よう子の家族と本とお笑いと。

主婦よう子が暮らしのできごとや気持ちを綴るブログ

嗅覚を信じる

本をジャケ買いしても

中身も間違えてないって感じられるようになったのはつい最近。


自分の嗅覚を信じていいんだなって思える。

それはとても楽しいこと。

 


f:id:denimm1222:20181115093036j:image

 


糸井重里「思えば、孤独は美しい。」
エラ・フランシス・サンダース「翻訳できない世界のことば」
梶井基次郎檸檬

揺れる曼珠沙華

連休中に仕事のある夫のお役目を仰せつかり

嫁である私は子どもふたりを連れて

義実家のお墓まいりに行ってきた。

ひとりで行くのは気乗りはしないものだが

 

義母の眠る墓園は

彼女の穏やかな人柄を表すかのように

静謐で整備された変わらぬ美しさで

いつも私たちを出迎えてくれる。

 

墓園までの道すがら

風に揺れる彼岸花が視界に入ってくる。

別名に曼珠沙華という名を持つ真紅の花。

 


f:id:denimm1222:20180925222100j:image

 

 

川端康成が書いた短編小説がある。

 

“ここへ来る汽車の窓に、曼珠沙華が一ぱい咲いていたわ。

 あら曼珠沙華をご存じないの?あすこのあの花よ。

茎がかれてから、花茎が生えるのよ。

別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。

 花は毎年必ず咲きます。”

 

「掌の小説  化粧の天使たち 花」より

 

 

ずいぶん昔に読んだ たった五行が全ての小説。

 

余計な装飾のないぎゅっと濃縮された言の葉が

当時の私には まだ手の届かない未知な大人の世界に

触れたような気がして

それがこの本をより印象深いものにした。

 

この五行を“詩”ではなく

“小説” と位置づけているのもいい。

 

 

 

「あそこに見える赤いお花は彼岸花って言うんよ。

    曼珠沙華ってお名前がもう一つあるんよ。」

 


f:id:denimm1222:20180925222941j:image

 

先日、道端を真紅に染める花の名前を

初めて教えた。

 

私が生んだふたりの男の子は

飴を舐めながらふーんと気のない返事を返してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天才はあきらめた 読了

「天才はあきらめた」読了。


南海キャンディーズ山里さんのキャラで

ここまで晒けだした思いを世に放つのは、

勇気のいることだったんじゃないかなぁ。(←ちょっと、何様なの…)

 


f:id:denimm1222:20180731000138j:image


クズど真ん中な山里さんと、

努力の天才な山里さんの振り幅が大きすぎる(笑) 

でも、だからこそ、私はこの本に惹かれてしまうのだけど。 

 

若林さん(オードリー)の解説もいい。

この“戦友感”はたまんないです。

熱中症に脅える今こそ推したい真夏鍋

「命の危険がある。災害と認識している。」

 

かつて、聞いたことのない言葉で形容される“今年の夏”。

 


f:id:denimm1222:20180729122726j:image

 

そうでなくとも夏休みの3度の食事メニューは

地味に母親を悩ませます。

 

早朝から起きた途端に汗ばむわが身。

夫のお弁当を用意し

ふたりの子どもに朝食を摂らせ

 

あわただしく朝ごはんの片付けをする私に

悪ぶれないトーンの長男から発せられた

「今日、晩ごはんなに?」は

自分でも驚く秒の速さで

「さっさと部活に行けー」が出ました。

 

そんな熱帯夜に作ったお料理。

 

にんにく、生姜やハーブの薬味をレシピ倍量入れて

各種野菜と豚肉、チーズで、

ビタミンたっぷりトマト鍋を作ったら

 

連日の暑さにやられていたわが家のメンズたち

ふだん食べさせてもらってない子のように

見事な鬼食いを披露。

 

これは推せる。

熱中症対策の真夏鍋。 


f:id:denimm1222:20180729122753j:image

 

ひとりの母として願う

渦中の日大アメフト選手が顔出し、名出しで「もうアメフトやるつもりも資格もない」って言葉、辛すぎる。


産まれたばかりの赤ちゃんに、食事を与え、名門大学で選手になるまで元気に大きくしたのは、こんな日の為じゃない。


彼と彼の親御さんに対して、日大のトップから心からの謝罪を願う。

 


f:id:denimm1222:20180523201501j:image

好きな花の咲く頃に

野や街で見かける花の名前を

スラスラと言える人に

羨望の眼差しを向けてしまうほど

私は花を知らないのですが、

そんな私の好きなお花はスズランです。

 


f:id:denimm1222:20180513122741j:image

 

 

 

異称を「君影草」と名付けられている事を知ってから

この季節になると

一層、目に留めるようになりました。

なんて素敵ネーミングでしょう。

 

名付けた昔の人たちが

持ち合わせていた豊かな情緒に

思いを馳せてしまいます。

 

名前や花言葉の由来を調べてみるのも

それぞれに物語があって楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

「あなた」らしさを表すもの

あなたが言葉にして口にする事よりも

あなたが決して口にしない言葉が

「あなた」を表現する。


言葉にはしない「あなた」の声。

その声にわたしは惹きつけられる。

 

 
f:id:denimm1222:20180513123027j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プチ大人買い

立ち寄った古本屋さんで20%offしてたから

調子に乗って大人買い

 


f:id:denimm1222:20180505073215j:image

 

 

読みたかった本や

ウチノコにしたかった本たち。


今読んでる小川洋子さんを読み終えたら

キミたちの元に飛んでいく。 

 


f:id:denimm1222:20180505073235j:image

 

 

パクツイさん、サンキュー

海に向かって「バカヤローっ!」て叫んだだけで

海から意識高い人間がザバアーッって顔を出して

「バカなのは貴方ではないですか?」

とか言い始めるのが現代のインターネット

 

って誰かの呟き。

一部ではパクツイと呼ばれるものらしいが

初見だった私には、分かりすぎるぞと味わってしまった。

 

嫌な気持ちを沸き立たせるものに出会うと

ちっぽけな脳ミソの情報処理が追い付かない。

そんな時、

今の状況にすっぽり収まる言葉が放り込まれるだけで

なんだか、笑えてしまう。

 

パクツイの主さん、ありがとう。

少なくともあなたは今日の私を助けてくれました。

 

そう。 

その光景はまるで公開イジメを見せられているような、

呪いのような得体の知れないものが底流にあって

本当の呪いの正体を

言っている本人たちも気付いてないのか

気付いていても見ないようにしているのか

その不安定さが、

余計に抱える闇が深い事を

浮き上がらせているようだった。

 

結してわたしに向けられているわけではない言葉。

 

けれど、それらを見聞きしただけで

嫌な気持ちを夕方5時に引きずる私は

つくづくメンタルが豆腐だと思い知らされる。

 


f:id:denimm1222:20180501222613j:image

 

 

豆腐は脆いが

食べるとウマー。

 

片付けメリット 暫定第1位

片付けメリット 今日の第1位

 

普段が圧倒的おっちょこ&ズボラな母でも

印象操作1000%増しで 

“ちゃんとしたお母さん” として扱われる事。

 


f:id:denimm1222:20180424234504j:image

 

ふぅ、今年の家庭訪問も無事終了。

さぁ、これから1年、

ボロを出さずに乗り切れるか、がんばれわたしっ。