čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

æ„›æƒ…ã¨ã„ã†ä¸‹æ•ˇã

äēēはã‚Ēãƒĸã‚ˇãƒ­ã‚¤į”Ÿãį‰Šã ã¨æ€ã†ã€‚

ã˛ã¨ã‚ŠãŽäēē間をäēēが判断したり

ぞしãĻčŠ•äžĄã—ãŸã‚Šã™ã‚‹ã“ã¨ã¯é›Ŗしいことだと思う。

 

į´ æ™´ã‚‰ã—いäēēだと思ãŖãĻいたけれお

思いもよらãĒã„č¨€č‘‰ã‹ã‚‰

そぎäēēぎ性栚が透けãĻčĻ‹ãˆãĻ

がãŖかりしたり

 

ãƒ€ãƒĄãĒäēēだãĒあと思ãŖãĻいたäēēが

čĒ°ã‚ˆã‚Šã‚‚そこはかとãĒいå„Ēしさを

ã˛ã‚ãĻいたことãĢ気ãĨいãĻ

äģŠãžã§ãã‚Œã‚’čĻ‹æŠœã‘ãĒかãŖたč‡Ē分ぎ嗅čĻšãŽį„Ąã•ãĢ

æĨじå…Ĩる思いãĢãĒることもある。

 

又吉į›´æ¨šã•ã‚“が書いたæœŦ「įĢčŠąã€ãŽä¸­ãĢ

åĨŊきãĒå ´éĸがある。

 

įĢ花 (文æ˜Ĩ文åēĢ)

įĢ花 (文æ˜Ĩ文åēĢ)

 

 

ä¸ģäēēå…Ŧåžŗ永と、先čŧŠčŠ¸äēēįĨžč°ˇãŒ

įĢ‹ãĄå¯„ãŖたå–ĢčŒļåē—ã‚’å‡ēる時、

小雨が降ãŖãĻいたぎで

åē—ぎã‚ĒãƒŧナãƒŧãŒã˛ã¨ã¤ã—ã‹ãĒい傘を

č˛¸ã—ãĻくれるぎである。

しばらく歊くと、雨はあがるぎだが

そぎ描写がį´ æ™´ã‚‰ã—い。

 

å°‘ã—é•ˇã„åŧ•į”¨ãĢãĒるが

おäģ˜ãåˆã„くださるとåŦ‰ã—い。

 

â€œã€€é›¨ãŒä¸ŠãŒã‚ŠæœˆãŒé›˛ãŽåˆ‡ã‚Œé–“ãĢčĻ‹ãˆãĻもãĒãŠã€é›¨ãŽåŒ‚ã„ã‚’æŽ‹ã—ãŸãžãžãŽčĄ—ã¯å¤•æšŽã‚Œã¨ã¯ãžãŸé•ãŖたåĻ™ãĢč‰ļãŽã‚ã‚‹čĄ¨æƒ…ã‚’æĩŽã‹ãšãĻいãĻ、そこãĢį›¸åŋœã—ã„éĄ”ãŽäēē々が大å‹ĸ垀æĨã‚’čĄŒãäē¤ãŖãĻã„ãŸã€‚å‚˜ã‚’åˇŽã—ãĻいるぎはįĨžč°ˇã•ã‚“と僕だけだ。そんãĒåƒ•ãŸãĄã‚’čĒ°ã‚‚ä¸æ€č­°ãã†ãĢはčĻ‹ãĒかãŖた。įĨžč°ˇã•ã‚“ã¯å‚˜ã‚’åˇŽã—įļšã‘ãĻいるį†į”ąã‚’čĒŦ明しようとしãĒかãŖた。

 ただ、įŠēをčĻ‹ä¸Šã’、「おぎã‚ŋイミãƒŗグでやんおんねん。ãĒあīŧŸã€ã¨ã€äŊ•åēĻか僕ãĢåŒæ„ã‚’æą‚ã‚ãŸã€‚å–ĢčŒļåē—ぎマ゚ã‚ŋãƒŧぎ厚意をį„Ąä¸‹ãĢしたくãĒã„ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄã¯į†č§Ŗできる。だが、そぎæƒŗいを雨が降ãŖãĻいãĒいぎãĢå‚˜ã‚’åˇŽã™ã¨ã„ã†čĄŒį‚ēãĢč¨—ã™ã“ã¨ãŒæœ€å–„ã§ã‚ã‚‹ã¨äŋĄã˜ãĻį–‘わãĒいį´”įœŸã•ã‚’、僕は憧æ†ŦとåĢ‰åĻŦと僅かãĒäžŽč”‘ãŒå…Ĩã‚Šæˇˇã˜ãŖた感情で恐れãĒがら愛するぎである”

 

雨上がりぎįŠēãŽä¸‹ã§ã‚‚ã€å‚˜ã‚’åˇŽã—įļšã‘ã‚‹čĄŒį‚ēは

åĨ‡į•°ãĢæ€ã‚ã‚Œã‚‹čĄŒå‹•ã ã‚ã†ã€‚

 

ã§ã‚‚ã€ããŽčĄŒį‚ēをするäēē

ããŽčĄŒį‚ēを傍でčĻ‹ãĻいるäēēも

ã˛ã¨č‰˛ã§ã¯čĄ¨įžã§ããĒい、

äŊ•č‰˛ã‚‚ぎ感情が

æˇˇã–ã‚Šåˆã„æēļけ合ãŖãŸæ°—æŒãĄã‚’æŒãŖãĻそこãĢいる。

 

世ぎ中ãĢはčĒ°ã‹ã‚’扚判することで

č‡Ē分ぎ個性をå‡ēそうとするäēēもいる。

 

けれお

äēēã¸ãŽæ„›æƒ…ã¨ã„ã†ä¸‹æ•ˇããĢ支えられた、

厌į’§ã§ã¯ãĒいäēēをå„ĒしくčĻ‹ã¤ã‚ã‚‹ä¸–į•ŒãŒ

あることもぞたįœŸåŽŸã§

そぎ世į•Œã‚’わたしはįžŽã—いと思うし

愛しいと思う。