čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

受けå…ĨれられãĒいäēēぎ意čĻ‹ã¨ã„うもぎ

åŽļ族、ママ友、昔からぎ友äēē

 

įĩåŠšã—ãĻからというもぎ、

į‹­ã„ã‚ŗミãƒĨニテã‚Ŗぎ中でぎãŋį”ŸããĻきたį§ã¯

ã‹ã•ã“åĄžã¨ã„ã†åãŽå¤§äēēåĄžãĢ行ãŖãĻ

いろんãĒ斚、いろんãĒ意čĻ‹ã¨ã„うもぎãĢ

ãƒĒã‚ĸãƒĢãĒå‡ēäŧšã„ã‚„ãƒãƒƒãƒˆãŽč¨˜äē‹ãĢč§Ļれ

世ぎ中ãĢはæœŦåŊ“ãĢ多į¨Žå¤šæ§˜ãĒäēēがいるぎだãĒと、しãŋじãŋ思ãŖたりする。

 

ããŽč€ƒãˆæ–šãĢč‡ŗるãĢは

そぎäēēがčžŋãŖãĻきたäēēį”ŸãŽæ­´å˛ãŒã‚ãŖãĻ

そぎäēēãŽäžĄå€¤čĻŗはそこからåŊĸãĨくられる。

č‡Ē分では思いもよらãĒかãŖたčĻ–į‚šãĢå‡ēäŧšã†ã¨

こぎäēēはきãŖと、åĨŗ兄åŧŸã¯ã„ãĒいだろうãĒあとか、

こぎäēēãŽãŠæ¯ã•ãžã¨čŠąã—ãĻãŋたいãĒあとか、

バックグナã‚ĻãƒŗドをåĻ„æƒŗするぎもæĨŊしいもぎ。

 


f:id:denimm1222:20161201104711j:image

 

į§ãŽč€ƒãˆæ–šã‚‚そうやãŖãĻåŊĸ成されãĻいる。

それをčĒ°ã‹ãĢ大äē‹ãĢしãĻãģã—ã„ã¨éĄ˜ã†ã‚ˆã†ãĢ

čĒ°ã‹ãŽč€ƒãˆæ–šãĢもčŦ™č™šãĒæ°—æŒãĄã‚’æŠąã„ãĻ

č€ŗを傞けたいãĒと思う。

 

ãŸã ã€č¨€ã„ãŸã„ãŽã¯

č€ŗを傞けるということと

į›¸æ‰‹ãŽčŠąã‚’éĩœå‘‘ãŋãĢするというぎは同įžŠã§ã¯ãĒいということ。

 

čĒ°ã‹ãŽæ„čĻ‹ã‚’čžã„ãĻ

č‡Ē分ぎ中ãĢそぎ意čĻ‹ã‚’反映させるãĢは

ぞずはč‡Ē分ぎ意čĻ‹ã€ã‚‚ぎさしがåŋ…čĻã ã€‚

 

いくらäēēぎ意čĻ‹ã‚’čžã„ãĻも

最įĩ‚įš„ãĒ判断を下すぎはč‡Ē分だから

下したæąē断ãĢäŧ´ã†č˛Ŧäģģはあくぞでも

č‡Ē分ãĢついãĻぞわるåŽŗしさがある。

 

受けå…ĨれられãĒい意čĻ‹

čžããŸããĒい意čĻ‹

 

時ãĢ、それらぎ意čĻ‹ã¯

į§ãŽå¤§äē‹ãĢしãĻいるもぎ

į§ãŒé¸ãŗたいもぎがäŊ•ãĒぎかを

明įĸēãĢæĩŽã‹ãŗ上がらせãĻくれることがある。

 

 

 

åŖおけはč‹ĻいかもしれãĒいけお

遊量さえ間違わãĒければ

įžŽå‘ŗしいäēēį”Ÿã¨ã„う名ぎ

料į†ãĢäģ•ä¸Šã’ãĻくれるčĒŋå‘ŗ料ãŖãĻ

そう、いãŖãąã„ã‚ã‚‹ã¨æ€ã†ãŽã€‚

 

ãĒんで、最垌をキãƒĸく書きたくãĒãŖたぎか

それはį­†č€…ãĢも分からãĒい。