よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

爆上げ高感度

褒められたら、

まっすぐ受け入れて受け取り上手になろう!

という声をよく耳にする。


ひとつの考え方だし

すんなりそれができる人は

それは、もう才能だと思う。


なにより

手渡した人、受け取った人

どちらも嬉しい。

世界が幸せに回っているのだ。


 

先日、ある友人に、

達成した出来事についてすごいねって言ったら

 

「いえいえ、それは◯◯さんのおかげですー」と、

 

彼女は赤らめた顔で全力否定していた。

 


f:id:denimm1222:20170420015100j:image

 

真っ直ぐ受け取ろうとするなら

“無邪気” というものが必要になる。

そこに、葛藤は存在しない。

 

彼女は、わたしの褒め言葉を

そっくりそのままには受け取らなかった。

けれど、ありがとうと言って

彼女ではない別の人に花を持たせた。

 

“謙虚“ とか “謙遜” というものは

今は言うことが憚られる様相があるほどに

以前より価値が低くなったかにいわれる。

けれど、わたしはそれらの言葉の株価は

もう少し上がってもいいと思う。

 

低く見積もられすぎだと感じるのは

その時、友人の高感度が

わたしの中ですさまじく爆上げしたからだ。

 

大きめなジェスチャー

いかに○○さんが素晴らしいかを必死に伝えてくる彼女を

心から可愛い人だなあと思っていたのだった。