よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

お雑煮ならお任せください

お雑煮は地域性が出るお料理のひとつですね。

岡山県総社市というところの出身の私は
お醤油ベースのお汁に、鰤が入ったお雑煮が定番でした。

嫁に入った家も岡山でしたが、
鰤ではなく、甘辛く焼いた牛肉が嘉陽のお雑煮でした。

f:id:denimm1222:20170103005425j:plain

結婚当初、同じ県内でも、家々によって違いがでるのが
面白いなと思ったものです。


今年も元旦、用意しました。

「うまい。
 もう定期的にずっとお雑煮作って。」

と、主人。

一緒に長くいる夫婦なので、
いいことばかりでなく、
そうでないことを思うことも正直あります(笑)

でも、こういう時に思います。

この人の「うまい」の伝え方は100点。
美味しいの言い方が、私の中で満点なのであります。

和牛というお笑いコンビがいます。

彼らのネタに
彼女が、かつて料理人だった彼氏にハンバーグを作るというネタがあります。

屁理屈言いな彼と、翻弄されながら健気にハンバーグを作る彼女のやり取りが、たまらない味わいです。

これ以上書き出すと、ブログの方向性を揺るがしかねないので、
ご興味のある方、是非チェックしてみてくださいね。
とっても面白いです。


話しを戻しますが、

うまい、うまいを繰り返す家族を見てると
料理上手だった義母が元気だった時に
お雑煮の作り方を習えてよかったなあと思います。


お出汁は、干ししいたけのもどし出汁と
今回はこちらの出汁を使用した合わせ出汁。



f:id:denimm1222:20170103004646j:plain


このお出汁、洋風のミネストローネなどにも使えます。
くせがなく、いりこや昆布から丁寧にとったお出汁と遜色ない味。

一瞬、自分のお料理の腕が上がったんじゃないかと
錯覚を起こさせてしまうリスクがありますが

気に入ったキッチンのお供を見つけると
次に買うときに、いろいろ悩まずにすむのもいいですね。




お義母さん、茅乃舎さん、ありがとうございます。
おかげで出来上がったお雑煮が
家族を幸せにしておりますですよ。

そして、私も。

これならおまかせあれ、といえる料理がひと品でもいい。

作るものすべてのお料理に自信があるわけじゃなくても
市販のお出汁に頼っても

誰かの「美味しい」を聞くことだったりの
小さな成功のピースが
私の暮らしに彩りを添えてくれるのかなと思います。