čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒ¸æ•´åŽé“ãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘đŸŒ¸

おį‰‡äģ˜ã‘は暎らしぎįŦŦä¸€æ­Šã€‚å˛ĄåąąãŽãŠį‰‡äģ˜ã‘ã‚ĸドバイã‚ļãƒŧ嘉é™Ŋæ´‹å­ãŒæšŽã‚‰ã—ãŽã§ãã”ã¨ã‚„æ°—æŒãĄã‚’įļ´ã‚‹ãƒ–ログ

å­Ļæ Ąã‹ã‚‰ãŽé›ģ芹

朝10時ごろ、å‡ē先ãĢいたį§ãŽæē帯がéŗ´ãŖた。

息子ぎ通う中å­Ļからだ。

 

æē帯ãĢå­Ļæ ĄãŽčĄ¨į¤ēがå‡ēるとき

いいįŸĨらせだãŖたčŠĻしがãĒい。

į”ˇå­ãŽæ¯ã‚ã‚‹ã‚ã‚‹ã€€ãŽã˛ã¨ã¤ã ã€‚

 

我が子がäŊ•ã‹ã‚’やらかしたか

我が子ぎčēĢãĢ時間をäē‰ã†äē‹æ…‹ãŒčĩˇããŸã‹ãŽ

ãŠãĄã‚‰ã‹ã§ã‚ã‚‹ã€‚

 

ドキドキしãĻé›ģ芹ãĢå‡ēる。

 

「息子さんが気分がæ‚Ēいというぎで

 į†ąã‚’æ¸ŦãŖãĻãŋたらīŧ“īŧ—īŧŽīŧ“℃です。

 äģŠã€äŋåĨ厤でäŧ‘んでいぞすぎで

 お母様、äģŠã‹ã‚‰ãŠčŋŽãˆãŠéĄ˜ã„できぞすかīŧŸã€

 

おうやら息子が不始æœĢをおかしたわけでも

大æ€Ēæˆ‘ã‚’č˛ ãŖたわけでもãĒさそうだ。

それãĢしãĻも

 īŧ“īŧ—īŧŽīŧ“℃ãƒģãƒģãƒģ

腑ãĢčŊãĄåˆ‡ã‚‰ãĒいこぎ数字を

頭ぎ中ãĢæŧ‚わせãĒがら、į­”える。

 

「すいぞせん、äģŠå‡ē先でしãĻ

 すぐãĢã¯ããĄã‚‰ãĢ向かえぞせん。

 æ˜ŧ過ぎãĢはäŧēえぞす。」

 

しばしぎ間ぎ垌、é›ģ芹åŖぎ先į”Ÿã¯

「お母さん、äģŠ

 å­Ļæ Ąã¯ã‚¤ãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļがæĩčĄŒãŖãĻいぞす。

 ãĒã‚“ã¨ã‹ãŠéĄ˜ã„ã§ããžã›ã‚“ã‹īŧŸã€

 

と、尚もæ€ĨをčĻã—たåŖčĒŋぎčŋ”äē‹ãŒčŋ”ãŖãĻくる。

 

äģŠã™ãã¯į„Ąį†ã ã¨å†åēĻäŧãˆã‚‹ã¨

 

「分かりぞした。

 もし、お子さんæœŦäēēãŒæ­Šã‘ã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚‰

 帰しãĻも大丈å¤ĢですかīŧŸã€

 

さしãĻ距é›ĸぎãĒい我がåŽļ。

ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã¨čŋ”äē‹ã‚’しãĻé›ģčŠąã‚’åˆ‡ãŖた。

 

į§ãŒæ…ŒãĻãĻį”¨äē‹ã‚’済ぞせ

åŽļãĢæˆģãŖたそぎį›´åžŒãĢ息子は帰ãŖãĻきた。

 

æ¯å­ã¯ã€éƒ¨åą‹ã§į†ąã‚’æ¸ŦるとすでãĢ36℃台だãŖた。

äŊ“はだるい、少しé–ĸį¯€ãŒį—›ã„というが 

思いぎãģか元気で

布å›ŖãĢæ¨ĒãĢãĒりãĒさい、というį§ãĢ

ãŠč…šãŒã™ã„ãŸã¨č¨´ãˆã‚‹ã€‚

 

一äēē前ぎうおんではčļŗりず

更ãĢチãƒŧã‚ēã‚‚ãĄãŽčŋŊ加æŗ¨æ–‡ãžã§ã—ãĻくる。

 

母čĻĒは子おもが元気ãĒことをãĒãĢより望む。

į§ã‚‚、わが子ぎåĨåēˇãĢはäŊ•ã‚ˆã‚Šé–ĸåŋƒãŒã‚る。

 

しかし、こぎį›ŽãŽå‰ãĢいる我が子ぎįŠļ態と

大äēēãŸãĄãŽå¯žåŋœãŽæ¸ŠåēĻåˇŽã¯äŊ•ãĒぎだ。

 

我が子は六嚴間ぎ小å­Ļæ Ąį”Ÿæ´ģを

ãģãŧįš†å‹¤čŗžã§įĩ‚わらせãĻいる。

äģŽį—…というäēŒæ–‡å­—ã¯č€ƒãˆãšã‚‰ã‹ãŖた。

 

けれお、母čĻĒぎį§ãŒį†č§ŖできãĒいことも

åĸ—えãĻきた垎åĻ™ãĒお嚴頃だ。

先į”Ÿã‚‚čĻĒであるį§ã‚‚

思æ˜Ĩ期į‰šæœ‰ãŽæ°—ぞぐれで刚é‚ŖãĒå€Ļ怠感ãĢ

äģ˜ãåˆã‚ã•ã‚ŒãĻいるぎではãĒいかãƒģãƒģãƒģ

 

そもそも、37.3℃ãŖãĻåšŗį†ąå†…じゃãĒいぎか

å‡ē先ぎčĻĒが慌ãĻãĻčŋŽãˆãĢčĄŒã‹ãĒãã‚ƒãƒ€ãƒĄãĒぎīŧŸ

37.5℃äģĨ上が園ぎį™ģ園不可ぎ数字じゃãĒかãŖたãŖけīŧŸ

 

先ãģおぎé›ģčŠąãŽå…ˆį”Ÿã¨ãŽäŧščŠąã§

åŖãĢできãĒかãŖたæœŦéŸŗが

æ™‚é–“åˇŽãŽåˆ†ã ã‘

čŧĒをかけãĻč„ŗå†…ã‚’é§†ã‘åˇĄã‚‹ã€‚

 

äģŠæ›´ãã‚Œã‚’

č‡Ē厅ãĢ帰ãŖた息子ãĢ言ãŖãĻもäģ•æ–šãŒãĒい。

åŋƒãŽåŖ°ã‚’グッと吞ãŋčžŧんで

 

 「先į”ŸãŒã‚¤ãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļがæĩčĄŒãŖãĻるãŖãĻ

ã€€č¨€ã‚ã‚ŒãĻいたから

ã€€ã‚‚ã†éƒ¨åą‹ã‹ã‚‰å‡ēãĒいこと。

 į”¨äē‹ãŒã‚ã‚‹ãĒらこれをäŊŋいãĒさい」

 

ãã†č¨€ãŖãĻ、æēå¸¯ã‚’æ¸Ąã—

一åŋœã€å­ãŠã‚‚éƒ¨åą‹ãĢ隔é›ĸすることãĢした。

 

夕斚ぎč‡Ē厅ãĢかかãŖãĻきたé›ģ芹åŖぎ先į”Ÿã‹ã‚‰ã¯

明æ—Ĩ、36℃台ãĒら、į™ģæ Ąã•ã›ãĻください。

できれば、äģŠæ—Ĩ中ãĢį—…é™ĸで

イãƒŗフãƒĢ検æŸģを受けãĻください

Â ã¨ã€č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã ãŖた。

 

 

į§ã¯ããŽæ™‚

įœ‹č­ˇåŖĢをしãĻいる友äēēãŽč¨€č‘‰ã‚’æ€ã„å‡ēした。

 

イãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļãĢかかãŖãĻãĒくãĻも

受č¨ēするぎはäŊ“čĒŋぎ万全ではãĒいäēē、

æŠĩ抗力がčŊãĄãĻいるäēēが受č¨ēするから

į—…é™ĸ内でイãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļįž…æŧĸč€…ãŽã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚šã‚’

もらいやすいâ€Ĩâ€Ĩ

 

čēĢäŊ“ぎだるさ、37.3℃、éŖŸæŦ˛æ—ēį››ã€æ­Šã„ãĻ帰れるäŊ“力ãƒģãƒģãƒģ

 

äģŠã€åŊŧはイãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļãĢ

įž…æŧĸしãĻいる可čƒŊ性はæĨĩめãĻグãƒŦãƒŧだ。

でも、äŊ“čĒŋが万全ではãĒいことはįĸē原。

 

č€ƒãˆãŸæœĢ、į§ã¯å¤•æ–šã¯į—…é™ĸãĢčĄŒã‹ãš

一晊様子をčĻ‹ã‚‹ã“とãĢした。

 

æ¸Ąã—ãŸæē帯は夜中ãĢéŗ´ã‚‹ã“とはãĒかãŖた。

水分もしãŖかり摂れたようだ。

 

æŦĄãŽæ—Ĩぎ朝。

äŊ“æ¸Šč¨ˆã¯36.5℃。

å‡ēした朝éŖŸã‚’厌éŖŸã—た息子ãĢ

į§ã¯åŋƒã‹ã‚‰åŽ‰åŋƒã—た。

 

「さあ、旊く〇〇くん、åˆļ服į€ãĻ。å­Ļæ ĄãĢ遅れるよâ™Ē」

 

æ„č­˜ã›ãšã¨ã‚‚

čĒžå°žãŒãƒãƒŧトマãƒŧクやéŸŗįŦĻをäģ˜ã‘ãĻしぞう。

 

すると、息子は

 

「こんãĒしんおいぎãĢ

 å­Ļæ Ąã‚„ã“ãƒŧã€čĄŒã‘ã‚‹ã‚ã‘ã­ã‹ã‚ã†īŧīŧīŧã€

 

えええãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧīŧīŧīŧīŧīŧ

うそでしょ。

 

 

「あんた、36℃よīŧ

 å­Ļæ ĄãĢčĄŒã‹ã‚“ã§ã„ã„ã‚ã‘ãĒいじゃろīŧīŧīŧã€

 

そこからは、昨æ—Ĩã‹ã‚‰ãŽæ°—æŒãĄã‚‚äš—ãŖかãŖた、

čĻĒ子バトãƒĢãŒåą•é–‹ã•ã‚ŒãŸã€‚

 

åšŗ行įˇšãŽä¸ģåŧĩは

įŦŦä¸‰č€…ãŽæ¨Šå¨ã§æ˛ģめるäē‹ãĢした。

 

į—…é™ĸãĢ行ãŖãĻ、おåŒģč€…ã•ãžãŒ

 

あãĒたは大丈å¤Ģです、å­Ļæ Ąã‚’äŧ‘ã‚€ãģおはおこもæ‚Ēくありぞせん。

 

ãã†č¨€ã‚ã‚ŒãŸãĒら、å­Ļæ ĄãĢčĄŒããĒさい、

ã¨č¨€ã†æ¯ãĢ、息子はしãļしãļãĒがらčģŠãĢ乗ãŖた。

 

į—…é™ĸではãŖきり “キミは元気” と

おåĸ¨äģ˜ãã‚’もらえればį´åž—するだろう。

もう不毛ãĒやり取りはごめんだ。

君ぎ母はバトãƒĢはč‹Ļ手分野ãĒぎだよ。

äģ˜ãåˆã„たぞえ。

 

旊めãĢæĨãĻよかãŖた。

äģŠæ—Ĩ一ぎæ‚Ŗč€…ãŽã‚ˆã†ã§ã€į§ãŸãĄã¯ã™ããĢå‘ŧばれた。

 


f:id:denimm1222:20170129114448j:image

 

初めãĻぎイãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļ検æŸģは

少しį—›ã‹ãŖたようだが

æŗŖいãĻč¨´ãˆã‚‹ãģおぎåšŧさは

åŊŧはもう掋しãĻいãĒい。

 

隔é›ĸã•ã‚ŒãŸéƒ¨åą‹ãĢ通され

į—›ã„?大丈å¤ĢīŧŸã¨čžãæ¯ãĢ

ãƒ†ã‚¤ãƒƒã‚ˇãƒĨでéŧģをæŠŧさえãĒがら

ã€Œãžã‚ã€ãĄã‚‡ãŖとだけãĒ」

とį­”える息子が、

少し可愛いãĒあと母は思う。

 

ãģおãĒくį§ã ã‘が、先į”ŸãŽå…ƒãĢå‘ŧばれた。

 

「īŧĄåž‹ã§ã™ã€‚į™ģæ Ąã¯æĨ週įĢ曜æ—Ĩからですね」

 

 

¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

おåŒģč€…ã•ãžãĢとãŖãĻ

æ—Ĩ常ぎありãĩã‚ŒãŸå°čŠžã§ã‚ã‚ã†č¨€č‘‰ã‚’

抑揚ぎãĒいåŖčĒŋでį§ã¯å‘Šã’られた。

 

 

ãĒんとも、äģŠåš´ãŽã‚¤ãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļはäŊŽäŊ“渊。

ずãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧãŖと。

息子はåŽļではīŧ‘åēĻも37℃台ãĢさえãĒãŖãĻãĒい。

 

éŖŸæŦ˛ã‚‚åĨĒいぞせん。

昨æ—ĨãĒんãĻã€æ¯å­ã¯å¤Šãˇã‚‰éŖŸãšãŸã„ãŖãĻ。

ごéŖ¯ã‚‚おäģŖわり折りčžŧãŋ済ãŋぎ

おんãļりé‰ĸでå‡ēしたけお

ドã‚ĸぎ前ãĢčŋ”されたé‰ĸはįŠēãŖãŊ。

息子はことぎãģか元気で、

å¤§ã„ã°ã‚Šã§éƒ¨åą‹ã§æŧĢį”ģčĒ­ã‚“でぞす。

 

イãƒŗフãƒĢエãƒŗã‚ļãŖãĻãĒんだãŖたãŖけãĒあīŧŸ

 

 

 

 

 

おしぞい。