴重な時間を使ってでも持っていたいモノ

我が家を訪れる人の中には
殺風景な部屋の揶揄も込めて
ミニマリスト」と呼ぶ友人もいる。

ミニマリストとは
必要最小限のモノしか持たない人のこと。

スタイリッシュな響きを纏い
ミニマリストのお片付けアドバイザーです」と
名刺の1枚も差し出したいところだ。

だが、それは憧れに留めるしかない。
私は必要最小限なモノ以外に
たくさんのモノも持っているからだ。

たしかに我が家には
炊飯器もトースターもゴミ箱もなければ
ソファーも約1年前に撤去したし
靴や服も定数管理をしている。

少ないモノとの暮らしは
圧倒的に時間や気持ちに余裕をもたらす。

実感を持って、そのことを知っているが
これ以上は減らせないと思っているモノが
私にはある。ひとつは本。
あと、こちら。

f:id:denimm1222:20161021124957j:plain

これは、我が家に置いてある食器の半分。

昔から器が好きで
絞りに絞って決勝に勝ち上がった
愛しい器たち。

今日の午前中に全出しして
食器棚を掃除したアフター写真。


モノを持つと決めるということは
モノの管理をする覚悟を持つということ。

多くの器を持つと、
目止め処理や掃除という
手間がもれなく付いてくる。

手間や時間とを計りにかけても
この器を持っていたいと思えば
持っていればいい。

それが、私の必要量。


あなたの部屋のモノ。
あなたの大事な時間や手間を計りにかけても
それでも全部、持っていたいモノですか?