お片付けアドバイザーよう子の家族と本とお笑いと。

お片付けは暮らしの第一歩。岡山のお片付けアドバイザーよう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

言霊の幸ふ国

日本語は何げない言葉にも

祈りにも似た思いを宿す素晴らしい言語だと

学生時代の先生が言われていました。

 

たとえば

 

「行ってらっしゃい」

わたし達は毎日、日常的にこう声を掛け合っています。

 

「行ってらっしゃい」は

“行く” と “いらっしゃい” の略で

“いらっしゃい” は 「来て」の尊敬語。

 

「行ってらっしゃい」には

行って、(無事に)わたしの元へ帰ってきてください

そんな思いが込められているのです。

 

言霊という言葉があります。

言霊とは、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力のこと。

 

言霊のコトバの響きだけだと

スピリチュアル色の強い話のようですが

先述のように、言霊はわたし達の暮らしに

深く根付いていることが分かります。

 

 

 

いったいいつの頃から

言霊という言葉はあったのでしょう。

 

その答えをわたしは先日知りました。

 

昨日、古典を読み始めたことを書きました。

 

denimm1222.hateblo.jp

 

 万葉集の中で、山上憶良

 

「そらみつ大和の国は言霊の幸ふ(さきわう)国と

 語り継ぎ言い継がひけり」万葉集894

 

と、詠んだのが最初だそうです。

 


f:id:denimm1222:20170919082459j:image

 

千年以上も前から、言葉の力が信じられていたのですね。

 

また、言霊の力とはいい言葉だけを言っているのではありません。

その反対もあります。

 

時に、さまざまな否定的な感情それら全てを

まるで呼吸でもするように

しねだバカだなどという言葉にして

表現する人がいます。

 

強く、刺激的なものに

わたし達の心もまた

とらわれ易くできているように思います。

 

使ったその時は言い放った感覚に

酔いしれることができても

その人自身の守るべき何かを

ゆっくりと、でも確実に

穢していく言葉だとわたしは思います。

 

 

“言葉の呪力によって、幸福がもたらされている国。

 日本の美称” として山上憶良は詠みました。

 

「言霊の幸ふ国」

この国に生まれ育った、

わたし達は万葉びとの子孫なのだという

ひそかな誇りを胸に

いつまでも覚えていたい言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古典に触れて

ブログの文章をうまく書けるようになりたくて

文章読本“ なるものを数冊読んでみた。

 

文章のプロたちが

書き方や大事に思っているところが

それぞれ微妙に違っていたり

また、何故そう思うのか

その理由のどれもが説得力を持っていた。

 

私にとっての答えは

実際に書いてみて自分に合うものを

試行錯誤しながら見つけていけばいいのだろう。

素直にそう思えた。

 

また、どの本にも共通した、

文章上達のために推奨しているものもあった。

 

そのひとつが

「古典を学ぶ」ということだった。

 

古典、古文。

学生時代、私はそれらの劣等生だった。

 

このブログで本が好きと

ブログタイトルにまで入れているくせに、マズい・・

わたしはただの一冊も古典文学を読破したことがない。

偏りある本好きなんですと言い張って乗り切れるだろうか。

 

まあ、過去はいい。(逃げよう)

 

文章のプロ達がこぞって推すには訳がある。

そう思ったわたしは

ただ今、万葉集を読んでいるところである。

 


f:id:denimm1222:20170918013010j:image

 

日本最古の歌集「万葉集

 

そこには、千年以上も前の万葉びとの

喜びや嫉妬、別れの哀しみ、ユーモアや裏切りがあり

現代を生きる私たちのすぐ側にある感情と

同じ温度の息遣いが感じられる。

 

長くなりそうなので、今日はこのあたりで。

明日は、こころに残った万葉集の一節をご紹介します。

 

 

 

あなたと会う

しばらく会ってなかった人を思いだし

ふと会いたくなる。

 

でも何故だか

こころに浮かんだそのままの言葉を

言えない時がある。

 

「近くを通るから…」

なんてそんな “理由“ は

後から付け足した言い訳の別名。

 


f:id:denimm1222:20170906231607j:image

 

会いたくなったから会いに来た。

 

そう伝えて会えたらいい。

 

 

 

 

 

深夜の大惨事

寝る前にお茶を飲もうと冷蔵庫を開け

側にあった横倒しのカルピスのペットボトルに触れると

ペットボトルの蓋が外れ

お砂糖たっぷりの1.5L入りのカルピスは

ドクドクと庫内をみるみる満ちていった。

 

寝る直前の大惨事。

 

ぜんぶ噴き上げ

ぜんぶ部品出しして洗う大仕事。

たっぷり一時間以上かかった。

 

最後に拭きあげて一息つくと

冷蔵庫内科の景色のいいこと!

さっきよりずいぶん気持ちいい。

 

誰がキャップをきちんと閉めずにいたんだと

明日、朝は犯人探しに精を出すつもりでいたのに。

わたしは今、意味もなく冷蔵庫を開け閉めしていた。

 


f:id:denimm1222:20170906233359j:image

 

多分だけど、若干ニヤニヤしていたはずだ。

第三者的にはちょっと、深夜の変態。

 

嫌悪という感情

どんな人と付き合うかと考えたとき

“価値観の合う人“ をあげる人は多いと思う。


でも、価値観って多様で、

切り口次第でいくらでもある。

 

わたしの周りで仲のいいご夫婦を見て思うのは

好きなツボの共有より

これだけは絶対嫌、とか、

こんな人は許せない、とか

嫌いで譲れないものを共感しあえる人は

良好な関係が続いているなあということ。

 


f:id:denimm1222:20170903193632j:image

 

好みが変わったり

好きな世界が広がっていくことは

後からいくらでもある。

 

一方、何かを嫌悪するって感情は

その人をその人たらしめる動かしがたいファクターだと思う。

 

 

 

以前、飲食店で若い店員さんを

大きな声で怒鳴る人に遭遇。

なるほど、怒鳴る人は

怒りたくて怒っているのだろう。

 

でも、分からないのは隣にいる女性。

自分のお連れが公衆の面前で

自分たちより年若い、立場の弱い店員さんに

まくし立てているのを

ソファに身を預けたまま

どうしてニヤニヤしていられるのか…

情緒どうなってんのだ。

 

諌めるつもりがないのなら

俯いていてほしかった。

 

 

今夜は涼しさが正義

わが家の近所には飲食店がある。

そこの酔っぱらいびと達が、今夜はやけに騒がしいなあと思ったら、なんのことはない、窓が全開だったのだ。今夜は涼しいエアコン要らずな夜。

このままこの涼しさが手に入るなら、酔っぱらいの雄叫びぐらい、いくらだって聞いてやる。

 


f:id:denimm1222:20170902101612j:image

お帰り、わたしの時間

行った。

わが家の男子たち、みんな行った。

夏休み、終わったー、たえたー。

 

ひとりになれる時間のなんという素晴らしさ。

静寂の中で飲むお茶の美味しいことといったら。

おつかれ、わたし。

 


f:id:denimm1222:20170901082142j:image
 

 

 

至福の時間のそのあとは

 

さあ、部屋を片付けて

あと数時間で帰ってくる彼らの昼食を用意しよっと。

 

本と繋がる

本は小説が好き。

 

f:id:denimm1222:20170830044950j:image

 

物語が好き。

行間から零れるメッセージと

わたしの中にある記憶が交差する瞬間。

それは、物語の紡ぎ手とわたしが繋がる時。

岡山で焼き肉行くならみやびがオススメ

男子ばかりのわが家。

月一ほどのペースで

焼き肉屋さんに行っています。

 

いろんな焼き肉店に行ってはみても

結局向かってしまうのは

早島町にあります焼き肉みやびさん。

もともと店主がお肉屋さんだというこちらのお店。

独身時代から通っています。

 

頼んでほしいのは素敵すぎる肉厚塩タン。

レモンダレが爽やかでいいですね。


f:id:denimm1222:20170830024931j:image

 

カルビやロースのとろけるお肉達を

甘めの濃厚ダレに浸したら

口に運ぶ前にいっかい寄り道。

白いご飯にワンバン派です。

 

ほどよく焼いたお肉をサンチュで巻いて食べれば

野菜も食べてるもーんと言い張れますね。

 

美味しいご飯やさんはお金さえ出せば

いくらでもあります。

でも、こちらのお店の特筆すべきはコスパの良さ。

このプライスにしてこのクオリティだからこそ

平日行っても待ち時間が出るほど

客足が絶えないんだろうなぁと思います。

 

そうそう、今日はご飯いっぱい食べるぞと思って

“ご飯大” とか頼んじゃうと

運ばれて来た時絶句しますよ。

そこには女性四人で行っても

それ一杯で賄えるほどの白米がこんもりしてます。

 

しっかし、長男はよく食べるようになった。

この夏は

諭吉さまに正に羽根が付いておられるよう。

 

以前TVで、あるお笑い芸人が

外食に行く時は

外食費を減らすために食べ放題以外は

自宅で家族とおにぎりを二個ほど食べてから行くと言っていました。


それを聞いて呑気に笑っていましたが

今、わが家の男子にその手はアリだなあと

母は考えているところです。

 

 

静かなよろこび

家事は得意な方がやればいいって言う人の声を最近よく聞くし、実際そうだと思うけど、パートナーが調子を崩した時に、食べたいってお願いされたご飯を速効作ってあげられることって、誇っていいことだと思ってる。こっそりと。


f:id:denimm1222:20170829144651j:plain