よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

“好き” は聖域

“好き“ という気持ちは

他人が触れない聖域にいるなあと思う。

 

例えば

あのミュージシャンかっこいいよね

と、誰かに言ったとして

相手がそうでもないなあと思えば

「そうかなー?」

という否定のニュアンスを含んだ返事が来るかもしれない。

 

けれど

あのミュージシャン、わたし好きなの!

と、言った時には

「あー、そうなんだね」

と、たとえそれがマイナーな人だったとしても

おおむね受けとめてもらえる返事が来ると思う。

 

“かっこいい“ には相対的な評価の解釈が入るけれど

“好き” には自由がある。

本人が好きだって言っているものを

わざわざ否定する

そんな野暮な人はいない。

 

 f:id:denimm1222:20170821233337j:plain

 

かっこいいかどうかならまだよいが

正しい、正しくないの話しは

ときに、どろ試合(わたし解釈)を見かける。

 

それって今、決着つけなきゃダメなの?みたいなね。

 

窮屈じゃないのかな。

もっと、自由でいいのになと思う。

 

わたしはこれが好きってもっと言いたい。

言えるようになろう。